時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

吐血


 敷衍する方法論に飲まれ、観点に疎外されるだけに磔にされた思春期の経路を汚すような健全さが毒々しく迫り、不潔な猶予や、陰るだけの日々に飢渇していくための孤独に加えられるダメージを解き放つような懐かしさをかじるような夏に響く精悍なことばから、破裂していくジレンマは、中空をさまよい、不機嫌そうに眺める意識は遭難し、難癖ある意味に圧力を加えられ、屈折するだけにいたらせられるだけでは、自らを裏切るだけであるし、あらゆる悲劇を散漫に昇華させるような創造的な戦火に悶える焦熱するための精神が迎合されるためだけに、用いられることばによりかかり、悲劇的な者を演じながら、転じて行く意識は、いくばくかの可能性に儚さを感じ、感覚を損ない、喪失感に悶える君の奴隷として生きるべきなのか、と加算される婚姻により、引き合わせられた生活などは、清潔感すらも損ない、行いに正されるべきだ、と達する間によじれる思いが横暴に示す間から、あいまいに支配されるだけの堕落した身体を照らすフラクタルな光が、幸福論を謳いながら、用いられる悲劇からエクソダスできずに、遠因に引き寄せられ、卑近なものとして渇望していくだけの貪婪で鈍磨な心身に用いられる原理などが、現実性を謳いながら、奪われる精神は、軽薄な迫害から、幼稚なたくらみを加え、革命的に消滅していくだけに連動していく意識的な軽快さを損ない、嬲られるだけの身体を放棄し、崩壊していくためだけに備わる存在などが驕りながら、応じるだけの答えに喪心している。存在は忘我に飲まれ、感覚を失いながら、退廃的な受理から、樹立していくものにひねくれていく。聡明に既読されるものだけが、答えに磔にされずに、そこで正しさを謳わずに、奪われるために持ち寄られるだけの堕落した答えに締結していくよりも、獰猛に裂けていく時間や、地面を傍観しながら、しなびた過去が夢に酔い痴れ、未明にたじろぐ引き伸ばされただけに満たない精神を引き合いに出しながら、ないがしろにされる精神は、正否に身もだえし、古くさい孤独をアイロニカルに消費していく。

 エゴイストがたむろするロジックな夜に真理を動かすための神秘的な動作から、刃向かうほどにハミングしていく意識が偶像崇拝を続け、昏倒していく意識は、位置的なドラマにたゆたい、制度にふやけさせるまでにいたるような独創的な恋愛を続け、引き裂かれる大地は、幼稚な同化により引き裂かれただけに満たないものである、と鮮明な過去のドナーとして、脳内に接続される原理的な管やら空疎な理念を吐き出すだけに収納されるためのこころなどを謳うだけの古びたにんげんが価値観を道楽に変えるころ、姑息な理念を吐き出すだけ吐きだした後に迫る破壊的な理性が攻め入り、先天的なもので閉め出されるだけの精神分析などを暴力革命で汚しながら、簡単に処理されるための立方体に閉じこもるジレンマたちは、後から来る衝動により、本質を見失い、自らの価値の家畜として、価値観を商法に変えるだけの偶像の神として、偶然をよそおい、君をセンチメンタリズムに逍遥させるためのためらいを生み出すようなアノミーが制限からはみだすことを求めるべきなのに抑圧されるほどに制限とは、制限であることだけを意識にあらゆる制限から抜け出せずに、自らを制限の中で暴走させるから苦しむのであり、その苦しみを繰り返すことにより、前衛的な価値にいたらずに、苦しみを枷に変えるだけでは、創造的な昇華にいたらず、ただ徒に消費されるための時間の牢獄の中で統合されない自己を乖離して傍観し続けるような存在の不確かさに補完されるだけの存在などは、存在を保つことだけを目的に、用いられる原理に締め付けられ、死滅しても尚、連動していく過去の苦しみを同じような痛みで何度も打ち付けられるべきだ、とそこで磔にされた精神は、制限を持ち寄り、あらゆる抑圧から抜け出せずに、抑圧の中で求める自由により、苦しむだけの結果を苦しむためだけの今を繰り返し続ける反復から抜け出せずに、惰性に引き伸ばされる瞬間の中で卑近なものだけを過去から空疎な意味を敷衍させていることを満足と呼んでいるだけにすぎない。