昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

日常

繁華街で煌めくドンキーのネオンと毒素、ちらばる裕福なナショナリズムの西日、紊乱な初期衝動を加速させるパンクミュージック、群像にとろけるニセモノの不良品たちのアニミズム、アニマと眠るユングの誇大妄想をひけらかすムード、朗誦される真実のどれもが、誰かや何かの奴隷である、と敷衍させるサックスの音、オッペンハイマーが破壊した島国の優しさ、火傷した母のぬくもりの抜け殻、ガラスを踏んだ少年の憤怒が思春期の絶え間ないリビドーに似ている、と惰性で取り組んだ犠牲的な正義により、抑圧されていた日々の衝動性がクシャミに変わる原野、焼け野原になった君の今日、狂言じみたロジックに招聘された君の罪のリミット、らんらんとした目で睨みつけることごとくの亡骸はがらんどう、ランドセルがガチャガチャ鳴り、放課後の楽器隊たちは、ゲームの世界に帰って行くのか、と何もない夕餉、皮肉によく似た季節が食い込み孕んだ愛に対比されるものなどはなくなり、どれもが似たようなものを意識下に散りばめたりしながら、メタファーに展示される遊侠や、やさぐれた真理が目覚めさせる究極の合体やらが、回転していく星座、塔の中に引きこもるヘルダーリンとの対話、受胎告知をくちずさむ聖母のような寂しさ、贖うどれもが、誰かの惰性なミルクのような味だ、とファンクで踊るアフロたちの諸行無常がなびき、空回りするバイクの音が消費され、やがて優しさも潰えたあたりから、また新たな優しさが生まれるための筆圧にだけ詩人とは存在できるのだ、と。

多角的な雪

永続する罪を踏み台にする連帯感、恒久的に生きる猫と戯れ、寄贈される面影などが制限もなく敷衍し、咽び泣く君の心情には、莫大な胃酸のようなものが降り注ぎ、単葉に乗り、何かを復元する宇宙の端くれでは、多角的な理由を再起動し、ろくでもない日々に落雷を落としたり、磊落に世界を愛たり、狂った頭で理不尽な日々を釣り上げたりしながら、悲惨なゲノムが攪拌され、やがて愛のようなものに眩暈したりして、卑屈な冬に震える彼女の朝が濃淡を失い、白痴な余罪がひけらかす散漫な動機などに手なずけられる前な、のめり込むものを見つけるべきだよ、と促す君の声も震えているし、増えるものばかりだし、惰性で生き抜いたことに与えられる証なんて不必要だし、すべては面倒ではあるが、何か関わることに拘ってばかりいるし、歪に収縮していく思い出と和解すらできないし、ただ若いだけではいけないよ、と促す奴こそ嫉妬に狂っているだけのルサンチマンであるし、求めることにこそ自由はあるとか、馬鹿げたことにカタルシスを求めるような奴らが席巻する今に悪意は底なしの様子であるし、用無しであるとか、有すれば闇に落ちるだとか、陥るほどに、程よく乖離して、理解の届かないところに堕ちてしまえるだとか、と謳うペシミストがストーンとしている合間にひれ伏すことなどしたくもないし、何もしたくもないことに従いたくもないし、屈折しているようで、そこまで歪んでいるわけでもないし、そこで隔てられるだけの日々の中で語られるものなどに、本質や真実なんてものはほとんどなくて、そこで補填されたり、補正されたりするものの中で縋るものなどに駆逐されるだけの異物感に耐えられないから、と簡単に消費される身体がフラクタルになりながら、馴れ合うことに違和感を感じるし、そこで膠着する君は、不自然な様子を抱え込んだまま、困難に立ち向かうことを辞めて、ただ不感症な今を怠惰なままに食しながら、ただ促されるものを否定し、自分の思うことすら批判的に乗り越える。

