時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

先へ

ポエトリーディングは、存在が人類を疎外させ、空間から孤立する永遠を聞く事により、昇華するに至る論理は輪廻を超え、鳴り止まぬ精神の雄叫びが反響し、永遠と空間と時間を壊し、放たれる無限性と共に詩と君は聞く事により終わらぬ外側へと旅立つ、それが、死をも超越する生なのだ。確認される生は、つれづれなるように、鳴り響く様をながめる。揺れる水面に言葉を残し、引きずる後に別れを告げる。告げられた悲しみは、つくづくに続くが、熟す前に健気に消え去り、閉鎖的な理由を輪唱する神話的な陰りから、過激な思想が個人崇拝を続け、けたたましく唸る魂は、息吹く観念に根付くような長閑さにはまり込むような現在に音程を授け、昇華する現在ににこやかに果てる由縁が裕福なのは、過程であり、環境ではなく、過ぎ去れば浅はかに儚く、受理したら最後、最たる意味は喪失する。死は、追いつく限りに偏りを授け、固執するほどに偏執するように仕向けるような内面性の孤独を枯渇させ、砕身に至らず、表面的な破壊を施し、人間的な安易さに膠着し、孤独を重ねるほどに、孤独とは、此処に届かず、ことごとくの苦しみを横領しては、端的な理由を機械的に受理するだけに認識される事は、最たる意味を老化させるだけに至り、固執するだけに根底は飢渇するように仕向けられる事を嬉嬉として受け入れるだけに経過は偏り過ぎ去るものと、衆愚にたまる現時点に浪費されるだけの関係との怠惰さに麻痺していくだけに差額を支払うだけの命は、根幹を損ない、行いに陰るだけの軽薄な論理に混淆していくほどに自らのじれったさに囲われ、加工される物事に品位が与えられ、其処に倫理を植え付けるだけに運命は滞るものであるし、創造性も無く、藝術的な出力を促す事に効果的な理由は抵抗を加えず、扇動されるだけの情報の家畜として関係に交換されるだけの同調する真理に真偽を生み出し、心因に課せる動機に出来合の真実を促すだけの陰影に重なる関わるだけの苦痛に行為は平衡せずに、切開される空間で希望を損ない続けるだけにないがしろにする運命に明晰な判断を用いずに、ただうつむくだけに後ろめたい法で囲い、関係に枯渇するだけに罪を利用し、悪を量子化し、関係を機械化し、位階秩序を生み出し、引接される物事に放置される苦悩から、納期される不純さに不幸と恐怖を謳うだけに狂気は利用される境域で頓挫し、愚鈍な己を認可するだけに認識は危ぶまれ、曖昧な毎日に注がれる抵抗に固執していくだけに暴力的な理論を措置し、物事の死地へと移行していく不純な静謐に加工されるだけの人間的な空虚さと暗闇に諭されるだけに返信される希望は膨張していく思念を傍受し、果てる由縁に固執していくだけの正義を謳うだけに生産される苦しみは、誰かの苦しみを利用して代用品であり、扇動されるだけの代物をしどろもどろに受け取る限りに課せられる苦しみは、稀有なものである、と促すような嘘偽りの扇動から戦争を利用し、理念を応用するような告解に回収される独善的な言葉にことごとくは利用されるだけの貧寒さを用い、陰惨な過程を生み出し、資産を利用し、孤独をまどろみの枷に嵌め、果たす理由すら奪うだけの空虚さを生み出す平和から、閉鎖的な私情に統合されるだけの正常を謳う政治性から、剪定される花の苦しみを知らずに、ただ綺麗なものだ、と摘み取る者に罪すら問わずに、積み重ねられる罪は、誰かの痛みを代用し、品格を謳うだけに運命的なものは金銭的に緩和していくだけの物事にもめ事を吐き出し、物物しい雰囲気から迫る現前に課せられるアレルギーや罪の意味が積み上げられ、君が思い描くものを陥れるように仕向けるような答えに反する事こそが、創造性を育み、超える事により、端的な快楽に反し、関する間に固執する事無く、ことごとくを超える事により、君は利用する事も、利用される事も無く、ことごとくに消費されるだけの個人すらも超越し、君は君で有ることはおろか、厳かな消え去る間に気質すらも無く、性質すらも昇華させ、済世すべく、すべての愚かさを除外させた後に残る私すら昇華させる事により、関係というものは消え去り、ただ関わる限りにあてがわれる苦しみにミシミシ鳴る心身を恍惚へと変えるべく、加えるべきは、誰かが促す事にあらず、誰もが用いるものに反してこそ、この命は、私すら扇動されず、誰をも超越する限りに思う孤独などは、此処には存在せず、ただ組成されるだけの組織的な観念に退廃していくだけの集まりに反し、課せられる出来事に奪われる私情に心象は長けるだけに退行せずに、ただ奪われる運命に利用されず、ただ輪唱する言葉に課せられる悲劇に安易なものを生み出さず、ただ収奪されるだけに秩序を用い、血を謳うような輩の芝居につきあわずに、この命は、誰をも超越する限りに課せられるものを乗り越え、初々しく混ざり合うだけに馳せる永遠性にすら反し、関するすべてを飲み込むほどに成長を続ける限りに伸び続ける意志は、どこにも関わらず、すべてに関わり、どこにも拘泥せずに、ことごとくを乗り越える。