時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

ためらい


 怖じ気付く思いに迫る時系列から逃げ去り、些細な出来事に整序されるものなどが露見するものにおののくほどに遠のく意識は、儀式的な支配から、世界性を損ない、喪失感にゆだねられていく感情を束ねる組織的な補完から、包括されるための苦悩を独白し続けるシステム的な無限性に落ち着く制度に保護されるほどに、能動性を損ない、生じる由縁に限界を用い、持ち出されるものの支配を受け取るための安易な愛に落ち着き、そこで確かに愛しているものすらすぐさま消え去るだけに至らせるような方針の後から迫る空しさを操縦する婚姻のリスクから、理想論と現実主義にからまるだけの惰性な性差にみちびかれるための絶え間ない闘争の後から、過剰に摂取されるために与えられる偽物の栄養から、迎合されるものに見せつけられるものを正しいものとして誤認する間に認識とは、ただ裁かれるために用いられる建前から、奔走していく意識に従属するためのためらいの雨を降らせ、そこで濡れた心身は寒さに震え、増幅する不安に抑圧され、制される間に裁かれるための意識を用い、ただ裁かれるために改定される法を背負い、生命の起源を焦げ付かせ、何かにこじれるだけに至る間に示される値や、あいまいに対処するほどに空疎なものを交換するための犠牲から、政治的な要素が迫り、有する価値も強請られるだけに至り、偏りを示す愛から、改ざんされるためのためらいを絶えずたれ込ませる。対比されるための愛を加速させるための愛を加工し、品位を謳いながら、貧寒なものにたどり着くほどに補正される意味がごまかす愛から、悔悟をため込み、この愛に接続されるものなどのいっさいは絵空事だったのか、と荷担するものや、モニュメントと化した愛にひざまずくことで、愛とは永続されるのか、と加算されるジレンマに裁断される今に偽装を加え、犠牲心などを植え付け、制する間の植民地と化する精神は、何かに統括されるための独善的な正しさを謳いながら、長らく帰巣すべき意味すら失い、互換性のある愛を測りにかけ、顕在なものを虜にすべく、すべての意味を包括するような愛を崩壊させるための宇宙規模にまで襲いかかるペシミズムを利用し、離愁に咲く花の一生が歌い上げる枯渇し続け、従うための歌が隷属する瞬間のそこかしこにたまる過信や、改心を謳うだけの独善的な交接から、甘美な瞬間を捉えるための映像化を終え、永続するための愛が饐えた香りを放ち、犯意をため、退嬰的な離床をくり返し、簡単に消費されるための愛憎を加速させる。あらゆる憎悪を想定し、装置的な感性でもって、何かをもたらすための生産的なドレスアップを終え、厭うだけの精神は、背徳をうながし、暴力的に措置されるものに偽装され、やがて破壊するためだけの意志を用い、何かを壊すほどに増していく快楽とともに加速していく意識的な改ざんを終え、ためらいすらも損ない、ただ破壊するための純真さを煽るような者どもの利権に荷担し、改善されない痛みは増し、慢性的な痛みをごまかすための快楽的な破壊がフラクタルに進み、複製されるための真実に体制を生み出し、汲み取る意味が屈辱を溜め込み、自らの恥を癒やすために破壊し続ける精神的な迎合から、改造されるために生まれた人造人間の政治的な聖地を偽装しながら、バビロンが謳う啓示に安楽死を求め、服毒し続ける時代性のジレンマをかかえた哲学者の群れや、報うために生まれた基礎に派生する一途な真理をも引き裂くような面影に潜む空疎な悲壮感などを借り、介在するための存在を磔にして、流行的なものにそぐうだけの偶像崇拝を続ける数字の奴隷や、つながれた意思の奴隷として、あらゆる法理を纏い、理性を謳いながら、犠牲的に晴らされる痛みを解消するためのおぼえたての快楽を加速させるための甲斐性を謳うような正義が偽装する真理にもとづくエゴを迎合するだけの惰性な者どもの理屈を超えて、自らの正しさを謳う以前に、ここで破壊されるだけに至るような真実を纏うだけの屍骸を集めるだけの道理にもとづく論理に干渉するだけの堕落した愛にもとづく死から、支配的な理想を強行するだけの僥倖などを派生させるための克服から、高次に至らずに、幸福を謳うだけの憧憬から、迎合されるために生み出された答えを基礎に、何かを簡単に処理するための宣言にもとづくものをつくづくに突き刺し、些細な痛みにおぼえた恐怖を巻き込むだけの今の犠牲として磔にされた神が定めたものを未だに愛してるようなふりをして、理性などを謳いつつも、いちばん理性的ではない結果を生み出すための答えを迎合し、あたかも正しい者のように扱われるために偶像崇拝を続けるような者が用いる愛などが、世界などを形成しているなど、となじるための貧寒な理想をもねじ曲げるような怒り。