時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

絶対的なもの


 灰の中で踊るあなたの間隔から生まれるアノミーや、資本主義的な偶像の道具としての同等をかかげるほどに、偏執していくだけの意識にかかげられる冤罪の域から、蠕動していく景色や、形式的な汚穢を謳いながら、論理的な商法やらがうごめくあやしい世界の頸骨をなぶる君の了承する世界などは、以前として、暴力的で過保護な物語の中庸を保つための革命の音頭や、論証されるものの結末やらが引き裂く現実などにいらだつ私は、即座に補完されるだけの流動的な生命として、世界としての名を捨て、廃棄処分されるだけの死と分裂症や、悪魔的な理想の層にかさばる思いなどは、以前として、汚穢に過ぎず、踊るほどに、疲れ果てた精神は、行く当てもなくさまようだけであるし、断罪されるだけのワタシトハ、システム的な茎であり、根幹を破棄し、中空で栄養を受け取り、散漫な駆け引きにより、みちびきを新たに見出すような変革的な行為の行方や、恋こそが、革命的な理想へと打ち付けられるだけの闇を飛び越えるような綸言に閉鎖的になった人民を救うプロセスを生み出すのであり、何かの踏み台にされるわけにはいかず、生きとし生けるもののすべてに理もなく、離散し続ける先々に追憶は貧し、やがて渇望するだけの精神は、何かを確実に憎悪するだけの機械として、穎悟を用いずに、最たる意味を廃棄し、乱雑に置かれた意思は、ただ時間を消費することが生きていることのように語るから、生きていることは、生かされているなどとうそぶくのであり、誰もが生かされているのではなく、自分の意思でしっかりと生きようとしているはずなのに、誰かのために生きるなどを無駄にするだけの生命とは、生命としての役割を果たすことが、あたかも正しいことのように語られることを信心し、そこでの空気を壊さぬようにと、協調性だけを育てられ、惰性な所以に軋むだけの意味の中でしか機能しないことを「人間」などと呼ぶから、生きることはまどろっこしいものになり、意思とは虐げられ、支配されるたけの従順さだけが、順調に物事を運ぶことだとおもんばかっている限りに低劣な考えしか生まれずに、考えとは還元するための道具としてしか機能せずに、記号化され、暗号化され、機械的に処理され、危害を加えられ、気配すら失い、自らの喪失感に苦しむだけに至り、惰性に消費されるだけの意思は、物陰の中で荷担する意味を感覚的に消費し、勝利を求めるほどに、勝利とはかけ離れ、自らを追い続けるほどに、それは老い続けるらしいと森羅万象が投げかけるカタルシスや、見透かすほどに、満ち足りぬものや、見余る思いは、見張られているように感じ、勘違いを生み出し、感覚は鋭敏さを放棄し、伝える意味などは、伝わる前に消費的に追い詰められ、応じるほどに補完される苦しみは悲観的なままに、貧寒なものをかかえ、換算されるだけの意思は、位置的な過ちにより、意味的なものに保護されるだけに至る精神は、自由を求めるほどに、自由により苦しむだけに至るような日々に熱情することもなく、ただ暇つぶしのように過ごす意味の暗澹として中でのダンスに参加し、散漫に消費される生命とは、自らの苦しみに翻ることもできずに、悲観的に傍観する自己との対立を深め、諦念するだけに至らせるような罪の意識の中で、儀式的に消費される日々は、宗教的なものに犯され、あらゆる罪を捏造し、意味を欠如させながら、信じるべきものを見出そうとするほどに、打算的な精神は、敬神に浸り、あらゆるものに神を見出し、はみだすものを許さずに、欠如を許さずに、散々な現状を埋めるために生み出される神に支配され、そこで続けられる信仰は、あたかも演技的であり、革命に至らずに、偽装される真理にもとづく交換から、加算される罪への代償として支払われる金銭たるものが新たな神として、資本主義的な幻覚として、あらゆる悪しき依存を生み出す価値として、虐げられるだけの日々の唯一の達成感として、何かを買うほどに増してく欲との対立から生まれる空しさを埋めるための新たな価値として、活用されるだけの意味との欠如を埋めるための効率良い価値の代用品として、ダウナーの神である紙切れを愛してやまない病理をかかえた家畜としての価値観を崇めるだけの反社会的な構造から、逃れるための多面性の繰り返しから、過信は生まれ、ここで憎悪する金銭という革命的な発明をも否定するほどのみにくい憎悪とは、偏執を絶えず生み出すだけであり、見出す敵意とは、絶えず暴力的な装置を端的なものとして崇め、自らを武器に改造し、ほどこされる自由とは、絶えず苦しむために生み出される打算的な多面性であり、互いを恨むための対立から、終わらない軋轢により、偽装される最終戦争やらが降ってくるような夜にこそ、大切なあなたの大切さだけを崇めるべきだったのに、ワタシトハ依然として、意志との結婚を決めたが故、この命は、この退屈を超えるための武器として、あらゆる原理を破壊するための理想的な武器として、偽装されるだけの真実を超克するための確かな代物として、自己犠牲を謳うだけのダウナーな神を超越するために、紙切れを恨む聖者どもとけりを付けるために厭わずに進む私こそが絶対。