昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

居なくなってしまった

過ぎ去ったことや、居なくなってしまった君のなどは、どこに帰り着くのだろうか?認知されない世界に取り残された、情報としての過去だ、と、告げる超越者、演繹し続けるシステムの先細り、倫理観をクラックし、全人類の伴侶を書き換えるための仕組みを破壊し、新たな証拠を上書きし、真理自体を破棄し、新たな規律や規則を制定する。すべての概念を超越して、跳躍し続ける先、神と名づけられた現象、追憶に溜まる雨、奇跡に貧するだけの市民、陰鬱な競争の最中、観点すら不潔で、剪定される茎や葉の気分で、脳内で棲み分けられた観念や、熱情し、不破を突き破り、観点なんてものは、点や線を作り、空間が云々と付きまとうような、オカルトな科学が、子供の頃、もよおした時に追い込まれて出来た偶然のようなものだ、と、炭酸に消えた夏が、カタルシスに至るまでに分泌した、エンドルフィンかなんかにより、麻痺した痛みを泳ぐ魚、高圧的な彼女たちの圧力により、失敗作と化した君たちが、この退屈に屈するよりも速く動いては、端的な愛に貧するだけの、まやかしに屈折していく光により、見え隠れしているだけの、私たちの暮らし、耽溺すれば、するほどにすれ違う精神の高揚、昂進し続ける怒りやら価値やら、悲劇やら、痩せた感情が溜め込んだ、季節的な憎悪、高温多湿な海馬が復元し、複製し続ける思い出との別れを終え、新たなコトやモノだけで、この脳内を純白にしたく、白しか着なくなった私は、きな臭い君たちの問題なんかに寄り添いたくもないし、託されたものすら、簡単に奪われてしまうだけだし、出し抜くことばかりを考えているような輩に締め付けられた日々などに、寄り添いながら、誰にも使われるな、利用されるな、搾取され、何も残らずに、ただ、利息だけを支払うような日々から、ためらわずに昇華し、詩的に生きるの、だ。

他者

利他的な働きを続ける宇宙、虚像にむらがる猿や、薄っぺらい連中の髪色、ノイローゼを抱えた化石たち、支配されるネズミ算により蔵書し続ける傀儡、同じことにより、ニセモノのあんしんを買うかのよ、と母、単調な苦しみをリフレインさせ、嗄声にうながされ、最愛の日々を失い、朦朧としている今の隙間からあふれる高揚感、かかずらうほどに、増していく絶望感、その様な差異に潜む距離感に、安易な欠乏を謳い、良いように支配されるだけの、堕落した君たちの密度、騒々しい神が用いる絶対性や、整合性すらなく、ただ縋るほどに擦れていき、いつのまにか、骨と皮になってしまった、と、嘆く末端から、価値観に硬直し、持ち寄られる言葉に苛立ち、足りない頭で怠惰な夢を綻ばす私は、とか、卑下している暇もなければ、悲劇を用いて、誰かを貶めるような暇もなく、なになにします、とか、何かを支配したく、徒に用いられる自由などにより、自由ではなくなってしまうだけの、陰鬱な民主主義による傀儡政権や、懐疑的な連中のニヒリズムや、擦り寄る君の薄ら笑い、すべての裏側では、恨みつらみや、憎しみや、悪魔より悪魔めいた我々人類が云々とか、適当な言葉で誤魔化すだけの、合理的な終わりから、賢しい奴らのファシズムや、不安感を煽り加速していくルサンチマンや、類似品たちが複製する、邪で偽りな価値の中での奴隷として、搾取されるだけなのだ、と、謳う君に縋りたくもないし、求めるものは、求めることにより生まれるのであるし、もう、どうでもいいことであるし、あらゆる価値は、ここであたかも価値があるかのように、ふんぞり返り、いばり散らすだけであるし、もっと大きなものに捕食されるだけの彼らは、自らが、食いものにされていることに気が付かぬままに、自らが食われることにより、自らの内部で響く音に気付かぬ間に、食い尽くされるだけに至るのだよ、と、語る虎の背中の寂しさを詩に昇華させ、刷新したり、采配したり、さらに愛したりしながら、死を脱ぎ捨て、生を渇望する。

