時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

離れた後


 自らがあまりにも退屈な者だから、何かに卑屈になり、何かを否定し、悦に浸るような空間に互換される正しさなどは、何の正しさも語らずに、ただ正しくあるようなことを、正しいもののように語る間から背反し、自らの正しさに行き着くべく、生き続けるという愚かさと対峙する間に怠慢な行列に凝固せずに、観点に疎外されずに、自ら打ち出し、位置づけられる前に築くものだけが、正しさを足枷にせずに、世界性にごまかされずに、自らの意味を見出すべく、存在とは、損なわれる限りに行いに追われずに、自らが描くものだけが、正しさを謳わずに自らに行き着き、生き続けるものが補完する間に負担するものすらもなく、俯瞰に迫る空間的な敵意や、誤解などを課せる前の罪などがなだれのように迫るだけの誠実さなどが語るような傀儡化した正しさなどは、自らの正当性を謳うための正しさであるし、誰もが対立を続け、対比されるほどに悲観する間に介する事柄から離れ、蔓延る悪意や、排斥される意思から放たれ、阻まれるだけの間にむすばれる無数の私利私欲に臆するだけの行為にもとづく正しさなどがレジスタンスに変わり、快楽的な破壊の音を構築させ、行為にもとづくエゴこそすべて、と途端に配備される愛に気付くこととは、愚かなものだね、と復元されるだけのものにひずむリズミカルな衝動を加速させるだけのレイシズム冷笑主義の悲観的なアナグラムに攻め入られる愚かさに気付かぬことこそ、愚かなものだね、と救出されるための詐欺や、最たる意味を持ち上げるだけの詐病的なプロセスを歩くプロレタリアの犬や、プロパガンダに支配されるだけの詐術から、この世界に介在するほどに空しさを仰ぐだけのニヒリズムの駄犬や、政治的なアニミズムをかかげ、枢要なものとは、神を介し、貨幣や紙幣を生むだの、と幻想的な腫瘍を生み出すだけのがん細胞どものドミノ倒しを眺め、観点とは、解決される前に改善されるための正義を発信することに応じるだけの正しさがやかましくつきまとう。短絡的な同化を終えた汚穢から、解除されない、と嘆く君の悲しみを帰路や、そこで切り取るべく永遠などは、永遠に補完されるだけで、何かを保存するほどに、補正される過去などは、自らを立証できずに、ただ認識することの愚かさだけを過去の中で何度も再生させるための過去などは、過去として捉えるだけ無駄であるし、やがて渇望する意識は、過去の中にしか、正しさを認識できないような空しさにすら気付かずに、老いるための檻に自ら入った者がうながす正当性に孤立し、自らの孤独に耐えかねないから、何かを攻撃するような背反から離れるべく、ベクトルとは、絶えず憎悪を創造するが、憎悪を創造すればするほどに、構造の中で行き過ぎたものを創造し、存在自体を破滅に追いやるための過激さだけを手に入れ、自らが正しくあるための暴力とは、自衛のものとして認識されるような権力から放たれ、私は、私の力すら排除した後に現れる正しさに空疎な自分を突き刺すための正義にねじ伏せられる前に、節々に迫る正しさを突きつけるための言葉などに倣う必要性もなければ、そこで正しいと示唆するものなどは、論難だけを持ちこみ、正しくあろうとすればするほどに、正しさからは擦れ違い続けるようなプロセスに阻まれ、そこかしこにパラドックスを生み出す宇宙の真理とやらに反し、関する間に敵わぬものはなく、叶わぬものなどない、と断言する私は、私であるためにためらう必要すらなく、ただ話したくなければ話さないし、離したくないなら、離すものか、と興じることを強欲とは思わずに、強靱なものとは、強靱であることを認識する愚かさに気付き、与えられた価値を乗り越える者であるべきだし、ましてや、敵を増やすばかりで、満足しているような空疎な輩が用いる価値などは、価値にすら至らずにあたかも価値があるかのように示すような者から閉め出された者が示す差異や、介する間に散漫な儀式の犠牲を生み出すために演じるような退廃的な対価を用い、開花できずに散るような意識が犠牲心を生み出し、緩慢に作用するものから、物事とは、途端に崩壊し、そこで保たれるものなどないのだよ、とペシミズムもニヒリズムも乗り越えた後に現れる純粋な真理に行き着いても尚、何かを想定するだけでとどまるような保身から逃れられずに、改善されるために怠惰になるだけの空疎な空間に補完されるための正しさが行列をなし、強制的に矯正され、補完されるために正しさを認識すべきだ、と迫るような間に有する過去を許せないから、と憎悪を燃やすような間から背反し、介在するほどに認識するだけの愚かさを知るよりも、自らを謳歌する。