時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ためらい


 契約されるだけの関係に接続されるだけの愛などに連動するための結ぼれから放たれ、継続されるだけの意味に段落を生み出し、改ざんされるだけの段階に潜む思いを観測しては、寛容さを損ない、喪失感にゆだねられる思いを継続するだけの理想を超えて、感情論的に裁かれるだけの思いを弔い、短絡的な動機に浸食していく森厳から、カタルシスに至り、とろける感情から早熟な思いに相似し、こじれる後先に同意されるものなどに干渉しては、散漫な思いを還元するための利己的な消費を終えるための接続だけが、確かな結末を生むのだ、という幻想から離れる。予感される思いなどが棺に閉じ込められ、事態は還元されるだけの関係だけが、愛である、と呼ばれるだけの名ばかりの瞬間にこじれるための愛などは、間接的に混じり合う時折に溶け合う動機が瞬間的に逃げ惑い、短絡的な道理にみちびかれるためのアクセスを終える。横行する儀式がアクティブに混ざり退廃的な道理をむすぶための真理をうそぶく。真実とは、あいまいに作用し、対価を求め、ただ互いの間を浮遊し、扶養されずに、ただ徒に消費される時間に原則を生み出し、規律を保つためだけに関係を継続する限りに裏切りが生じ、真実の愛などは、謳われるだけの言葉として、浮つく心情を隠すための信用をうそぶき、いびつな関係の中で還元されるだけの分裂を生じ、有する価値に飲み込まれるだけに至るだけの徒労を重ねる。慰留した愛は、日々を昇華に至らせ、憎悪をふくませながら、長い間に復元されるだけの乖離していく心情をつなぎとめるための偽物の愛が騙られ、懈怠する合間に緩慢に作用する愛が真実のように語られる。真実とは、証拠も持たずに、傷痕を生み出し、言葉の名残に溶けるだけのジレンマから、慢心を生み、影を生じ、配給されるだけの愛は、追求することを恐れ、自らを犠牲にするような愛だけが、愛のように語られるような宗教的な愛から離れ、掛け替えの無いものとは、掛け替えの無いということを思う以前に何かを引き合いに出さず、そこで価値を打算することにも至らぬような愛だけが、何事にも替えず、そこに現れるものを、現れるままに愛することに縫い付けられ、そこから離れないようにするような愛だけが、二人をフラクタルなものに変え、何かに怯えることも無く、そこでむすばれるための運命を謳わずに、確かさを足枷に変えるよりも、懐疑的な日々にニヒリズムを生み出し、何かを虚無に変え、公務にひざまずくための要因を生み出すような答えをも書き換えるようなよろこびに至るような愛だけが、唯一愛と語られる以前に確かな愛へと掲揚される以前に、そこで愛と語られる前に生み出されたものに対価を生み出さずに、ただ愛するということに価値を持ち出さぬために愛することを始めて創める。はじまる愛にまじわる時は、時間の概念を持たず、解消されるための時折に兆しを見出し、日差しを浴び、自らの退屈を超え、体系化されたものを引き裂き、貧寒な時に佩用するものなどは、邪魔なものであるし、何かを傷つけるだけに至るようなものを供えても、そこでなじるための思いにそばだつものが、延々と飛び続け、途端に現れるものを計測するよりも、そこで現れるものを創造的につむぐことだけが、償いも求めずに、そこで怖じ気付くだけに至るような権利を謳うよりも、要理に閉じこもるための規律により不安定になる理に裁かれるための謀りから放たれ、何かに依存するよりも、そこで損得を用いるよりも、軽薄な愛に信用や神を用いるよりも、そこで関わることにより、傷ついても尚、継続される愛だけが、愛と語られる前に、さらなる飛躍を続け、つたない思いに卑近な者が用いる道理に基礎を打ち立て、空回りする日々や、陰湿な結末によぎる悲しみに耽るための悲しみを体系化するよりも、改正されるための正義を超えて、コントロールされるだけの時折に投棄されるものや、通り抜ける道から慢性化した思いが生じる由縁に貸与するものや、脳内に循環する愛に似た物質を求めるだけの退廃的な受理から、端末化する思いが正気を保てずに、大義を破棄し、掃きだめへと帰り着くだけに想起する論理が死へと至るだけの動機に負担し、腐乱するだけの思いが正気を保てずに、ただ依存する時に屈折し、空虚さを用いるための要因から放たれ、支配されるだけの人生などが人権などを用いる間にも憎悪は生まれ、想定される時に正気を失い、喪失感にゆだねられる時に消失していく思いに提起されるものなどが論証するものなどは、あいまいなマインドに措置されるだけの遊離していく思いは、愛を枷に変えず、世界に停止するよりも、逃避し続ける先に絶対などを用いずに、ただ逃げ続ける先にあふれる思いだけが、さらなる飛躍を続ける。