昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

依存的な者たち

いくつもの目が今を硬化させる。乖離する行方に帰路すら持たずに、妨げられるだけの堕落した行方に瞬く間の命、近代的なだけの身体を攪拌させ、猜疑心により、すべすべした季節は真理が隠れる隙間に覚醒するカラフルな思い。たちまちに現れる期限に迫る厭世観、浄化される先々で鮮明になる物語、犠牲的な君の正義に、適齢期を謳う女が偶像崇拝する神と謳われるもの、とあいまいに交わる先に与えられた差により、侮蔑され、分別されるだけの集まりの中でもだえる行方、意識の枷を外し、世界の外へと出かけて、どこにも遮るものがないと不安なのが、普通に生きてきたものたちの言い訳がましい不安などに課せられた義務的な観念に捻出される差異やら、やかましく付きまとうルサンチマン的なものに締め付けられながら、レトリックの中で課せられた不死身の罪が偽装する真偽などに攻め入られ、生命の危機に至るような気配に妨げられては、手懐けられる位置から力は損なわれ、押し付けられた罪により不死身になった君の不安が絶えず痛みを波及させ、遡及する痛みの中で、散漫になる存在は、ままならぬ意識の中で加担する犠牲的な意思がかかげる正義に枷をはめられて、はびこる悪意を重複させる自分の中で波及する正義により、自らを服従させるための回帰の中で乖離してゆく自分の想像の範囲からはみ出すために用いられる企みがやがて世界的な戦争へと突き進むような関係性に押し付けられる制度が、制約などを用いて、今の抑圧を強固なものにして、システマチックに締め付けられるよろこびを加速させるために、マゾヒズムへと転化し、犠牲的な精神は敬神に浸り、悲観的なままにしあわせなどを求めるから、至らぬ精神は軽薄な理想を追いかけて、唸る精神は、制約の中での抑圧を破れずに、用いられる罪を恐れるがあまりに、誰かを利用し、しあわせなフリをして、理解に至らずに、理性に制限を加え、自らを苦しめるための不安を加速させ、意思に枷を嵌める。儀式的なもののオートマチックなものに振り回され、与えられた意識の中でしか身動きもとられぬ自らを迎撃するシステムの中で溺れるだけの堕落した約束の中で規律は強化され、自らを消費するための価値を外から与えられ、自らを商品化することでしか与えられない満足などは、承認欲求に左右されるだけの未熟でままならぬ満足であり、偶然的に与えられたしあわせであり、本質的な満足には至らず、ただ襲いかかる欲求に絶えず遮られ、自らを未熟なままに消費しては、満足に至るための戦争を自身の内外で続けてゆく。