時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

模造品


 どこにも悲劇などは隠されておらず、ただ行き過ぎる場面が幼稚に扱われ、秩序や、精神分析的に測られる物事の軋轢やらが、価値などを用い、あたかも確かなもののように騙られる間に迫る賭け事や陰口や、センチメンタルな傷口にぬりたくられる塩や、わざわいなどを用い、何かを騙すために作り上げられた信仰をながめながら、なんと中途半端な理論を形成し、軽薄なものを、あたかも正しいもののように崇めるような連中の支配下に置かれた罪の意識などは、つまらぬものであるし、やがて破壊者として、原理的な理想を積み上げ、あたかも価値があるかのように仕向けるような独善的な政治性が捉える思想などが、今を攻め入り、制限などを生み出し、政変などへいざない、独裁的につかむ世界とは、表現を失い、ただ鈍磨なままに奪い合うだけの形に収納されることがよろこびのように語られ、悔悟を用いながら、まがい物の愛で、愛することを学んだ的な教育に倒錯していく精神は正常さを語ることで、自らの異常さを隠すような手口からぬけだせずに、惰性に分析されるだけの成否が目論む宿命などが、今を切り刻みながら、危機感などをあおり、今をなじり、内面性に制度を生み出し、汲み取る意味も、利己的なままに集約され、そこで集権されるものなどが磔にされ、或いは隔離され、疎外され、迫害された後に背反し続ける先に現れる現実性などは、制約を守り、何かを保つために生み出された空疎な正義を用い、何かを犠牲にするために仕組まれた正当さを保ち、面子でしかうごかぬような愛を愛と呼び、何かに線引きするほどに、幼稚に仕組みの中で罪と罰を生み出し、悦楽に浸りながら、いりびたる精神は、いびつな精神構造などを謳いながら、なじられる後先をさまよう堕落した感情が蓋然性にとじこもり、確立でしか、物事を測れぬ間に蔓延る善意などが騙る犠牲的な者しか、愛を語る権利は無いのだ、という幻想から離れるべきであるのに、同じような答えの中で耽溺する彼らは、出来合のものを愛し、普遍性を謳うための制度から、抑圧され、制圧されるためにかかげられた存在というものを捨て去ってまでも、生きようとすることに理由すらも持てないから、生きていられる的なものが持ち出す権利とは、惰性なままに生きることに権利を叫び、用いられるものが生み出す不平不満から逃れようともしないで、同じような位置で、同じような意味を汲み取るほどに、自らの苦しみに滅びていく心情は、真っ当なものすら見つけられずにいるから、どこにでもいて、どこにもいないような心情をかかえ、軽薄な存在をまたぐほどに、またくりかえされる苦しみがしみいり、脆弱なものをかかえ、物事にエモーションすらこぼせず、証拠ばかりを求め、借り物の身体が消費し続ける瞬間に呪縛され、順繰りに迫る受難や、受胎する真実ですら、信じるに至らずに、何かを騙すために絶えず生まれる欺瞞にさえぎられ、不満足をかかえながら、慢性的な痛みをかかえ、混濁する意識は、位置的な苦しみから逃れるために存在自体を抹消し、そこにいないように感じるような身体の不自由さに嘆き悲しむことにさいなまれていくほどに、最たる意味などは、意味的な苦しみをかかえ、意思的な苦しみから解放されずに、ただ短絡的な同化から、道化として、傀儡として、または隷属するために持ち込まれる苦悩を愛するが故に愛することを理解できずに、自らを拘束し、構築される苦悩の奴隷として生きる。悲劇的な嬌笑をなげかける彼女の可憐さと同化していく区間に攻め入る善悪から逃れ、窮乏する思いが暴走し、暴政へと至るような国家的な偽装をすすませるような余韻がインタラクティブにはたらきを加え、空疎な自分を補完するための確かさを謳うほどに、すべては足枷に変わり、世界性をせばめ、センチメンタリズムにいざなわれる幼児性や幼児退行を謳うほどに、時代的なジレンマを謳うだけの慢性的なペシミストが謳うロジックな商法が出現し、遺伝子すらも否定するような超差別的なまやかしを謳うほどにリンクしていく苦悩との同一化から、同じような痛みなどは、どこにも存在せず、痛みを同じように感じるほどに簡易なものに監禁され、還元されるだけに至り、換金されるために存在するのだ、と妥当なものを用いる者の過ちなどを補完させずに、ただ己を改ざんするためのプログラムを破棄し、吐き出されるだけの毒などが折り重なり、自らを苦しめるための毒をばらまくだけの無残な身体を加工するためのプロセスやプロットなどは燃やし尽くす。