時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

枢要な鼓動

 
 静謐な孤独にまじわる名前もかじかむような冬の森の夜にかかげられる正義すら敗退し、そこで引きずられる価値に押しかけるための正しさなどがもたらす日々などは、退屈なもので、短絡的なものをかかげ、何かに怯え、応じるほどに偏執していき、指定されるものに貧寒さを抱え込まされ、価値として崇められるものに背いたら最後、そこから這い上がることすらできないのだ、と言い伏せられる間に結末は、三億年もの間、孤独に耐え、絶えず襲いかかる疲労感や、徒労感をかき消すような、画期的な浄化へと至らせるような愛を引き出す彼女たちを、真っ赤に染め上げるような儀式の最中、まだらにシンクロする貧相な身体や、火傷した肌に転換していく閃きと和解、介する間に現れる宿命論との対立を続ける気だるい深夜に綴られる約束をも引き裂き、兆しを求め、軌跡をもたらすための道理を引っこ抜き、自らの価値に近付く意味にすら反し、ここで関するものなどは感覚すらも失わせ、監視されるだけに至り、何かに見られている、という思いや、見限られたら最後だ、と至らぬ思いを観測するための正しさなどが押しつける思いやりなどがせき止める意味から、言い渡されるものが敷衍し、増え続ける痛みに耐えるための日々です、といびつな精神が制約を求め、自然崇拝に至り、崇敬なものすら撃破できずに、自然に何かを求め、持ち寄るものに吸い取られる日々から脱兎するのだ、とうながすほどに、自然の驚異に飲まれ、自らを愚鈍なものに利用させるための機械としての生き方を辞めるのだ、とうながすほどに露骨な支配から、計測されるための日々に疲憊し、否定し続けることだけが、自らを受け入れる生き方なのだ、という否定的な神話から逃れ、飛躍を遂げるためだけに、この命とは何にも同化せずに、同情すらも求めずに、同質のものなども無いからこそ、何かと比べることに意味など成さないのであり、成し遂げた後にひろがる意味に否定し続けるための愚鈍な答えを用意し、旋回する意識は、緩慢な作用をもたらし、何かを邪推するほどに衰亡し続ける意思とは、つたないものをかかえるほどに果敢さを失い、喪失感にゆだねる依存心から、浸食していく意味にフラクタルであり続けるほどに負担するものの重さに耐えかねずに、対価を求め、体系化するものや、そこで軽快さを失い、経過し続けるための意味を追いかけ、意思に追従するものや、そこで服従するものだけを求め、用いられるものに寄りかかり、自らを閉鎖的な者に変化させるような孤独では、孤独にすら至らずに、自らを閉じ込めることに孤独さとは孤独を諭すために、自らを孤立させることにより、現れる孤独では、何かを変化させるには至らず、自らを同じ位置に供えるための生贄として、或いは、自らを崇め、神と仕立て上げる間に緩慢に奉る意味に司る理由が理不尽に迫り、生命を奪うほどに価値にくじけ、空洞化していく意思は、何かと同一化するために一貫したものを付属品に変え、いびつな敬神へと至らせるか、自らを軽視し、何かの化身として同化することだけが、自らの未熟さを正当化し、確かさを足枷に変えるための種をまき、毎日に接続される貸与されるためのためらいや、価値を損なわせるための闘争から、等差を生み出すほどに戦争は加速し、何かに加勢するほどに、自らの快楽とは、他者に利用され、独善的なものとして、用いられるものを履き違え、排斥される理由に均等さを求め、強調されるものに抑圧され、制限を生み出され、奪い合う先々で対立は深まり、軋轢は各地で加速し、換算されるだけの神経は、真相を損なわせるための嘘を続け、つたない形式をなぞり、かじられた後に嵌め込まれる世界で孤立するための世界を生み出し、自らを過去の中に閉じ込め、倒錯する間にも、センチメンタルな意思は、苦悩をおび、応答しない世界で正義を謳い、自らを確かなものに仕立て上げることだけが、正義だ、と語るような世界などに正義などは存在しない。スキゾフレニアの故郷のような呼吸を続ける狐が雪を踏みつけ軋む音で目覚める寂寞から、放たれる荒野の理論が枷になるのだ、とニュアンスを破壊するために私とは、私であることに病むのだ、と彼女たちの慟哭が道徳すらも破壊し、解除不能になる精神は、形式的なものに慈しみを感じずに、ニヒリズムにおちいり、弾ける精神は、最深部をも破壊し、コミュニケーションすらも破綻に追いやり、改善されない今にさかのぼるだけの精神は、歓喜に至り、自らを壊しても尚、何かを破壊するだけの快楽に入り浸るかのように過信を続ける精神は、逸脱を続け、自らを破壊する音で目覚める朝にふやけるような旋律に塗れ、継続される音と音の間に深まる静寂との密度から離れ合う意識が、儀式的なものを外に追いやり、自らに帰り着くまで鳴り響く轟音に煌煌とした星空が語るリスクや理想などに相似していくほどに思いとは、そこで構築されるもののツールとしてしか存在することを許さぬ、とうながすような絶対的な父すらも打ち砕くような鉄槌が降り注ぐ。