状態異常

時間を超える意志的な憐れや戯れ

濡れた肌

パーティーが終わった散らかった部屋。降り注ぐ孤独に嘆く君のドレスが、ぬけがらみたいで、乱れた呼吸が、玉響に吸い込まれ、壊れた心は枯渇し、現れる依存的な文字列に垂涎する意思に磔にされ、与えられた神を崇拝するだけの君たちの破片を詰め込んだ銃をリロードし、理想的な普遍性を撃ち抜いて、パラダイスなんてないからと、パラノイアみたいに生きる家庭的なものを模倣するデビルたちや、走り去るだけの意識に置いていかれ、欠乏する感情にすり寄る羽音に誘われ、また騒がしいだけの日常に踊り疲れ、孤独を恐れるがあまりに、自分の痛みに気づかないから、憐憫なんかを求めて、嘘の涙をためて、足りない明日を埋めるための、軽薄な愛の虜になり、利己的に塗りたくられた苦痛のレターに、屈辱の蝋を貼り、はびこる悪意を充填するだけの世界を、自らが作り上げ、批判的な答えを応用するだけの、ペシミズムに犯され、苛むだけの日々は、暇を埋めるために忙しく、写真に収められた日常は、正しさを羅列し、ランダムに処理される日々が焼夷弾の雨により焼き尽くされるまでの過程を、過去から傍観するような生き方を示唆する支配的なモジュールや、模倣するほどに、本能的な力は押さえ込まれ、何かに取り込まれるほどに枯渇していく精神は、成否を用いて、誰かを処罰することに必死で、如実な苦痛に引きこもるだけの、フラクタルな夜に堕落し、惰性で眠り、必要であるから起きるだけね日々に保たれるものなどにもたれかかり、考えることを失うだけの情報の波に飲まれて、涙する君に襲いかかる負荷や、複雑なものに変換するための理屈に帰巣する顕示欲や自尊心が重荷に変わるころには、すべては離れていき、もっともな孤独が襲いかかるとか煽るだけの人々の普通こそ、屈折しているとか、どうでもいいから、勝手気ままに歌うのです。