昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。

求めるほどに重みが増すから、ますます迫る欺瞞に反し、かかずらう意識に定理を結ぶ以前に確証されるだけに認識とは、物事のあいまいさに気がつかず、そのものをそのままに受け取り、それこそが真実だ、と促す事こそが、危うい事であり、理解を含まず、ただ答えを答えとして受け取る軽薄さにこそ、物事へと退行がおとずれる、まる