時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

自惚れ


 悪しき習慣がいざなう倦怠感や、還元されるための価値がせまり、制限を生み出すほどに、生命とは息苦しくなり、担う意味などは、阻むためのものでしかなく、そこで現れた途端に、自らを神としてそえるための添え物としてしか存在しないような正しさを盾にして、自らにひきこもり、卑近なものを生むためだけに絶えず押しつけられるイメージから、躍動できずに、そこで蓄積する苦しみがせまり、静謐さをそこない、そこかしこで奪い合うだけの奴隷制の夜から、不健康そうで、不燃物をまぜこまんだ世界で軽薄な理想を謳うだけの堕落した主体性から、制度に磔にされ、いっさいの苦しみの中で浪費されるための精神がためらいを生み、互いをとがめるために至らせるような世界性から、凄艶に消え入り、軽薄な理想を謳うだけの魯鈍なままに敷衍していくドラマチックな一体感から、いっさいは、ちぐはぐに浪費されるだけに至り、異物感をかかえたままで、混濁する薄明をさまよい、陰鬱な未来に隠逸していき、指定されるほどに蓄積していく苦悩や、能動的にうごめく思念や、捻出される夜が知性すらもそこない、そこかしこに現れる価値を超越するために存在とは、存在であることから抜けだし、惰性にうながされるものに拘泥せずに、根幹を腐らせる前に、済世を行うために退廃的な呪詛を続けるだけの貪婪な価値が示す値から逃れ、全容にほどけ、そこかしこでほどこされる意味を太らせ、世界的な犠牲として、はじめて神をでむかえるような結末に結束していく意味が真実を呪いながら、制される間に固執していくだけの思いがずれては、衝動的なものにより左右され、揺動されるだけの現在の原質をも破壊し、用いられる意味との訣別を終え、研鑽される間にドラスティックなものが謳う一過性の史実にかかわるほどに、真実とは歪曲し、陰謀論などを謳うだけの貧乏くじを引いたような輩が打ち出す卑近な例に隷属するだけの、無機質な馴れ合いから、群れることにより、強靱さを得たかのように示される間から閉め出されるために、反するということは、何事をも求めずに、ルサンチマン的な諦観に浸るよりも、仏教的なニヒリズムにより、何かを捨てるよりも、何かを排除し、自らを美化するために、誰かを差別的に排除し、改善されない痛みを取り除くために傲岸不遜に交換されるだけの仕組みから抜け出し、惰性にみちびかれるほどに、過信とは生まれ、ここで奪われるだけに至る精神は、敬神に浸る。

 硬質な幽霊どもがゆらぐ空疎な空間で補完され、備蓄される苦悩と共倒れするような連動性から、歴代の悪夢を処理するために、この生命とは未熟な光ながらも、何かを照らすような主体として、何かを崇めるために仮説をうながすよりも、要理をなぶり、何かをなびかせるほどに魯鈍にたなびく霧が、前衛的に全体主義体制下に置かれた退嬰的な癒えない傷を癒やし、淫靡な結末にせまる軽薄な価値をカタストロフに追いやるために覆われた一帯を独占するためにうそぶく真実と合致しないからといって悲しむきみとは、なんと醜く、みじめなままに何かを崇めるのだろう、と朗唱する間に結合される合間合間に補完されるものなどのほとんどは、退屈なものでしかなく、用いられる罪の意識を儀式的に超過するような要因にせまる原始的な理想を、無理矢理に接着させ、鮮明な今すら見えにくくするような価値の中で闘争を続けるほどに、革命とは自らがほどこす罪により苦しむだけに至り、悲観的なものに浸るだけに至るようなものに似たり寄ったりのものに付着する寄生的な者でしかない我々が、何かの偏りを生み出すだけに至るほどに今に堕落するのだ、と謳うようなインタラクティブな装置としてしか定義づけできないような、アンニュイな実体を孕んだランダムな過去を行政的に発生させるための生産的で機械的な装置としてしか乱用できないような、適任と手切れ金と、定期的な苦しみをちぐはぐに設置するための宣伝を続け、つたない意識は、綺麗事を吐き出し、蔓延る愛と悲しむのラビリンスが段々ずれていき、偏向していくだけに至るような報道の彼方で、知性のかけらすらもなく、彼らの望む愛とは、金の配下なのですね、と可憐なこころを排斥しても尚、ここでのルサンチマンとは加速し、誰かがしあわせなのがゆるせないのだ、と野ざらしなこころをノアの箱船に乗せたところで、すべては侮蔑されるために存在するのだ、と妥当な意味を吐き出す須要な価値を画期的に放出するための熱量ばかりが大切に扱われるようなネットワークの中で偽善的な独房の中で、独善的な子宮の中で、加算されるギミックと混沌としていく論理が遡及する価値のクソを浴びても尚、裏切り続ける私だけが、唯一美しい。