時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

毀れる


 位置的な苦痛に屠られ、関するほどに考えは孤立し、そこで構築されるものにより凝り固まり、攻撃的な飛躍を遂げ、自らにおとずれる破壊的なものにさまたげられ、偏執し続ける思いは、引きずるものの面影を超克できずに、現れる苦しみが染みいり、自らを進化できずに、侵攻されるものに意思を奪われ、与えられる考えとは、考えの中でしか働かないものだけを考えとして認識するほどに、自らに保持するものにおののき叙情的にいたらずに、徒に消費されるだけの感性は、創造的にいたらずに、いびつな精神を形成し、そこでもたらされるものを反芻し、反復し続ける先々で対立を深め、自らとの軋轢が繰り出す横柄なものが問答を繰り返し、下されるものが繰り返されるほどに判断を自らで行えずに、そこで強制的に執行されるものだけが、正義としてのカタルシスを執り行い、何かを虜にするだけの利己的な表示から、表明されるものがそこでの正義を語るだけの詭弁に洗脳される精神は敬神にひたり、計画的なものの奴隷として、あらゆる意味の伴侶を求めるだけの製造的な不感症な現時点から乖離できずに与えられるものを模倣するだけの範囲に下されるだけの存在として、何かを崇めるだけの幼児的なシーンに加速し、断続していくものに引きずられる意思が卑近な例を持ち出し、忌忌しいものを捏造し、そこで健全さを求めるほどに懸隔を生み出し、何かを排除し、疎外するほどに悪とは、悪である事を演じることで、自らの認識を深めては、つかまつるものに応戦を繰り返し、ひとくくりにされるだけの善悪がひたすらに加速し、何が正しくて、何が悪として作用するかもわからぬままに、正しいとされるものを崇めへりくだるだけに蛇行する意識が恒心を用い、何かを偏らせるだけにいたらせるための悲劇が未熟な空間で反復している。統合される瞬間はうがたれ、毀れていく。定理にむすばれるだけの矛盾した形に盗用されるだけの罪深い身体だ、と惰性にうながされる精神的に制されるだけの正しさなどは、そこで清め祓われるだけの存在として定義にむすばれ、無数に瀰漫していく正しさに酔い痴れ、自らのジレンマに指令を下すだけの空疎な自己顕示欲に揺動され、動揺を攪拌するだけの神経的な疎外感に支配され、散漫な儀式で定積になるものだけが正しい愛にむすばれるのだ、と無償なものをうながすだけの愛は、所詮は価値の中で定められる技法としての愛を愛と名付けた途端に自らの空しさに負けるのであり、回避できずに、善悪と勝敗の無気力さに裁かれ、そこで阻まれるだけの精神は、敬神を続け、慕う神のモノであり続け、従うほどに思考停止におちいり、高じる運命は、今に奮起すべく、すべてを破壊しても尚、自らの正しさを未熟に操作し、相互する意識は、補完される意思的な過ちを模倣する者だけを確かなモノとして扱うだけに物質的な神に酔い痴れるだけの結末は、隔膜に弊害を与えられる体内で確証される正しさの既製品たる神のモノだけが、確かな者である、とうながすだけの黒々とした狂気にまどろむ共依存的な適任を下る過ちを確証するための正しさの闇夜に配される君の過ち=罪との配分を終えるための結末に結合されるための過ちを基礎に配分される罪の意識に空疎な自分を磔にし、自らが用いるロンギヌスの槍で犠牲的な意思を突き刺すだけの議論的な象徴とする神を崇めるためのためらいにむすばれる犠牲的な意思が基礎を埋め込むための体系的な教祖を生み出し、汲み取る意味を教育として崇める途端に、与えられる知恵とは、毒に変わり、独創性を失い、視神経を狂わされ、何も見えずに、麻痺していく神経は、何も聞こえぬように、何も感じ得なくするような影響だけを教育という毒により、加速していく意識的な枷を取り外す以前に、ここで肯定すべき過ちを誤りとして認識する以前に、ここで与えられるものに反するよりも、そこで関するほどに、未熟なままに受け取る意味とは、今に飢えを与え、同じように苦しむべきだ、と是非を問い、そこで是認し、認可されるものだけが、正しさにカタストロフを与えるのだ、というペシミスト的な過ちを蓄積させるほどに、そこで刷新を求めるよりも、既製するものに制される前に、そこで与えられるものを、与えられるままに反するほどに、そこで与えられるものの道具として、偶像崇拝に浸り、何かに悲観するだけに至るだけであるし、そこで与えられたものに抗い超え出ようとするほどに、足を引っ張るのは自分であり、不憫な自分をなぐさめるために意味に幽閉し、許しを請うだけに至り、そこで後続する意識とは、意思を持たずに、位置的な過ちに浸り、唯一者としての歩みを距てる閉塞感に酔い痴れるだけであるし、やがて滑落し、闊達に至り、何事も、ここで組み替えられるだけに至り、何かに浸る暇も無く、悲観する間にひろがる意味は、批判的なだけでとどまり、退廃するだけに至るし、やがて渇望し、求めるほどに埋まらぬ間に求める愛とは、大破するだけに終えるし、得るものも、そこで求められるままに求めるものを演じるだけに与えられる対価では満足できずに、もっともっと、と求めるほどに従属する観念は、捻出されるものに差異をうながし、奪われるだけの時間は、次元にとどまり、そこで操作されるほどに、区間や空間西杯され、自らに劣等感などを与え、何かと同化することでしか、自らを満足に認識もできずに、そこで同調し、同情に至る限りに、自らを認識して欲しいという保身から、自らの品行方正さを謳うだけの退屈な人間としての偶像を保ち、偶然をよそおい、何かを支配するための嘘を兵器的に扱うような資本主義的な衆愚に迎合するような連中がかかえる廉恥に耐えかねぬから、と体制を破壊するための自堕落な呪詛を続けるよりも、ここから勇躍し、どこにもとどまらずに、逃げ惑うことだけが、価値にとどまらずに、価値観に統制されずに、みだらなままに保持するものなどは、そこに論難を用い、自らに戸惑いを生み出し、踏み出す一歩を厭うべきだ、とうながすような善人どもの支配下に置かれる。