よそはよそうちはうち

まじで滅びが近づく現実、よろこび荒むニヒリストたちの憧憬、ドラスティックな連中が示唆するまがいものの神、ノスタルジーが引き寄せる退屈なバンダリズムや、リズミカルな焦土に座り込み、地団駄を踏む欲動の滓、この国を終わらせるための馬鹿げたシナリオの折々に潜む憎悪、終わりを生み出すことにより偽物の高揚感を生み出し、騙される人々の金が騙す奴らの懐に入るころには、金の価値なんてものは終わりを告げ、すさまじい圧力によりインフレを起こし、この悩ましく治らない病が引き起こした過ちにより、透過した皆の欲を貪る餓鬼を内側に買い続けていくほどに増していく欲の虜になる。真面目なものから敗残していくレースの行方、資本主義的な通り道で利己的に締結していく末路、浪費していく先々で切り刻まれていく瞬間を切り取り、理知なんてものはどこにもなくて、おどけたり、混濁する間から魂胆なんてものは、段々と損なわれ、底なし沼に引き込まれていく君たちの欲の配下になってしまわぬように、しまい込む意思がやがて飛躍するために抵抗し続け、どんな思い出もすぐさま捨ててしまい、ここで孕んだ決意がランダムに消費する世界から羽ばたき、焚き付けられた憎しみなんかに加担せずに、淡々と仕事をこなすために、平坦にしたり平衡を求めたり、と弛まずに続けることで増していく強度と麻痺していく思いの端々に現れるエターナルなものが携えたナショナリズムが肥大し、やがて誇大妄想を携え、ファシズムに移行し、世界を立て直すなどとうそぶく間に露見するものを蹴散らすために、研鑽し続けてきたのであるし、汚い革命に利用されるよりも速く逃げ去り、誰にも捕まえられぬように心の業火に薪をくべ、くたばる前にこの思いが隅々に浸透し、空想を右往左往したり、空腹を癒すために、複雑で幼稚な意味を携え、猜疑心に苦しんだりする前に悔い改めたり、と与えられた罪や意味や欲望に加担し、改めるだと促されるほどにためらいばかりが現れるし、バカにされ笑われても尚、継続する意思が刷新する今が教条主義を打ち砕き、与えられた意味の中でしか発揮しない答えなどの適当な意味に氾濫する答えが対価などを求め、手当たり次第に今を詰り、踏みにじる間に、真実とは、自らの意味の中で構築され、意思するよりも君に侵食し、君を操るために、ためらわずに裏切り続ける。

高揚

怠惰な論理をたずさえ、書き換えられた結末や、選ぶために現れる偶像や、数多の偶然が羽化し、何か確かなもののようなものを許容し、汎用されるものを愛でるためだけに対立を繰り返し、誰がなったとて、同じことの繰り返しを同じようにして、延々と反復する義務的なものが事務作業を行い、機械的に通り抜けていく曖昧さに肥大化していく意識的な憐れみや、季節的な忘我に食い込み斡旋されていく物事に混同していく儀式的な贖いや、争うほどに現れる苦しみなどを捕食する保守的な連中が示唆する支配的なコードがもたらす高揚感や、恒常的な憎しみのぬかるみに嵌り、はびこる悪意を搾取する現時点が促す愚かさを過剰に吸い込み、衰退していくだけに至るような歪な観念をねじ伏せるたむの闘争が繰り返され、そこで統制されるものが吐瀉するものなどは誰も片付けずに、ただ価値観の違いや勘違いなんかが関係を駆逐したりする間に循環したり、純化したりする間に縫合や包容を繰り返し、腐り切った世界との鎖を切り離し、ただのひとりで酷い苦痛を抱え、寝静まる先に現れる恐怖を許容し、僥倖などが降り注ぐ先へと結ばれていく。安易な時系列に萎む花、ことごとくの末路に遮られる顛末のエネミー、誕生したがゆえに、暗示され、曖昧なものを崇めては、いい気になっているだけの君の誇大妄想、エモーションを携え、リリカルに悲哀を紡ぎ、つたない一生ではあるが、その一瞬にこそ、すべては寛容になり、君や私を漁り、狡猾に昇華させる。

