時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

偏執の強度


 言葉も持たずにふるえている孤独な子供達の憂鬱に返事を出し続ける複製されるための真実へと帰巣するだけの黒々としたジレンマを遅延させるようなコードを破棄し、観点を疎外させるための延命処置を続けられたことごとくを旋回するための永遠性を攪拌する睡魔の奴隷として、あがなうための心理にもとづく公平性をとがめるための理想を供給する者どもの貧寒さが用いる禍根や、硬化していく心情は凍結し、簡潔的な日々に高揚していくことを忘れ、交換されるための心情などは、何ら正しさも運ばずに否、正しさを運ぶための生産性に基づき、とめどないエゴを吐き出すのだ、と文明的な交換から応益を求めるほどに公平性などは即座に損なわれ、恋が用いる平静すらも損ない、ここで激しく続く限りに孤独で、孤立しても尚、君に備わる孤独こそが、君の味方であるし、或いは、君を射止めるためにとめどない追求から、追憶に貧するだけの面影で処理されるための残像を飼い慣らし、妄想へと浸るよりも、獰猛に現実に噛みつくような鋭さだけが、自らの横柄さをこしらえるよりも、居心地の悪いままに進むことだけが、構築されるものに反し、起源を牛耳るよりも以前に利用されるだけの効率的なよどみを掬うための手のひらから、抵抗し続ける先に開かれる道だけが、確かな直線であり、あらゆる権化とは、尊厳などを用い、君を責めるだろうし、そこで形而上的に捉えるよりも、あつらえられた正しさにあやかり、ただ示唆するままに支配される身体が用いる論理などは、硬質さを損ない、喪失感にゆがみ、誘導されるがままに緩慢にこしらえられる言葉が邪推する真実に用いられるモラルが云々と、捕らえられるだけの意味に退嬰的になり、担う意味も似合わないから、とぬぎすて、裸のままに走り去る衝動から、同化せずに、自らの英知だけが、鋭利なものであり、物事や物語を引き裂き、自らを嵌め込むための枠を破壊し、果敢に移動することだけが、どこかに位置的に囚われずに、淘汰される前に問い質すことから、透過するのであるし、あらゆる原理とは貧寒な者が用いた正しさであるし、限界を持ち寄り、そこまでだ、とうながすような諦観から、定説を踏みにじり、卑近な者に奪われるための現実に垂涎するだけの理想論から、理念を排出するほどに回収される付箋から、譜面を捨て、自由に奏でる音に乗り、にじむ瞬間に事実とは、主観を損ない、喪失感を謳うだけの不安などを破棄し、介在する理由すら今に流動し、そこで機械的な気配に奪われる位置的な悩みから、緩慢な作用を謳うだけの理性などは、理智に至らず散り散りになるし、やがて食らいつく先々で闇を製造し、想定される苦しみへと吸い込まれていくのです、と罪はカタルシスをうながし、私に祈るべきだ、とうながすような傲慢さを用い、均等性を謳うほどに正解などは期日を謳い、時間内を謳い、何かを偽装し、想念すらも捨て、寂れる心情は、自らの孤独に耐えかねずに誰彼かまわずつきまとい否定し、羨み嫉妬し、自らをなぐさめるための批判などに溺れるだけのペシミズムやニヒリズムに汚されるけが人どもを巣くう理想などは、正義を用い、何かを汚すための理想であるし、やがて排斥されるための正義を利用し、理性を保てずに、ただ悪を利用し、自らを正当化するための正義などは、犠牲を生み出すだけのもっともな悪意をかかえ、正否を謳い、犠牲を支払うために誰かを生贄にし、いにしえから続く封建的な陰口が宿す影に備わる善悪などのいっさいは解消されず、神を率いても尚、そこで駆逐されるだけに至るのが、この貧弱な生であるし、何かを生かすために何かを殺めることでしか何かを生かすこともできないのに、相も変わらず無駄に殺め、無駄に生産するのですね、と善悪などに定説などは存在せず、そこで正義とされるものは、どこかの誰かからすれば悪であり、そこで測るものなどはひとりひとり違う測りで測るから、終わらぬ戦争へと利用されるための機械的な犠牲から、機関的な悪意から、回収されるだけの悪意を延々と吐き出す黒々とした毒素から、同盟を結び、誰かと統合されるほどに悪意とは加速させ、徒党を組むほどに罪の意識とは分散され、ひとりひとりの責任は軽くなるほどに暴力性は加速し、制限を持たずに駆逐しても尚、攻撃を続けるほどに虐め尽くしても尚、その怒りとは収まることを知らず、ただ快楽的に処理されるための自慰的な破壊行動から、配下に下しても尚、虐め尽くすことにおぼえた快楽とは、溺れるほどに意思を麻痺させ、悪意を肥満化させ、課せられた罪よりも、もっともな罪を課せ、世界を動かしているのは自分だ的な独裁主義的な収穫祭を祝うような快楽的な暴力が世界を席巻しているのだ!!と性悪説を唱えるほどに、自らの正しさとは惨めさを加速させ、そこに課せられる苦しみばかりが世界を覆い尽くし、つくづくに奇異を生み出し、奪い合うだけの意思は、今に欠如を持ちだし、打算されるだけの物へと加工され、道具として使われ、自らを偶像に変える。