時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

複製


 甘美な瞬間をふちどる結末から、絵空事をうながすだけのジレンマから、慈愛を求める限りに陰る本質は、愛をもとめるが故に、自らを苦しめ、制限を生み出し、惰性にみちびかれる結果から、改善されない苦しみを厭うほどに、苦しむことを繰り返しながら、内外に攻め入る生命的な離反から、排斥される瞬間に去りゆく質感や、疾走感に絶えかねずに、ここで用いられる原理に吸い寄せられ、自らを見失い続けるだけに至るような結末に遡及される苦しむだけが延々と反復していくだけに至るような観念的な堕落から、フラクタルであろうとするほどに、ありえないほどに遠ざかる意識は、永遠性に反しながら、儚い生命に補給される慈愛にみちびかれるほどに、愛とは遠ざかるような結末にいたる。いびつな制限を生み出すだけの愛に格納された破壊的な制度から、原生をも破壊するような兵器を利用し、領土を拡張していくほどに、非道さを増していく独裁的な意識から、毒性の詩をうながす藝術的な本尊を打ち砕くようなこころみに祝福をうながすだけの堕落した者どもの理屈を幾重にもからませ、退廃していくだけの思いに就労していくほどに孤独感は増し、簡易なよろこびに浸るだけにいたるような量子的な世界に反発するほどに、自らの力により屈折していく精神が自らに制限を生み、抑圧されるほどに反してく意識は、自らの苦悩を癒やすように、何かに依存し、反証を挙げるほどに、自らを疎外させていく結末すらも愛することが、愛するということに近付くのだ、と苦しむべき是非を謳うだけの宗教的な法にからまる欠如から、改正されるほどに、偏りを示す愛は「自らを愛するが故に、身近な者を破壊することを愛を持って執り行う」のであり、理屈をうながすよりも、そこで体制を用い、率いる者が用いる卑近な例に従うだけの権利的な犬から、原理的なイブが放つ現実主義的な巧緻さに騙されるほどにファシズムと化するだけのかすむ余韻から、双方向的にうごめくシンドロームが補足していくものに補正される精神などは、敬神に浸るだけの結末にすがり、快楽に浸るだけにいたらせられる結末を迎合し、自らを癒やすものは、何かに値するものだけであり、何かに相対し、毎日を理想に近付かせるために安易な信仰を謳い、用いられるものに毒されていく結末に査定される意識的な汚穢を運び出すだけの労働こそが、美麗なものである、と宣言するような幼稚な理想から、理性とはとがめられ、途端に苦しむことだけを製造し、生産され続ける苦しみに嫌気がさしたころには、すべては老いている。愛しむべきだ、と彼女が報じる間に屠られるのが、我々の愛するべき結末なのだ、と終末論的な挿入歌が迫り、いびつな正否を用い、善悪が対比し続けるものなどが論難などを用い、何かを改善しよう、と改造をほどこす間に毒性の真実が迫り、価値観を用い、何かとの比例から、卑屈になるだけに猥雑な真実にかさばる信念から、神経的に疎外されていく意識的に補完される偶像から、偶然に消費されるのが、我々の役目だ、と幻想的な比率から、離愁に浸るだけの過去からの虚実をかさばらせ、カタトニーにいたるだけの精神が掲揚するものなどに総意を求め、道理へと導くのだ、と鬼畜どもがうながす運命論的なものへと合致すべき父を呪うような精神分析的な軽視から、迎合されるための真理しか生み出せないような惰性な内容を示すための卑近な答えをむしばむだけの堕落した人間が語る主義の間で背反し続けるのが私である、と散漫な形式に制限を施すだけの宣言などを終え、退廃的な対価から、対立を続けるほどに迫る等差から、体現するほどに増していく嘘から乖離していく身体は、理解を飛び越えられずに、何かに怯えるだけにいたり、何かに浸るほどに議会から脱兎できずに、機関的なものに縫い付けられ、何かのモニュメントとして、そこに備わるだけの建造物のように扱われることに圧力を用い、率いられるだけの者どもの理屈に相似していく意識は、そこでこじれていくだけにいたり、時系列にからまり、悔悟をためこむ真実は、対価を求め、ただ自らに課せられる義務と永久に課せられる苦しみとの距離を埋めるための倒錯から、錯雑とした信念は、自らをねじ曲げるだけにいたり、陰鬱な衝動から、焦燥感をたくわえ、対価を求めるほどに、対話すらできずに、出来合のものを信用するほどに、デカダンにおちいるだけの闇に孤立していく意識は、陰鬱な証拠を引きずるだけにいたり、そこでいぶかるだけにいたらせられるような結末を迎合し、自らをペシミストに変える間に理想論的な供犠の生贄として、偽装されるための婚姻から、印象に統合されるための排斥を繰り返すだけの惰性な人間として制度の中でよじれていく。