時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

枢要

 

 藝術的な幼少期を超え、肛門期を経て、平行する意思が、形式的なものにたたずみ、自らのニヒリズムに打ち勝てずに、機械的に示唆され、管をつながれ、継続される生命が生きることに私怨をかかえ、冤罪を自らに課せ、罪の意識と密接に結びつく間に気だるいジレンマをかかえ、散漫な経歴をふみにじり、迎撃されるだけの意思が荒れ狂い、緩慢に示唆され、算用されるだけの身体を透過していく物事が機能不全におちいり、回転する理由は座標をかき消し、換算されるだけの記号としての数字にもとづくものを迎合し、感覚を閉鎖させ、惨憺たる物語を利己的に改ざんしていくほどに視界不良になり、あいまいな支配から、攪拌される神経や、浸透する意識に受理していく物事の不潔さや、裁かれる間にたむろしながら、荒廃していく意識は分裂的にまみえる間に寛容さを放棄し、ただ暴力的にかかえた意識的な正義などが権力を持ち、退廃的な論理を形成し、確かさという足枷で世界から身動きをとられぬように仕向けるような法に従順なほどに、補填されるものや、補完されるものにより、自らの身動きを取りにくくするほどに何かを憎むという思いが生まれ、横暴な支配は、気配を格納するための存在として、補完される兵器的な意思が裁きを食らわすために対価を生み出し、体系や背景からはみだすものを容赦なく攻撃する間に端末化する精神は、世親を謳い、世界を世紀にからませ、倦怠感を生み出し、ニヒリズムへといざなうような夜で泣き続ける君の慟哭を訪問し、あらゆる関係とは今を裁くための欺瞞を絶えず生み出し、裁くことで、ここでの価値観を確かなものに変え、そこで案じるものが暗示的に示唆し、最たる意味を改廃させ、短絡的な同化から、同率のものや、相似するものが利権を措置し、配役を決められ、統合されるべき正常さを保つのだ、と表面的な演技から、前戯的にプロセスを懊悩させ、散漫な激動を歩き、感情論的なものに閉じ込められ、そこで逃避すべきなのに、絡め取られるだけの意思は、うそぶく達成感などにまどろみ、無神経なものが支配するものに相対するほどに、解体される深夜の獲物として、規律の中で連動する無限性に混同させられ、永遠性などを謳う間に自堕落なフラクタルを謳いながら、保たれる均衡などにもたれかかる現在に罪深いものをもたらすだけの堕落した答えを枢要に保つほどに、宗教的な汚染から、補正されるだけの意思などは、いびつなままに居続け、徒に逍遥する先々で対立を続け、通過するほどに増していく苦しみを疑似的に愛し、背反できずに、介する間に理解を深めるほどに惑わされる精神は、何が正しいのか?と案じるほどに、あいまいに示唆されるだけのことばに邪魔され、本質的な正しさを見抜けずに、そこで正しいとされるものだけを正しいもののように崇めることだけが、そこでの価値を決定づけるのだ、とつたない意識は、確かさを足枷に変え、視界不良におちいらせるだけに至ることが、ここでの正解を保ち、自らの普遍性を対価にしながら、しなびた意識は、確かさ、という重荷を引きずり、自らを卑近なものに変換することだけが、ここでの正解を確かなものに変え、正しさとは、ただ拝まれるための神として、或いはモニュメントとして、そこで正しくあろうとする者がすがるだけの幼稚な形として、ギミックとして、問い続ける者を支配するためのツールとして、そこに権利を孕ませ、確かさを産むために何度も同じような子供を産み、孤立しないように、と願うほどに、誰もが孤独という病におちいり、孤独であることを恐怖するほどに、不安とは反響し、映じるものすべてを不和におちいらせる。殻におさまる夜に真理とはひざまずくための神を持ち寄り、自らを確かな者のように示す間に退廃するための答えが誰かの意思を狩るために絶えず犠牲を生み、対立を生み出し、屈折していく精神は、正否を阻み、簡単に処理されるだけに用いられることばから、おざなりなものや、たおやかさを放棄し、ただあらがうだけの精神とは恥じらいを持たずに、汚いままでも、自らの意志を純粋に汲み取る。その確かさだけが、何かに強制的に正される以前に用いる自らの確かさだけが、誰にも指図されずに、ただ確かさを足枷に変えるような世界から放たれ、純粋な自己に行き着く。