時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

制限を持たずに走り出す永遠性

計画性もなくとびまわり、
形式的なものの終わりを見て、
夜露にもだえる
霧雨の彼方で、
有限なままにとらえるものが、
時間から抜け出そうと、
今をかみくだいて、
改善されないものなどないのだと、
哲学的に簡素な憂鬱を
つきあげるために、
罪をかかえることなどは、
不必要なのだと、
君に語りかけ、
与えられた罪とは、
所詮は自らが課せた罪であり、
枷をはめて、
世界性をせばめるのは、
自らであり、
そこでかかえた罪に支配され、
ささいなことで、
感傷的にしずむよりも、
自らの無知さにあきれ、
ただ定理にうちのめされるよりも、
制限すら持たず、
ただとまどいながら、
にげまどい、
誰にも捕まえられないように、
容易なことに束縛されずに、
くよくよしても、
先にすすむ微力だけでも、
なんとかなるものだ、と。