時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

深まる認識

無差別に迫る余韻が、インタラクティブを謳いながら、確かなものを足枷に変え、世界を狭めながら、センチメンタルな要因を吐き出し、惰性に蔓延る夢が、バビロンを形成し、嫌疑を持ち出しながら、もたらす言葉が意思を破壊し、感覚を打ちのめしては、抵抗を加え、空間的なものに支配されるための世界を囲い、干渉されるほどに、補正される苦しみを空疎に撒き散らすだけの、君のミメシスが、ミシミシきしむ季節を織り込まれるものが、高揚感をたずさえ、短絡的に同化する思いが、横暴に噛み砕かれながら、唾棄される物事が、あいまいにからまりながら、かかわるほどにかじかむ動機が感情を破壊し、配備される思いは、たしなむ余韻が、気配を攪拌しては、つたない思いを抵抗を加え、空白を埋めるための運命を軽薄にたずさえ、対比されるだけの容易に、まくし立てられる思いが、応用されるだけの原理を乖離させては、嘆じ続ける彼女たちの、生活的な信仰のリズムや、離人症的にながめる世界を懐かしむ神たちが貸与する思い出を快活に、報うだけの状況や、乗じる所以や、有する価値が、代償を求め、求められるものに引きずられ、卑近な例を持ち出し、求められるもののために奴隷として、悪巧みを続ける道理のロボットとして、実体もなく、歓喜を生み出すために、生命とは存在するのであり、誰かの道具として生きるよりも、提示されるものに懐疑し、快活に生きるためだけに、生命とは絶えず事柄を破壊し、退行する面影が対峙し、横溢する瞬間に希望を用いて、あらゆる価値をかき乱し、正体も持たずに、ジェンダーをも破壊し、快活な動機を持って、日々を笑い飛ばす。