時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

独善的な街


 繰り返される言葉を反証し続けるだけの退屈なデモンストレーションから、復讐を用い、論理的な影を生み出す惜別の硬質さをかかえこんだ老婆たちがさまよう原始的な夜に飛来する面影や、開示されるものがうながす現時点で裁かれるためにたきつけられる精神が燃え尽き、言葉も面影を背負うためだけに過去の中で儀式的に磔にされ、チクチクと思い出の槍で刺される快感に耽るための行為に断続していくハートフルなものや、悶悶としていく意識は、支配されるための意味を種子が新たな個体を生み、抗体などを生み出し、駆逐される前に蓄積していく苦悩と対峙すべきだ、と一部始終を司る神は、蓄積されるための痛みと同化し、自らを解消するためのリズムから、理性を持たずに、ただ性的な支配へとおちいるほどに魯鈍なものに変化し、懸隔を生み出すための絶え間ない時折にひずむ思想的な混濁から、痕跡すらも残さずにさまよう獰猛な輩が支配するためのリスクをもたらされ、用いられることに継続していく罪の意識から、与えられる義務などに拘束されるほどに、公平さを失い、整合される時折に沈む昨夜も殺伐とした観念を超克できずに、ここでこしらえられる義務に覆われ、自らを消失するための存在を定義するような他者から用いられた証などを利用し、自らの存在を確かなものに変えるほどに増幅する空しさとの対峙を終え、対比されるほどに、そこでの行いが価値に変えられ、そこで生み出される姑息で卑賤な生産からカタルシスに至らずに蓄積される文明的な苦痛から、通過するための過去に加点されるための正義が正否をうながし、そこでの支配を継続するためのカオスを生み出し、スキームを破壊できずに、もたらされる時間に介する間に理解は損なわれ、そこかしこでそそっかしく動き回り、捏造されるための過去を深夜に媒介させ、介する間に脱せぬ思いは、離脱症状に苦しみ、末期的な依存心は、瞬く間に人間であることを押しつけ、正常であることを認識させるために何かから逸脱することを制することの異常さに気付かずに、築かれる意味とは、そこに継続されたものだけを神として崇め奉り、互いをとがめるための法を建設し、模倣する者として妄想的な敵意を伴侶に、そこで婚姻関係を結んだ途端に支配する側とされる側というスキームから、貪る者と、貪られるための物として存在することが、そこで定立するものをたしなみ、そこでの確かさを継続することだけに征服されるためのよろこびを捏造し、増幅する憎悪を制する思い違いが、横暴な支配から、飼育されるための従順さを与えるための暴力的な支配から、リリシズムを侵攻し、観点を疎外させ、創造性を奪うための策略から、境目を用い、過去に流用されるものや、流動性を損ない、今に徒労し、緩やかにうごめくことを知らずに、どこかに向かうという意識とは、退屈さを生み出し、諦念を生み出し、今に定める意味のファシストとして、一貫性を用いるほどに、一過性のものに支配されるための理想を真実として捉え、用いられる理想に支配され、自らの確かさを足枷に変え、世界を狭めるためだけにスキームを生み出し、奪い合う聖地から、儀式的な反映から、栄華を求めるほどに、モデルケースとして、同じものを模倣し、朦朧としていく意識は、何かに依存することが、愛への近道だ、と語る間に懈怠する意識は凡庸なものを崇拝し、信用を用いながら、何かを奪うために近付き、気付いたころには、自らを奪われ、構造的なものが用いる答えのマーチに覆われ、身動きすらとれなくなる。猥雑な時折にひしめく意味が座標を求め、介在する間に改ざんされるものや、支給されるものが押し広げる意味に応じるための権利を利用し、領土を奪う合うための制限から、原生なものが急激に変化し、変遷するものへとありのままの姿を奪われ、ただ何かと同化することだけが、自らを保ち守ることなのだ、と急進的な保守的な理想に帰巣するためのリベラリズムが理想を謳うころには、同一化するための保身から、高尚さを損ない、喪失感にゆだねるべき依存心を加工し、何かを保つためだけにもたらされる意味を仮想し、等差を生み出し、はみだすことを許さない、と決意を決め込む間に混濁していく意識は、いつか、何かを裁くためにおちいる思想の中で理想を失い、自らを呪いながら、他者を攻撃するよろこびに耽り、怠慢な信念は、何かを信心するよろこびに耽るための信仰心を継続し、迎合されるものにうながされるままに攻撃を続ける高揚感に耽り、自らを保つ均衡を破壊しないために、何かを破壊するよろこびが保つ安心感や、安定を敬服し、複製されるだけの普遍性の不潔さに飢餓していく心情は、快活さを失い、似たような日々を何度も喰わされ、自らの退屈さを解決できずに、そのままであることがしあわせであるかのように語られるコマーシャリズムの中で沈む理想などは、理性を損ない、そこでうながされるままに同じものを喰うことだけが、確かなもののように感じることで麻痺していく心情は真意を失い、ただ愚鈍に貪ることだけが、正しさを謳うのだ、という過ちから放たれるべく、蔓延る悪意に鎮座するだけの正義を刈り取る。