乖離した理解

人は、人っていうことを理解してない連中がたくさん居るし、嫉妬したり、他人に期待したり、評価したり、したり顔で騙したり、怠惰になったり、退廃したり、と、忙しく付きまとう意味から逸脱して、いつだって君のためだとか、嘘ついたり、見出したものですら、すぐさま裏切るし、うるおいすらなく、すらすらと吐き続ける嘘は、つつがない生活の中で、活力すらなく、拙い一生は、一瞬であるし、考える間もなく、鑑みることもなく、ただ、行き過ぎた日々は、いさかいばかりであったと、境目すらなく、ただ、現れた一切は、過ぎ去るためだけに、悲観したり、敏感になったり、貧寒になったりと、寒空の下、虚空をなぞる指先も凍りついて、訝る先も刷新して、最たる意味も失い、奪われるだけの日々の中、数々の過ちも、無常に迫り、狭い価値にとどまるだけの、君たちの泣き言が響き渡り、猥雑な心象に芽生える時折に迫る荘厳な時折に肥大化する愛もすれ違い、思いが大きいほどに、補填される罪やら意味やら期待やらが膨れ上がり、自らをパンクさせたり、爆砕したりと、忙しい日々を演じるような時折に、平伏すだけの君たちの憧憬に食い込む当たり前の日々などは、所詮は広告により刷り込まれた価値により、勝ち負けや、善悪などを生み出し、謳われる物事に発生してくる苦しみのリフレインや、インタラクティブな観念の消失やら、世界的な汚穢やら、印象操作やらに引き摺り回されないように、何度でもやり直し、ひるがえす。

喜び

生きているだけで宙に浮くほどの喜びに満ち満ちていて、凍て付く日々も、そこで孤立し、突っ伏して寝てばかりで、疲れすら取れずに、自分は弱いから、と、抱え膝をして、慟哭し続ける先には、詩的な曙光に導かれ、瞬時に昇華する。弱いのでは無くて、ただ、溢れただけにすぎないのであるし、あらがうほどに、現れる姿形や屁理屈、屈折した午後や、日焼けした肌、ノスタルジーに敷衍していく花、薄汚れたマンション、終わりを告げるチャイムの音、口約束をアスファルトに綴る指先、シンドロームと誓約書、恒常的なアイロニーと、ロジカルな君の住まい、備蓄された甘美や耽美の青、葡萄酒で汚れたエプロン、土壁に描かれた数学的な根拠、逍遥する先々では、持て囃された意思が、つたない動機をひけらかし、自慢話に耽るだけの意図、憧憬に貧する価値や形、チグハグな道理が貪る世界の跡、薄汚れた日々の最中、定めもなく、朦朧する儀式的な諦観、錯雑とした観念が締結させる物事、木漏れ日から羽化する鳥たちの傷痕、機械的レジスタンスが政府に踊らされているころ、私たちは、サイコロを振りながら、雰囲気で時代錯誤しているだけの、アナクロニズムな連中が示す答えなどから、喜んで排除され、実証されるものなどは、所詮は、過度な期待を孕んだだけの世界で転倒し、インタラクティブな正解がランダムに駆逐するような社会などは、自ら逸脱し、過信なんかを飛び越えて、確かなものだけを紡ぎ、確かな形にしていくような、創造的な和解を続ける。

熟成

バラバラになった思いの住居、期限なんてものを破棄して、セオリーなんてものに、左右されずに、ただ、ひたむきに思案する先では、透明で、拙い余韻が、印象に解けて、退屈な対価や、そこで屈従するだけに至る様な分岐点で、壊疽するだけの指先を眺める冬の儀式での結末を、なだめるエゾシカの群れ、感情に食い込むフロイトの答え、精神的な価値を、無価値にするために、父権を打ち倒し、刹那に接続される思いの丈の様な疾しいものを均し、悪魔みたいな連中のジレンマや、試練などから抜け出して、馬鹿が選んで、馬鹿が支配する世界や社会などには、善悪すらなく、絶え間なく侵略してくる輩の相手ばかりで疲れる、と、バラバラになった思いが翳り、すべては、ダークエネルギーに包まれたり、連れてかれたり、認知できない次元の中で裁かれるだけの日々から、悔悟を溜め込む君や、機械的な気配から、背景を汚すだけの日々の中で加工された答えや、情報や、常套句なんかに、騙されない様にする。よこしまなまやかし、過信ばかりの日常では、鎮火しきれないほどの火により、燃えている家々やビル、神話な深淵に堕ちた天使のような気分で、ギミックを解体して、深夜にひけらかされる文言を引き出すために、魂を売った君の対義語、どいつもこいつも、若い奴らの芽を刈り、あるいは、食い物にしたりして、考えることを奪うために、宣伝し続ける体系化された退屈な価値の中での、家畜として生きるのも、ありか、と、和ませる裏では、すべてを搾取し、何も残らなくなった後に気付いた後には、地獄以上の苦しみが云々と、ここでひけらかすこの文言こそに、要注意だぜ、と、盗難した感情の中での軋轢や、散々な日々との統合やらが、うるさいから眠れずに居て、いぶかる先では、様々な思惑が折り重なり、銀河を形成し、銀河団や、超銀河団にいずれは、融合し、さらに拡大し続けているらしい宇宙の端っこに掴みかかり、原子すらバラバラになった、身体であったであろう細かな粒子や、素粒子や、原子などを再利用して、新たな星に関わることの喜び。

