時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

あなたの言葉


 何かを纏うほどにまどろっこしく、観点を疎外させるためのニュアンスに迫るガイダンスから、乖離していく瞬間にちぐはぐになる精神は偶像崇拝を続け、自らを恥じらうための嘘を自らにつき続け、つたない意思は、退廃的なものを持ち上げ、自らの正解を待たずに、自分から乖離し、理解を得るために得たものを分け与えることだけを目的に、見納めになる瞬間におちいる言葉や、そこかしこにあふれるレジスタンスの群れや、報うために刺激を与える言葉を生み出す兵器として、ことごとくを奪いしばるための言葉が、この場を奪い、確かさを謳い、足枷を嵌め、世界性を狭めるための等差から、ここで倒錯する運命に錯雑とした観念を措置し、あたかも正しい者のように示す間に対価を求め、対立を続ける形有る故におちいる悲劇から、悲観的な者どもの理屈を措置し、改ざんされるだけの今に起源を施し、何かを汚すほどに予防できずに、自らを壊乱させるだけに至らせるような世界的な悲喜劇の間で緩慢に作用する物語に理屈を打ち出すだけの埋め込まれた真実は、真実であるがために、そこで保たれるものなどを魯鈍に謳いながら、絶え間ない闘争を生み出し、戒律を打ち出し、改ざんされる思いに介在するほどに、短絡的な者として、枠内に収まるだけに充当されるものを捕食し、何かを補足するための言葉を懐疑的に生み出しながら、実用的に備わるものだけが、相違し、相似していく間に敗残していくものや、介在するほどに愛とはねじ曲がったものを補完し、構成されるものなどに存在すらも奪われ、損なうだけの思いは、そこかしこに罪を持ち出し、自らを奪うための言葉で擁立するものを神のように崇め、自らを保護するための言葉が、この場で祈祷を繰り返し、寛容さを失う。たじろぐ瞬間に老化していくだけの身体を放棄し、甘美な瞬間に循環するものなどが受難を謳い、持ち上げられた罪を崇めるための理想に帰巣していくだけのシーンに断続する主観的な孤立から、重複していくものに服従し、従事する間に寂寞さを生み出し、其処で死か、はたまた創造的に補完され、背負うだけの義務を放棄し、いっさいにまとわりつく生の後先に宛先もなくさまよう漠然として、快楽を挿入し、相似するものとして、分離していくシステムの中で名付けられた苦しみを何度も体現するような短絡的な人間として、襤褸を着込み、均等さを謳いながら、奪うための言葉を与えるための資本主義的な空疎な金銭にから、競争心だけを煽られ、それさえあれば、ずっと幸福など、と謳うような短絡的な解放のネオンに慢心だけが溜まり、永続するものなどは、そこで価値観を屠るために何かを買い続けることに開示されるものなどの空疎な刺激を取り除くべきだ、とロジカルな労働者が淘汰し続ける短絡的な衝動などは、暴力的なものに変わり、ねじ曲がった正しさは、正しくあるために破壊することを正当化するために衝動を次々と現れる現代的な憂鬱に返事をするように、何かを破壊し尽くしても尚、そこで保たれるものなどは信仰心などを謳いながら、奪われる瞬間に現れる言葉に反し、関する間に怠惰になり、担うものも、重荷に変わり、速く回転する君たちの偽装されるための雨に濡れ、めぐる偶像に磔にされ、磔にされる自分を傍観する自分を傍観する者として、どこまでも反復する思いが燃やす復讐心だけに左右され、状況が示すものに閉め出される精神は、敬神に浸り、時代性に抑止される精神が敬神に至るほどに、いたわりなどを用い、いぶかる先々で戒律を用い、対立を繰り返しながら、空虚な世界を労うほどに、ねじ曲げられた思いが改心などを用いながら、まがい物の自分を愛するべきだ、と知るべきは、自らの脆弱な精神にあるのだ、と自らをたたきつけるようなメロディーから、関与するものに背反し、蔓延る悪意や、あいまいに示唆するものが謳う信用や、有することに抵抗を加え、空疎な自分を昇華させるための呪詛から、重複する思いに服従する精神に擦れ違い保たれるものなどが打ち出す答えに磔にされる自分を引き裂くような高度な言葉で示されるものに閉め出される以前に、全容とは、与えられたものにより保たれるために何かを偽装し、裏切り続けるのであり、訂正されるだけの信用や、神話から放たれ、蔓延る愛や、充填されるための言葉がためらいを用いる以前に、ここで継続されるものが次々に張り替えられ、何かの正しさを謳うよりも、奪い合うほどに、あてがわれる真実に拝むような者どもの理屈から放たれ、純粋に自己に帰り着くための自由は、自由などを謳うよりも、自由であることを願うよりも、有する形に価値を与えるよりも、ここで与えられたものにすら反するからこそ美しいものであることを美しいと思う以前に、ここでもたらされる義務から放たれ、自らが輪唱するものだけそモチーフにし、もたらされるものから離れ、自らの考えだけに宿るものを育成する。