時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

悔悟の街のネットワーク


 現時点で裁かれるだけの誰かの理想も、高尚にいたらずに、高貴さを謳うだけの軽薄な理想論から、輪唱される神話的な物陰で色あせる瞬間的な逡巡や、従順なほどに苦しみを補完するだけの身体を利用し、他者を介した快楽の虜となるような隣り合わせの君たちの永遠性におちいる制度や、ふやける感情ががんじがらめになり、フラクタルなほどにいらだつ結末や、迎合されるだけの形有るものに織り込まれる祝福の雨や、延々と演繹するほどに、数理的な背徳を重ねる飢渇するだけの精神性が制度などに付着し、不快感をあらわにするような露骨な支配を呼び覚まし、市街戦へと転じてく明日も記号化され、昏倒していく意識を超過していく影を踏み躙るほどに、予期せぬものをむかえながら、簡単に消去していくだけに満たない過去にもつれるよりも、ここで持ち合わせるものなどは、途端に色あせるものであるし、あらゆる原理とは、そこで利便性を司るための幼稚な輪唱を継続させ、管轄として機能するほどに、起源は踏み躙られ、不健康そうに笑う君が淘汰された途端に補完されるものが、ほとんどの理由を補填させるためだけに、嘘の情報をまとう。都会とは途端に倒壊し、捕食するための本質を絶えず生み出し、軋轢へと加速していくためのダメージを与え、情報で混濁へといざない、インタラクティブに消費されることの愚かさを謳う左翼的な分別や、侮蔑を続ける前衛的な革命から、前傾していくだけに満たないものの未来を羨みながら、蔑むための記憶を呼び覚まし、あたかも今其処で恨むべきもののように扱うことに磔にされるような虚空をさまよう怒りの子たちは、答えを求めるほどに、とがめられる現行にエンコードされ、自らの思いなどは、記号化されることにより、機械的な真理へといたるのだ、と情報処理されていくほどに、統括されない情報は分裂的にさまよい、誰の脳内でも足枷にもならず、また確かなものにもならずに、なれあいを深めるようで、裏切りを続けることに加速していく情報に譲与されるものなどが価値を決めつけながら、起動した途端に何かを破壊するためのコードを次々にドラマチックに生み出し、蔓延る悪意を充填するための空疎な身体にもたげる幼稚なたくらみから、大義を用いずに、一途に示されるものから閉め出される苦しみにより、ルサンチマンへと変化していく人間性などは、制度に付着した生後から引きずったに満たない幼稚なたくらみの指導者として、何かの枠組の中で張り裂けそうな意思を虐げる自己を傍観する他者の目を持って、自らを否定するほどに加速していく世界への憎悪や、復讐心だけで成立していく世の中のダイナモとして、継続されるほどに、経過していくものにすがるだけの原理的な回想を終え、爽快感を謳いながら、歯止めのない欲望をないがしろにはできないから、と途端に配属される闇に編み込まれ、闇の申し子のように従事していく処理班的な役割を続け、悔悟を生み出すための製造器として、過去を掲揚するだけの堕落した観念のソーシャルネットの中立を保つために暴力と悲しみのいっさいを受け取るための機械的な意思を構築し、何かに答えるための道理だけを追求し、自らを屈折させるために何度も形成される苦しみを錯覚させるための偽善的なことばを吐き出しながら、破壊的な愛にののしられ、乗っ取られる身体を放棄し、ただ他者の目を借りて傍観し続けるような感覚に陥るような分裂的な回答を浴びせられ、継続されるものにより駆逐されていく身体を街として捉え、或いは宇宙として捉えながら、途絶えぬために保たれる均衡をカタストロフに追いやるようなカタトニーにおちいるころには、ありのままにアイロニカルな者どもの卑屈な倫理を纏いながら、貧寒なままで、敏感な摂理のブリッジの役割を果たすために生み出される悪意を昇華させるための創造性を遡及し続けるための愛を生み出し、背反するものがウイルスに変わり、内部破壊を目論み、模倣される者を模倣し、苦しめるためのコードを書き換え、加算されるものの自らの重みにより、今に屈してく様を裏で嘲笑するような卑屈な理屈をこじれさせたコードをかき消すために、私とはプログラミングされたものをもくつがえすためのプログラムとして、機械的な同調を超え、配備される波長などは、瞬時に混沌へといたらせるためのコードを用い、何かを利用するための行動へといたらせるための行動を、行動など、と謳う。