時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

そっとゆらぐだけ


 誰もが望みを捨てた帰り道、乖離していく意識を補完するための答えが迫り、退嬰的な者として、ちぐはぐなものを愛するだけの物質主義的な優雅さに包括されるほどに捕食者としてではなく、捕食される者として、偶然的に堪能するものとの別離から、弁解を繰り返すだけの惰性な四季をまとい、厭うだけの形の中で形成される軽装なものの服を脱がし、欲望のままに果てることの精悍さを謳うだけの快楽主義的な倒錯から、聡明なものすら知らずに、そこで与え合う影響にたゆたいながら、退廃的なものを樹立し、十全としたものを用いずに、短絡的な動機を反復させるだけの動物的な処理場で継承されるものを答えとして崇めるだけのあいまいな論理を引き継ぐための空疎な互換から、悔悟をため込むだけが幾重にもからまり、感嘆に注がれる漠然とした不安の正体を秤にかけ、認識するほどに増していくでまかせの苦しみを加速させる。陥落していく精神に求められる正否から放たれ、ここでの正しさに無機質にからまりむしばまれるだけの精神は、契約をむかえるためだけに絶えず戦争を行うのか、と緩和しない暴力の亡霊どもとの闘争から、最たる意味を理想を供給させるための原理をかかげ、ためらわずに破壊するための言葉が構築し、無情なものを注ぎ込む間に補正される意味合いに不潔なものを送り込むだけの混淆から、快活な道理を損ない、喪失感にゆだねられる敬神から、権利を謳うだけの迫害者どもの墜落した穎悟から、過信をかぎ取り、緩慢な理論でもって、何かを破壊するために手を加えるような無機質な子供たちの虚空を埋めるための宣言を受け取り、自分の勝利のようによろこぶ容易さが用いる暴力性が制度をひるがえすころには、誰もが誰かを信じることを辞め、自分を信心することだけに専念し、自己顕示欲が遂行するものだけが権利を勝ち取り、誰もが正しい者のような演技を続け、監視下から逃れられずに、誰もがでたらめなものを愛し、補完され続けるものを迎撃するために、ためらわずに攻撃を続ける。形式的なものにむすばれるだけの幼稚な定理から発散されるための欲を加工し、ここで枯渇し続ける精神が栄進できずに、敬神に浸り、悲観することから逃れるために絶えず攻撃を仕掛けるような間で結末を待ちわびるだけのミリタリズムから、密接な者同士が補完するような惰性な愛から、渇する間に発火していく要因や、容易に示されるものに閉め出され、惰性にむすばれていく思いが達成感などを損ない、可能性を否定し、何かを否定し尽くした後に疎外感にふるえるような形式的なニヒリズムを複製し続け、つたない思いが動機を横暴に食する間に消耗していく精神は、基礎的なものに疎外され、散漫な形式にそぐうことを求め、用いられるものを望むことだけが、ここでの正しさに孤立せずに、すべてと同調し、同情してもらおうなど、と取り繕う間に正義は腐敗する。深夜の終わりに迫る慟哭の光や、貧寒な者を愛するが故に知る愛などは、同情にすら至らずに、何かを埋めようとする愛は、何かを受け取ろうとすることを拒否し、与え続けることで、自らを愛することを知り、いずれかは、いじらしい状態を維持できずに、捨ててしまうだろう、と妥当な結末にゆらぐ愛を知らぬ私は、何かの気配を悟ることもできずに、否、何かの気配を知ったとしても、愛がなんたるかを知らずに、軟弱な者として、失敗作として、心配されるために絶えず吐き出されるため息の空しさの意味のみなしごとして、散漫な形式にドラスチックなものを用い、モチーフとされるものを粉砕するための出来合の子として、恒常的な苦しみを巻き込むだけの広義の意味に配されるだけの敗者の概念から抜け出せずに、何かを否定することで、自らの非をなぐさめるように、容易な要理に閉め出されるために絶えず反するような幼稚な策略家として、ガンマ線バーストが降り注ぐ昨晩からカタストロフへと至る全生物の悩みごとの空疎さに悲劇性すら損なわれ、そこで構築されるものなどは、位置的なものの苦しみに過ぎず、そこで償われるべき是非すらもないからといって、何かを正当化してまで破壊することのよろこびを敷衍させるような者しか居ないから、生物は、性別でわけられ、そこで分別され、何かを侮蔑することだけが、唯一の満足のように捉えるのだ、と思春期的な死の手記を超えて、あらゆる苦しみとは、ここで復元されもせず、複製されもしないから、去りゆく優雅さにそっとゆらぐだけ。