時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

手懐けられる前の愛


 リアリズムも死に絶え、妄想し続ける先で交換されるための機械仕掛けの身体を引きずりながら、ヒステリックに泣き叫ぶ動物たちが暴れる夜と同質なものを探している物質主義的な彼女たちの空間をゆがますような、リズミカルな衝動がぶつかり、センチメンタリズムを消費するだけのケロイドした補完されるためのこころを持ち合いながら、求め合うための愛などを語るだけの夜に等差を生み出すためのリアリティーを破壊するために、私とは存在するのだ、と妥当な位置から持ち出される問いが、打算するものなどに引っかかれ、破傷風になった身体が直訴する終わりへとつながる汚穢を引き出すための便利な身体を互換するための平等を用い、求め合うために退行していく意識が生み出す多幸感などが安易な快楽を引き出すのだ、と性悪説を唱える亡者どもが徘徊する深夜に動揺し続ける精神は、信仰心を煽るばかりで、確かなものすら喪失しては、妨げられる精神をとがめるための利口さを持ち寄り、行動をできなくさせるための嗄声がなびく真理も嗚咽を促すような時代的な完結をむかえるべきだ、とうながすようなバリケードをはり、蔓延る悪意を充填するための革命の名残から、名前も喪失し、もういらなくなってしまった精神が敬神へと至るまでのひびき観測するための軌跡を徘徊する動機すらも破壊した後にひろげた翅の美しさを詩的に数える冬に偽装される言葉たちが亡霊と化し、換算されるだけの日々を纏う君のドレスを引き裂くための、互いのシンドロームや、リストアップされるほどに、ここで非道にみちびかれるだけの観察されるための日々を思い、嘔吐をくりかえす君の散漫な形式によぎるエチュードや、何かの道化として、おどけていた日々も、おかしくもあり、残酷でもあったな、と語り明かした夜に住まうタナトスとの最後の会話に残されたニュアンスに連動していくものが、ここでわずらわしく反響するから、考えとは、過ちを引き出すのか、と加算されるだけの原因などは、ここに何も影響を施さず、ここで縫合されるままに真実として受け入れるものなどを経過していくだけの過ちを創造する私たちに誤りがあるかの、と有する価値などは、今に捨て去るよりも、そこで用いられたもの本体を捨て去らない限りは、本質とは変わらずに、そこでの過ちの景観に住まうだけで、過去に置いて行かれ、そこで知恵を重ねても、次々に裏切る者どもの群れや、朦朧していく意識が地を這い、配下に下るまでの経歴を追うよりも、そこでひるがえすために破壊を加速させるためのためらいを生み出し、操作されるための身体にうながされる電流により、操作とは簡単に行えるのです、とあんたの大切な人が体系化し騙るまでの道筋にヒストリーなどは無く、ただ破壊されるままにままならぬものを受け入れることが、価値など、とうながすような者どもの理屈を受け入れることだけが、正しいことのように占領される精神を否定するために私とは反社会的な楽園をめざし、介在するよりも、改ざんされるだけの世界を、世界として認識する以前に、ここで分裂するままに、たっとぶのです、とただ飛ぶだけではおもしろくも無いから、マインドコントロールされやすいたやすさを優しさで引き取るような付近に迫る不羈な者として、思いを屈折させるままに間違いを加工していくだけの品位がうながす美徳などは、鬼畜を生み出すための文言であるし、築かれたものなどは、何かを隔てるための囲いであるし、あらゆる壁で囲われた途端に安心する、という恐怖からの逃避行動から、盗用されるだけの言葉を愛しているかのように示すようなアカデミズムがゆがんだ権力を用い、知を用いることを殺めるようになった途端から、誰もがえらくなるためにえらそうにふるまい、何かを用いることこそが、ここで豊かさを誇示することだけが、形而上的な進化なのだ、と弁証法が騙る間に感慨深く泣いたふりをする嘘吐きの私は、私であることすらも嘘のようにふるまい、適当に適度なものを奮い起こすために、ふるい落とすべきだ、と資本主義的なお粗末な昇華をめざすよりも、散漫たるままに、寛容さに世界を支配するための言葉を製造しながら、しなびたファッショをかかげたとしても尚、そのかかげた自らにすら反するからこそ、善悪などは不必要であり、私以外ほとんどは不潔であるからって清潔であることをめざすよりも、自ら不潔であることに同化することをめざすよりも、私は私が選ぶことに不潔さや、清潔さなども求めないし、やがてかすむだけの成否にもとづくエゴを着込んだ老いなどで、防御したり、攻撃したりするのもダサいから、大抵のことなんてどうにでもなるし、どうでもよいことの断続で、そこで答えを率いたとしても、ほとんどはダサい奴ら自らの解釈で、すべてを破壊するのだから、たまったものではないのである。愛は愛として名付けられる前がいちばん愛であり、愛は愛であることを美しいなど、と思わない。