時を乗り越える獣

時間を超える意志的な現れ

万物流転

論理的なものを補完するために
たれこめる連動性や、
理念を類似させるための完遂から、
関連するほどに、
邪推を続ける連綿たる獣や、
軽薄な動機を垂涎しながら、
散漫な儀式に低劣な偽装を続け、
つたない思いを偽装しながら、
明晰たる分析を続け、
文明を超えて、
へだてられる思いが伝える憂慮や、
幽遠に引き出されるだけの
心地よいニヒリズムが、
凶行を続け、
つたない思いがタナトスをかかえ、
緩衝し続ける先々で静謐な思いをたずさえ、
鮮明な過去から、
枯渇する動機をすなどる理由や、
油然とする観念から、
超過しては、
様々な思惑とは、
面影の中で攪拌され、
存在とは夢うつつなものに変わり、
意識のモニュメントとして、
引きずられる先々で
引き裂かれ、
何も明かされずに、
加配を続け、
退廃し続けるものだけを分裂させ、
用意周到に生み出されるものが
捕食するためだけに生産されるものが、
制限もされずに次々に産み出されていくほどに、
打算的な者が敵愾心を燃やし、
次々に産み出されるものを破壊することだけに
費やしていくような幼児的で
卑劣な遊びから、
疑念を振り払おうとするほどに、
過食嘔吐を続ける少女たちの
開いた瞳孔の奥で咲く花とアナグラム
先々で最たる意味すら罪深いものだと措置するだけの
信仰を否定するほどに、
信仰の中を這いずるだけに終える。