時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

報われない物としての自己


 再構築されるエンディングや、偶像にとろけ、怠慢な所以に帰路を与え、記録上を泳ぐ魚たちの群れや、立場を用いる以前に、正しさを廃し、ただ思案することで多目的に現れる理由を排除し、確かな所以を保つために持ち込まれた意味すら愛するような瞬間を覆い尽くす闇に蓄積される苦悩に畜殺されていく動物たちの心理状態を謳うような爆撃がふりそそぎ、衰亡するような幼稚な主観性で簡単に処理されるやさしさによどみ、揺動されるための真実が実証するものなどのどれもは、今に和解をのぞまずに、ただ応益を求めるための獣として、軽薄な理想をたずさえ、求めることにより強度を増していく欲との対立を深め、血合いを行いからっぽになった身体をラッピングし、それすらも売買するのか、と観点に相互するものとの対比を行い、退嬰的な者として、物事の真理を求める紊乱な継続から、軽薄な真実をあがめるための多面性へとひきずられるいじらしい思いが叙情的なものへとフォーマットされ、思いこととは、思われることに現れるおもんばかるというものへとひきじられ、陰鬱な焦土に隠逸していく、支配されるほどに増していく孤独とつながりながら、追憶に貧するだけの意味に加算される原理がゲリラ化しては襲いかかり、愚かなほどに従属するのが、人間的な孤独をコードに変えるための群れという記号であり、そこで枢要なものとは止揚を目的とはせずに、群れることにより得られる安心感では満足もできずに、満腹中枢も狂い、もっと欲しいと繰り上げられる欲との軋轢を生み出し、何かを恨み、誰かを嫉妬し、敵視しながら、瀰漫する意味に不満をなげかけ、何かに責任を求め、自らを正すことはしないで、責任転嫁していくほどにおどろおどろしく積み上げられる罪の意識や、そこで即席の自由を求め、何かとの闘争を企てるための惰性な思いが横暴に迫り、生命の期限をそこなうほどの証拠を求め、カタストロフへと至らせるような思い出の基盤を破壊し、加算される原理とは、理性を保てずに、もたらされる痛みに夢中になり、担う意味も似合わぬままに、色あせる瞬間に主観は破壊され、破棄される思い出は、横暴な真実に飲み込まれ、動じるだけの真実が実証するためのものをモチーフに、何かを模倣するためにインフォメーションされるものの中枢で忠誠を誓い、垂涎していくための区域に織り成す欲望が用いる真実だけを真実かのように容易にあがめる隙間に配される愛などが、運び出す憎悪や、映像に補完されるための真実かのように即されるための過去の動機から、転移していく場面の中で逸することもできずに、ここでの現実などは、今を消費するために今を捏造し、意味に権利を求め、盲信を続けるためだけにあがめる神すら捏造する。対比されるだけの精神は分離し、分散していく苦悩の先々でかいがいしくむさぼる所以に誘導される真実が構造的なものから排除されることを求め、朦朧とさまよう原理的な夜の牢屋の中で補完される日々も、猛然と現れる瞬間にあらがえずに、与えられた意味の中で苦しみことを続けることをハッキングする罪深い子供たちの粛清の夢の中で折檻された君に加算される面影がかかえる罪の意識などに齟齬をきたすような正しさへと旅立つ思いが、関係性に制度を生み出し、そこかしこに国を生み出し、国を持ち出し、統治されることだけを目的にする怠惰な盲信から、機械的なものに変わり、もたらされるものだけが、ここでの正しさを語る権利を与えられた傀儡として、同じことばを、同じ意味の中で磔にされながら、語ることが、正しいもののように語られることを悪として捉えられずに、正義を語るほどに悪とは絶えず生み出されるだけであるし、あらゆる権利にめり込むものの憂鬱にそぐうために与えられた苦しみを再利用し、同じような苦しみを同じように味わう権利などを謳うようなファシストどもの権勢や、軽薄な理想を謳うだけの抵抗性から、体たらくな日常を兵器利用するようなニヒリストが用いる憎しみを利用するルサンチマンなどが不正を伝えるような世界などは、世界として認識することにより生まれた苦しみを何かの責任にしながら、自らの罪を咎めずに、与えられた罪の中で演じながら、罰から逃れるためだけに与えられたものに案ずるようなものなどの奴隷としての抵抗を終えずに、迎合されるためのためらいから、ここでの革命とは終わるためだけの革命としてしか、物事のダメージを与えるための権利を叫ぶだけであり、あらゆる権利のゆりかごで眠る子供たちの獰猛な主観に配される所以に調律するものから逸脱できぬ限りは、同じような答えで苦しむだけである。