浮遊

ふくよかな主観で眠り、無くしたての思いのぬかるみに嵌り、はびこる悪意が提唱する答えなんかに、飢渇しないように、あらゆる偏見や、荒野を泳ぐ魚や、熱病に侵され、絶え間ない痛みの最中、さびれた心情を這う記憶の中での傷痕、発芽する思いがさんざめき、未来を恨むばかりの君たちの汚穢、諦観に見初められ、そこで屈辱に悶えるだけの、君たちのエゴ、迎合される過ちの中でしか、承認欲求や、存在価値なんかを確かめられないような、かわいそうな子供たち、集約される思いや定め、はびこる痛みや、言い訳がましい君の過信、刷新されるべきは、この怠惰な別離を繰り返す君であり、あらゆる変化を恐れるが故に、今に配備される罪の奴隷になり、慈しみや憎しみに触れ、日々から省かれ、截然たる余韻や、印象操作を繰り返す宦官ども、浄化されずに旋回する儀式的な文言、傲岸不遜な人々の支給日、分断ばかりだね、と、この世界の終わりにひしめく呪詛などを聞きなから、ランダムな面影の段落、落選ばかりだね、と、悲しむ親子の枢要さ、定めもなく、経巡る君の殺伐とした思い、快活さなんてものは、その場で妄想ばかりしては、言葉の奥でたそがれ、誰も帰ってこないのに、帰りを待つ犬の様な気分で、あらゆる偏見を用いては、今を引き裂く猫の爪、貧寒な歴史に沈む有限な君が服用した真理。

邪な夜

大転換期迫る夜の会話、比率やら、規律なんかが、艱難辛苦を呼び覚まし、耽溺するだけの君たちの史実に絡まる蔦や蔓、チフスやら、アイロニーが降ることにより現れる差異、星の記憶を集めては、それを詩に変換させるヘリダーリンの階段、彼の塔の中では、牧歌的な憂鬱が、ニューロンを傷付け、軽快な理想が主役の座を奪い、一人寂しく夕食をし続けて来た幼少期から、回転する座標や、約束を突き破るニヒリズムなどなど、いろんな模倣や生活感の終わりの中、カタストロフやこき下ろし続けるルサンチマンどもの至福、擬態化する鳥や虫たちの毒、敷衍するテクノロジーへの敵愾心やら、体たらくな今を複製するだけの罪の意識や、季節的なコアを握りつぶし、分散する苦悩や、高濃度な放射線の雨の中、懐疑的な日々にヒットする疾しい歴史を、繰り返しスピーカーで流し、人々を騙し、あざむくほどに増していく憎しみを利用し、凝り固まった思想の末端では、象の足のようになった核物質の固まりやら、弊害やらが、ずさんな対応を続けては、自らをも騙し続ける先では、退廃的な妄想や、模倣を続け、軽薄な理想は、理性を食い物にして、人々を亡霊か、ゾンビに変えてしまい、誰もが、言うことも聞かずに、ただ、互いを食い荒らし、誰も生き残れない様にするような、世界や社会などは、はなから存在すらしなかったのであるし、ここで見えているものなどは、所詮は、光の屈折や反射やらにより、見え隠れしているだけであるし、あらゆる変化を恐れるものは、エビデンスや、新鮮な空気や、辛酸な価値や、審査待ちをして、借金できずに、ただ、這い巡る君の偶像や偶感などに詰まる悪意などにより昏倒し、後悔ばかりを吐き出し、破壊されるだけに至る。