時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

罪を背負わされた子供たち


 愛すべきものもいなくなり、すべての間隔はせばまり、位置的な痛みが阻み続ける間に荘厳な面影すらも消え果て、思い返すものなどは、重荷に変わるだけであるし、あらゆる意味に席巻され、蝉蛻すべき現在に時間すらも呈さずに、提言されるものに追いやられるだけの成果から、緩衝できずに、敵対視することでしか、互いを認識できないような制度の合間に現れる瞬間などは、時間から自立できずに、いじらしい面影に攻め入るだけの制限から、凄絶な時折にひそむ空疎な思い出に迫られるだけの現在などは、瞬間から自立できずに、いじらしい自己を生け簀に移し、あらゆる原理の生贄として、制限を生み出すだけの儚い主観にいびつな制限を生み出しては、淵源に潜む独裁者がかざりつける意味を足枷に変え、世界性が打ち出す制度が課せる意味に修正されるだけの主観を破棄し、掃きだめへと運ばれるためのためらいを生み出すだけの規律などが制限を生み出す間にあいまいなマインドが処置される意味などは、立場などを用い、レイシズムにひずむだけの間柄に克服されるべき愛すらも処理されるためだけに占有される動機や、勝利へと運び出されるだけの惰性な意味をまといながら、慢性的な痛みがないがしろにされる主体性から、終焉へと巻き込まれる間に世界性とは、インタラクティブなもので囲われ、加工されただけに満たない意味を祭り上げるような間に貧寒な者が悲観するだけの世界などを、世界として認識するほどに、善用されるものだけに加工されるための生産的な道具として、偶像を司るための落伍者として、神を祭り上げるだけの偏執狂として、あらゆる制限の中で乖離しては、倒錯する脳内で樹立される本質などが、真実などを見失い、すべてを真実として認識することにより、自らが生み出す妄想を模倣し続けるために回帰していく意味の中で自己を失い続ける。追憶へと退避していくほどに、行為に制限を生み出す。あらゆる疎外感にふるえるだけの域から抜け出せずに、データ化されたものをあつらえるための機能としてだけに存在するかのように示される間から閉め出され、惰性にみちびかれる思いは、寛容さをそこない、喪失感に乱れながら、未熟なままに思い返す意図から離れられずに、はびこるセンチメンタリズムに吸い込まれていく。一部始終にふりそそぐ比喩や、乱立することばの彼方で寄贈される面影などが、あたかも正しいもののように崇められる先々で娶るべき意味などもなく、ただもたらされるものを保つべきだ、とうながすような教育の中で更新されるものなどが、安易な正解を世界につきつける間に得るものなどは、退廃的なものにすぐさま変わり、物事が移り変わるよりも速く背反し、破壊者として、毎日に訪れる恐怖を武器に、誰かを使い、破壊していくことに長けていくことが教育と呼ばれるものであるし、今に馴れ合いながら、慣れるほどに純化されるべき今も、復讐するために敵愾心を与えられ、もたらされる悪意により、敷衍していく悪が普遍性を司りながら、今にも奪い合うための悲劇を仮想し、次なる不安をよびさますための魔法などをかけながら、果敢に挑むことも忘れ、苦痛に覆われ、穿鑿し続ける先に現れる解消されるべき罪を滅ぼすための構築から、構造的に排除された私の答えの彼方で基礎や規則などは存在せずに、ただ現れるものを解消するための罪を生み出した意味から放たれ、阻むものすら持たずに、用いられる罪が緻密に変わる以前に、偏るだけの理想から救出すべく、窮乏し続ける先に与えられる欲望の道具として、偶然を粧い、今にも罪を犯すような強迫的な夜に緩衝すべき愛すらも不透明になり、担うべき意味も生活などを謳いながら、肉迫し続ける先に博愛などを謳い、用いられるものに迫害され、配給される罪の意識から、儀式的な神の道具として扱われるほどに増していく快楽により、より欲深い者として、すべてを憎悪でそめあげる。あらゆる意味は、何かを道具にするためにためらわずに何かを抑圧し、搾取し、悪趣味な意味でアクセスを続けるだけのつたない意思は、理などに邪魔され、本質すらも見つけられずに、与えられた罪の中で重ねる儚い理想が破壊者として、今に攻め入り、戦地を生み出し、偽装される真理の下にたむろするだけのアカデミックな理想などは、今にも理性を捨て去り、知性の奴隷として、権力の庭で叫ぶ権利の道具として、偶像の神を愛する獣として、爆砕するまでの距離に与える虚偽を司る慢性的な罪の子供として、いじらしく今を愛撫し、薄気味悪く君の後ろで笑う。