時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

換算


 言葉の物陰に隠れて放棄されるものや、伝わる以前に張り巡らされる緻密な意味に配される意図から放たれ、旋律をたずさえ、悶える隙間に色彩もそこない、即席の自由に命じられ、見捨てられ、ノスタルジーに引きずられるだけの過程から諦観へと運ばれ、締結していく先々で対立を深め、継続する意味がカオスへと引きずられ、配備される間にいびつなものを用いながら、脱ぎ捨てる意味が先々で軽薄なものをかかげ、陰る本質から真実とはカタトニーにいたり、分裂し続ける存在は消費的な運命へと吐き捨てられるだけの淫靡な結末に朦朧としながら、獰猛な形式や、景色にとどまり、淘汰される思いが証拠も残さずに痕跡すらも捨て去り、すたれる間に結末は枯れ果て惰性なものにみちびかれ、貸し付けられる義務や、その場にあふれるギミックなどに敗残するだけの過去からの君とのまじわりに果てるだけの理論的な正常さを謳うだけの堕落した主体に感性すらも葬られ、そこで屠られるだけの今に苛烈なものにそぐうだけの意味に偶像崇拝を続け、つたない意識は、犠牲的な関係に求められるだけの快楽に解体され、さいなまれる意識は、偶然をよそおい、今を無神経にむしばみ、疲れへといざない、緩慢な痛みに分断される意識は、健全さを謳いながら、裁かれる隙間に衰亡し、陰惨な結末へと蛇行し、加工される思いは、改善されずに、今にずっとなびく結末は、欠乏症をかかえ、課せられる意味に消され、契約を取り損ない、そこで損なわれるだけの運命に堕落し、そこで耐え続けるほどに、課せられるものへとすり減らされていく意識から逸脱できずに、引接され、接続されるままに受け入れるだけの価値に課せられる義務に奪われる結末へと緩慢に奪われる意思は、姦悪な者どもが引きずる自らこそが至福へと至るために衝突すべきだ、と退廃的な呪詛を続け、自らの運命を呪うだけの受動的な者どもが潜む道筋でつまずくだけの意思的な標記に転ぶだけに至り、かかえるジレンマが徒に消費し続けるだけの今に不満すら持たずに欺瞞へと至るだけの道筋にあふれる憎悪が、今にも時代性の制約を求め、形容されるものの中で生まれ、自制心などを謳い、法に加工され、禍根へとみちびかれるための儀式へと運ばれる意識的な弱者として、混濁する先々で根幹すらも腐らされ、くたびれた意識は、たび重なる思いに加算される義務感のギミックに多様化を迫るだけの監視的な世界に適応するための樹立から、状況に締め付けられ、使命感に縫い付けられ、犠牲的な整容を求めるだけの世界に消費されるための生贄として、自らをくすませるための対立から体制にこびへつらい、対価を求めるだけの空疎な人間としてノスタルジアに行き着き、自らの事案の中でさまよいながら、揺動されるだけの隙間に思想すらもすたれ、用いられる言葉に卑屈になり、引きつる意識は、自らの空疎さを枷に、課せられた意味に連関する事柄を加速し、即されるままに理由付けられるものに引きずられ、貧寒な者として、崇める価値を求めるだけの用いられるものの奴隷として、物物しい実状に配されるだけの空虚な自己が孤立する先々で大敗するために引きずるだけのアイロニカルな労働を続けるだけの堕落した主体が主知主義を用い、修道院へと駆け込み、戒律を用い、懐疑的な日常に比率を求め、悲観するためのリズムや、そこで利息を支払うための義務をもたらしながら、用いられる言動に寄りかかり、要する形に均等さを求め、平等を謳うほどに、そこでのジレンマに至るだけの自堕落なファシストが生み出す権利を加工するための法を枷に変えるための法が硬化し、充実感などを謳いながら、影で嫌悪することの健全さを謳うだけの全体主義的な衆愚として、偶像崇拝を勧め、衰亡し続ける先に圧縮される面影に主体性すらも損なわれ、思考停止におちいり、応じる先々で改ざんされるだけの言葉に改正されるものなどは、何かが何かを正すことにより悪を擁立し、悪を捏造し、悪を利用するための悪を絶えず生産し続けることだけに生産性の重きを置くような枢要さだけが、正義を擁立し続け、新たな支配者を作り出すための生産性だけが加速し、そこかしこで闘争を生み出し、そこで生まれる利権から凄絶な時折に潜み、そこで報うための価値が確かなものとして崇められた途端に価値は、価値としての機能を失い、何かに背くための正しさが悪の力を借り、自らを正当化することに重点を置き、応じる答えが従順であることだけを願い、ねじ込まれる意味に惰性にみちびかれる意識的な貸し借りから、売買は自らを売り込むために捏造される正しさを正義として崇めるためだけの犠牲として、自らを供犠に捧げ、生じるものに運命論などを投げかけ、そこで異論などを唱えることもできずに、生じる物事に物物しいものを生み出し、示唆し、思案することもできずに、資産に変えるための物事だけが、確かなもののように扱われ、ぞんざいな意識が、存在などを謳いながら、朦朧としていく事柄に同一化するための動機を求め、同率を求めるための唱道などが、症状などを悪化させ、自らの苦しみに潜む悪意を引きずり出し、絶えず何かを恨むための言葉だけが、言葉としての機能を生み、そこで強化された意味だけが、言葉としての意味を果たすような世界を形成した言葉を恨むための言葉が重複し、複製されるだけの真実だけが、確かなもののように扱われる。