昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

2017-06-15から1日間の記事一覧

愛を持たされる前の愛

軽減されない痛みを吐き出す幼稚な企みから、血筋をうながし、自らの平衡を捏ねるだけの等差から、錯雑とした意識が背く果てに生み出される経路などを歩くことで、自らの満足をうながすような退屈な休日に閉め出され、惰性に生きることで、退嬰的な者や、体…

野ざらしの記憶

ここに残るものもなければ、 心残りもなく、 そこで吐露するものが、 中空ではがゆくもだえ、 そこで果てるものが、 遠く永続性を保ち、 物事の均衡や、 そこで保たれることにより、 用いられる平衡や平等性すらも捨て、 すがるほどに、 ここでおどけて、 何…

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 奇跡的な出会いの愚鈍さにふれ、敷衍する永遠性が踏み台にする制度や、限度を用い、何かを抑圧するだけにいたらせるような言葉にいらつきながら、負担すべきものなど、ここには存在せずに、自由を謳うほどに、自由であるという意…

須要な情交

原形もなく、今に這いつくばる君の単細胞たちが描く真偽のようなものが幾重にも敷衍し、普遍的なマーチを打ち鳴らし、希望を疎外させるだけの意図から、意味を引き出すほどに、卑近なものを補完させ、感情に相違を生み出し、そこで同調するような悲劇に達す…

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。 そこで用いられるものなどに徒に消費されるだけに感情を荷物のように感じるから、背負わされるだけにいたるようなものなどは、そこで義務を謳い、用いられるものに契約するほどに、その屈従や屈辱に耐えられずに、自らと乖離し、…