昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

すこし、わたしのはなしをしよう。

わたしの、はなしをしよう。

反照する時折にひしめくロジカルな帰り道に乖離していく愛が意味を背反し続け、配する間に示されるものなどに閉め出されてもなお、自らを聳立させ、たちまちに現れる意味などは、意味すらそこない、そこかしこに苦悩を生み出すだけだ、まる