時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ハードボイルドな節々


 ポップさも死んで、背徳に汚れる夜に比率されるものなどがアドレス化し、ドレスアップされる意識はそれて、背くほどに増していく快感を受理しては、樹立するものなどは、所詮は退屈な規律から比率を生んで、傲慢なものを緩慢に作動させるだけに至らせるような意味を背負わされることが義務化した途端にギミックすらもひるがえすようなよろこびの雨に濡れ、アーメンなどと二度と語るか、とカタルシスに至る青年たちは、彼女たちが求める価値の奴隷として、或いは、偏執するほどに憎むゲージが溜まり、混沌とした意識がジレンマをかかえ、偽物の愛を生み出す現場で観念論などを説き伏せ、ねじ伏せられる間に生まれる背反から現れるアレルギーに苦しむ私は、エクソダスし、そこにとどまらずに、ただうながされるものに流される卑怯さや、卑近なものを示すだけの価値などは、そこでの価値を決め込むほどに、自らの矛盾に苦しむものであり、求められるものなどはレイシズムにおちいり、何かを悲観し、否定することだけが、自らのしあわせを近づけるのだ、と惰性なリズムは、妥当なイズムに変わり、自らの傷口をこじ開け、そこで誇示されるものに吸収され、連動する意識は、形式的なひずみにいっさいを破棄し、配備される愛などの奴隷として、義務化された言葉がののしる風景に一体化しては、一体感すらも無く、ただ関するほどにわずらわしいものをかかえ、そこで対処されるものに正体を拡散され、攪拌される半径から、波形を生み出す経過から、景観を統合させるための契合から、存在とは、悪化するだけであり、劣化するのでは無く、ただむしばまれるのであり、阻まれるほどに、何かを恨み虐げる間に支配されるだけの経過を警邏するほどに感情とはそこで構築される悲しみに支配され、浸食される苦しみに同化することでしか、自らの認識を確かめる方法すら無いのだ、と孤独な夜を抱き寄せる結末は、自らを抱擁することでしか、その孤独を癒やすこともできないのか、と卑しく女々しいものなどはすぐさま捨て去り、ヒステリーと共に出かける間に関する意味などに所在は明かさず、感覚を麻痺させるための徒労から、ニヒリズムを大量発生させるための生産性へと狂わせられる精神に規範のものなどを打ち出すほどに、法則的な苦しみに住まいを移し、自らを起動できずに、何かにボタンを押されるためだけにためらい続ける意思などは、自らの意志に反し、与えられる義務だけが、自らを正しいことへと導くという幻想から起きるべきであり、そこで教えられるものなどは、何かに値するために相対し、退廃的な史実を引きずる合間に欺瞞は生まれ、不満を加速させ、憤懣へと至り、何かを傷つけることでしか、自らを正しく認識できぬような誤認から抜け出すために、何かを憎むことを辞め、何かを憎まされている事実を認識することにより、自らの価値観が打ち出す正しさすらも、何かにうながされ生み出された澱みであり、汚穢であり、あいまいな毎日に指図されるためだけに用いられる機械的なものが反映させるものにも反し、そこで反する自分にすら反する間に関するもののほとんどは利己的な収容所へと運ばれ、いずれかは屠殺される運命なのだ、と諦観している間に寛容さを破棄し、保身のために絶えずうそぶく間に関する利用されるための精神などが生み出す関連性などは、散漫な形式に偏りを示すための答えに絶えずからまり、関わるほどに、介することへの恨みを生み出す仕組みから、真相を屠るために結末を用意する時間から逃れるために死をも調教し、あらゆる生死を征服する夜に獰猛な動悸が滔滔と麗しく夜に鎮座し、配する間に時間を用いるだけの概念をひるがえし、昼が夜を食い尽くす間に駆逐されるための構造を崇めるだけに暴かれる者どもの至福によぎる価値などは、そこで思議するほどに真相すらも損ない、フォーマットされるだけに至り、復元し、複製するために不機嫌なものを呼び起こし、固執する夜に道理は蓄積される苦悩に支配され、食い尽くされる精神は、つくづくに起動されるものなどは、似通ったものしか生まず、復讐と報復こそが、幸福の近道である、と説法する孤独に固執する闇夜のペシミストどもが比率を生み出し、善悪を利用し、正義を活用しては、独善的な支配から、信用を謳い、絶えず甘美な結末を用意し、要理を狂わせるために太らせ、いつかは貪られるままに俯瞰で受動的に食い荒らされる間を背反すべく、与えられる義務などは、そこでの法に荷担し、自らの正義を保つことだけが、自らの悪を退治し、対峙するものを打ち砕き、自らの絶対的な正義へと至るのだ、という独裁的な幻想をかき消すような主知をモチーフとするような答えすら夜の間では不健康であり、干渉し、監視するために強化される意思的な補足から、拘束されるための苦しみを活用し、そこで吐き出される結末をもよろこびに変化できぬようでは、何かを擁立しても尚、凄惨な破壊が待つのだ、とウサギたちが語り明かす月夜にひれ伏す意識は、何かとの対立を辞め、静寂に身を寄せ、夜に抱かれ、静かに眠りに沈む事実のがよっぽど真実じみたものである。