昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

重複

大義も捨てた日曜日、分散する朝に広がる狂気的な陽気、湯船から現れた欠如や、夜中に走り回る猫のフレキシブルな胎動、文化的なものが化膿して出来たのが、この社会だという結末に襲いかかるサクリファイスメフィストフェレスが彷徨う裏通り、臨界点にまで達しては、ばらまく放射線や、無秩序な配列を眺める、中庸すら損ない、意識すら焦土と化して、カビ臭い日常に敷衍していく動機が、規約なんかを謳い、蝉蛻し続ける後先に生まれた誤解や、定めもなく動き回る微生物や、紊乱な社会の中で、分裂していく細胞のような気分で、延々と思い出の中で迎撃された戦闘機の数を数える憂鬱そうな少女、ハルモニウムが唸る宇宙空間から逸脱して、原理的な波及やら、無神経な信号機や、緩慢な記憶の中を蠢くことごとくの代償や、空腹を癒すために動き回る文字や、高揚感により生える花々や、恒常的な記録の最中を、回収するための、収集車が走り回り、理解よりも、老化のほうが早いと嘆く隙間から溢れる論理や、警報器が鳴る欲深い森の中、微粒子を観測する者を観測する者や、そのまた観測するものを、監視する者や、その監視する者ですら、監視下に置かれているような社会なんて大嫌いだから、孤立しても尚、自らが紡ぎ出すものだけが、セオリーや正解を破壊して、はびこる悪意をデータ化し、可視化したものなんて、でたらめであると宣言し、改ざんされるのが普通であるし、同じ価値観だからこそ、衝突もするだろうし、そこで求められ、用いられるものに苛立ったりして、歪で、不安定な結末に襲いかかる憎しみのようなものに遮られずに、途端に現れるものと調和し、物々しい雰囲気にかさばる苦痛のようなものに重なる猜疑心なんかを駆逐する。f:id:jibmfmm:20240622031406j:image