時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

独走


 ガラクタでできた街だ、と簡素な理由を放つ適当な記憶から引き出された物陰にひそむ、暗澹とした意思に凍てつく彼女の記憶に帰巣するものなどが、物事に影を与えるのである、と鮮明な過去などは、今を延命させるためのツールであるし、理論的に早熟な彼らの出しに使われるのであり、輪唱される神話などが、真理などを形成し、真意をそこなわせるような結末に移動していく正否などが、正義を汚すのであり、あらゆる形に用いられる静寂などを汚すような黒々とした青春の経路や、骸と化するだけに頓挫する今に肥大化していく意識が聡明なものを疎外され、排出されるエゴや、迎合されるためのことばに成り下がったものを崇めるだけの軽薄な理想やらが枷に変わり、秀でるものを愛でずに批判し、崇拝するような輩が信条を破壊し、徘徊する原理に注がれる強迫的なものに迫られ、意思を奪われ、慢性的な痛みを備蓄するための空疎な身体に補完される微々たる快楽の傀儡として生きるのだ、と否定する男どもが用いる女性像に製造されるものなどが、今に契約をむすぶための権力的な婚姻から離れ、蔓延る悪意を充填するための人間の形をした悪を知り、散漫な儀式に権利を謳うだけの短絡的な商法やらが散漫な儀式を続け、ここで用いられる満足とは、すべて買えるではなく、飼われるためにばらまかれる餌にむらがるほどに麻痺していく意識は、大衆に植え付けられた独善的な手法やらが、独裁的なものに操作されているのではなく、個人個人が用いる権力により、自らを破壊するための儀式を自らの中で続けるほどにつたない意識は、何かに引っ張られるのでもなく、誰かに支配されるのでもなく、ただ自らに権力を用いる限りに何かに操作されることを自らが強制するのであり、権力とは絶えずあらゆる意味を支配し、今を従順にさせるために意味を縫い付け、今を奪うための欺瞞を綴り、つじつまを合わせるために絶え間ない退屈と屈辱を捧げ、提示される意味に酷薄さをかかえ、かけがえのないものなどを謳いながら、妥当するものだけに従属し、確かなものに達さぬ合間にほふられるための馴れ合いや、なりあいにひそむなあなあなものから、物事に逡巡し、緩慢になるほどにほどけていくような優雅さを感じずに、感覚を失わせるための絵空事や、そこで統合されるものが同等のものを謳い、平等であることを目的に締め付ける現在に死滅していく意識から、解放を求める轟音や、交換されるための傲岸不遜なままに支配する自らの業火に燃え尽きるほどに補填されるものの空しさに耐えられずに、体系化するものや、そこで経過するものに置いて行かれる恐怖に煩うだけの思いは、徒な消費を続け、自らの悪意に汚され、激しくゆさぶられる精神は、もとづく正否を用い、用いられる意味に遊離しながら、理屈を捏ねる徳などを信用する間に配される善悪などに苦しめられる。制限を用いられ、正否を迫るような暗記的なここで枯渇するための精神がためらいを生み、普通であることを目的に作られたギミックやら、理想論などが論難を用い、何かに反することは良くないことだ、と迫るような官憲の猛毒から、朦朧としていく意識を批判的に乗り越えるような左翼的な結末に結合され、暴走していく意思がレイシズムをかかえ、昏倒していく愛国心などがかかえるジレンマや、刻刻と迫るアノミーに自己を奪われ、瀰漫していく不満足の虜になり、利己的な継続や、契約するほどに約束とは、そこに遅配を生み、ちぐはぐになり、がんじがらめになる意思は、思惟すらも破壊し、自ら考えるということは、幼稚なものである、と散漫な形式が述べる間に順繰り迫る苦しみから逃れるためにもがく君の過激な一貫性とは、一過性のものであるし、過ぎ去れば、その破壊的なニヒリズムにより、自らを破壊するように、他者を苦しめているだけにすぎない、と打破すべきは、今の苦しみを呼び起こす自分自身であり、ありもので満足できずに、自らを空疎なものに変換するためのコードとしての役割を放つ欲を切り離し、馴れ合うだけの形式から放たれ、蔓延る意味に従属するだけの依存的な現在に懸隔などを生み出すだけの惰性な価値や、カタストロフにいたらせるための概念などが用いる蓋然性などのあいまいさに苦しめられるよりも、印象に増やされていく傷により身動きを取られなくなるよりも、無くしたものを集めるためにさまようよりも、今に進むべきだ、と垂涎するものにそそのかされるよりも、そそくさと逃げ惑う。