時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

陳腐な街


 彼女たちは、何故泣くのか?という疑問にすら答えを持っておらず、時折にひずむ衝動が、均等さを求めるばかりで、どこにもリベラリズムなど存在しないから、損得を謳うだけの義務や、空疎な理由をふくんだ善悪などは、すぐさま破棄すべきであるし、やがて誰もが勝ち負けを捨て、敗残されるだけに至るか、配膳されるだけの不自由さをかかえ、ここまで生きてきたという長い過ちをあまりにも非道に過ぎ去る幼稚なリズムに消費されただけに満たない心情などを投下しながら、しなびて終われる言葉の数々が魯鈍さをかかえ、愚鈍な者ほど、道具として扱われ、道具として扱われることにすら気付かずに過ぎ去ることのが、しあわせでは無いか、とかと疑問の節々に迫る黒々としたものがアンチテーゼに変わり、適齢期などを語り、ごまかすだけの日々です、と蓄積されていく苦悩にすら置いて行かれ、去りゆく心情は、空虚さを押さえ込み、マインドを操作されている限りに陰る思いは、真実をひた隠しにし、憎むよりも鋭く、横柄なままに従うことこそ、この命と同化するものが足枷に変わり、世界を狭めるだけに至らせるような答えを信条としてかかえるほどに、歓喜に浸り、管理されることに至り、いばりちらすだけに至るような権力へと統合され、轟々とうなる思いはいなされ、誰にも知らされずに、ただ一人消え去る者です、とペシミズムが用いるねたみなどを加速させ、世界を課せる疑問などは、愚問であるのだ、と偶像崇拝を続ける彼らは、何かを追いかけることだけに必死で、何を追っているかすら見失うくせに文句が多く、ふしだらで、不謹慎な者を処理するために誰かを裁きに変え、つるし上げ、磔にし、失神しても尚、殴打を続けるような言葉の暴力でもってもたらす正義こそがカタルシスへと至らせ、満たない自分を輝かせるのです!!とうるせえから、起動するものなどは、叫んでいるものに乗っかっていれば安心なのです、と畜生が語る幸福論に芋づる式にしょっ引かれる彼や彼女たちを拷問にかけるためのエロスを用い、快楽へといざなうために捕縄を続ける法から逃れるために絶えず反証を挙げる者として、遠のく疑問をノックし、気丈な台詞をうながしながら、天国へとのぼるような気持ちへと運ぶような恋へと至らせるような箱庭でまだまだ卑俗なものが断続し、裂傷をかかえた君たちの奴隷として、権利を主張するだけの愚行な者として、行為に比するほどに、何かに貧するだけに至るし、何かを否定するほどに、すべてを肯定へと至らせるわけでもないし、何かを受け入れたところで、安請け合いをして損するだとか、総じて軟弱な者が騙ることでふさぎ込むよりも、ウサギのようにぴょんぴょんと跳び続けるという反復運動のが素敵であるし、ドメスティックな一貫性に汚されたドレスを着込んで、戒律を保つためにただ貧相な価値を崇めるだけの信仰などが流行しているから、誰もが神を呪うのであるし、やがて滑落する精神は、誠意などを求め、清貧さなどを謳いながら、ファシズムへと移行し、ジレンマをかかえ、簡単に処理されるための明日を捏造し、ただ続くことを、続くように演じるために処理される機械的な日々を快活に生きるのです、と軽やかに歌い上げるような禅を謳いながら、頼り無くうろつくあいまいな日々にマインド的なものをちらつかせ、でまかせばかりを並べ、デマで動く人々を傍観しながら、しなびた意味の奴隷として、活用されるための意味を吸い取るだけの吸血的な人間としてシステムの横隔膜を引っ掻き、吐き出させるために配下に下らず、空間などをかかげ、何かを嵌め込むための意味にためらうよりも、そこで自由を用い、何かを自己啓発に至らせるような偽物の鍵を用いる神に率いられるよりも、あらゆる原理に反し、関する数理に利用されるだけの人間という名称を課された途端にすべては利用されるための不自由さをかかえるのだ、と叫んでいるのにもかかわらず、意思の奴隷として、何かの利用者として、偶然を粧い、何かを奪うために近付く危険ばかりだし、出し抜けることばかりで、言葉ばかりがアクセスを続け、悪などを捏造し、自らを正当化するための正義を用いるだけの正義などが権力を持った途端にいちばんの悪魔に変わるのを僕は見たんだ、と彼が語った途端に、彼は消されたんだ、と嘆く彼の母親は、最後の父として権力を振りかざす悪魔との闘争を終えるべく、天に唾を吐き、地に帰っていったし、やがて戦う意味すら忘れ、何かを破壊することでもたらされる昇華だけを求め、手っ取り早く解決する方法とは、革命を謳い、何かを快楽的に破壊することで末期的な症状を和らげるのだ、と多目的なルーツを持ち、互い違いになるルールを持ち寄り、自らが正しいことを示すための戦争がずっと続いているの、だ。