昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。

毎日に燃え尽き、星宿に住まう悠遠に綻ぶ瞬間に排斥されるものに落雷を落とす紀元前の神や、遠因に果て、膨脹する神経細胞が、派生する意識に反し、緩衝する間に綸言を伝えるだけの、他者の言葉に介する間に、理解は、利害関係を求めるだけに、憂鬱なものを交換するだけに浸る関係に踏襲するだけの答えとは、ただの、陥穽である、まる