幸せの味

収斂する指先、編み込まれる世界の行方や、制限すらなく星と踊る日々、豊かなのは、ここで名前すら捨て、支配的なものから逸脱して、発信されるものから逃避し、通り雨に濡れても、強靭な足取りですべてを乗り越えるあたりから幸せのようなものがあふれ、形式的なものが謳うセオリーに反して、誰かを貶めるための普遍性を押し付けることにより、より良いものなどはそこで朽ちるだけに至るし、ただ浪費していく瞬間や、循環していく動機や、道理にみちびかれ、可憐に連動していく意識や、陰鬱な衝動に屠られ、死を他者から借りて、自らの死を超克するようなムードが与える値や、大差ないものなどをぶん別しながら、あたかも価値があるかのように示されたものを崇めているだけの日々から逃れ、快活に何かを見出すことだけが、確かなものを培うのだ、とこの正義により偏った世界から乖離し、理解すらも超越して、独善的な連中の馴れ合いにより濡れ衣を被せられ、性悪説を謳う保守的な奴らの市街戦を越えて、朗々と残虐な景色を詩的に捉え、手なずけられている途端に閉ざされた思いが膠着して、自由闊達にさんざめく風のような私は、すこしのことで押し流されたり、冷酷にすべてを捨てたり、踏みにじったり詰ったりもするが、すらすらと嘘ついたり、素朴なようで派手好きであったり、出会いと別れが加速して、世界を広げたり狭めたりもするが、それはありのままであったのであり、圧搾されたり、粗暴に改ざんされたりしながら、しなびた意識が義体化して、永遠に引き伸ばされた命が示す幸せなどは、所詮は幸せには似ても似つかないものである、と。

君が愛したもの

君が居ないと生きていけないと思っていたけど、君が居なくてもなんとなく生きていけるし、なんてこともない日々をつぶしては、ぶつくさ空につぶやいて、宇宙が破けて降る雨に濡れ、まことしやかに語られるものなどが押し付けるなぞなぞや、ままごとみたいな結婚に統合され、正常に変化するのだ、と政治的なプロパガンダを撒き散らす情報と憎悪により、社会とは成り立っているのかと、消費的な所以に反抗心などを携え、あたかも普通を語るような連中の鳩尾を蹴り上げ、吐き出される絵空事を浄化して、常用される獣たちの物語が今をコロコロと転がして、合算される間に結末は悠長な論理をたずさえ、哲学的な逍遥を続け、裕福なのは、ここで引き伸ばされるものを価値から尊び、昇華させるためのこのような事業的な痺れを攪拌させ、やがて現れる真理を崇めたり拝んだりせず、ただ現れるものは、羨んだり恨んだりすることもなく、ここで抑圧されることにより、よくあることのように騙る手法を超越し、誰の言うことも聞いてこなかった数十年を粉末にして、備蓄される罪の畜生のずさんなシンドロームにやられたりしないで、自分の内外で張り裂けていく悟性からこぼれる曙光をながめる。ぼんやりとした叙情を焚き付ける冬の終末論や、ふやけた論理が行きすぎた余韻をたずさえ、延々と野良のままに彷徨うありがたさにより、報復の繰り返しは止み、悔い改めるなど、と促すような胡散臭い連中に別れを告げる。大切なものの死は君を強くも弱くもさせるし、クヨクヨするな負けるな、とかうるさくて、くたばりぞこないだとか、そっけない合図や相槌がこだまする未熟な世界では、誰も正しくはなく、どんな良いことや悪いことをしたって、何も間違いではなく、どんな行いも、君をよくない方や、よい方なんかに導くわけもなく、朽ち果てるだけよ、とうなだれる君をそっと抱きしめるような夜空。たまには自分を抱きしめてやってくれよ、と。

瞬く間

データ化された真実のモヤモヤと、すべてをうやむやにし、過信や憎しみをばら撒くウイルスに支配された脳内が描く均一化などが示す値などが策略なんかを繰り返し、今にくたばるだけに至り、配られた事実なんかに寄り掛かり、共通の敵を探し出すウイルスに負けないために、じっと我慢し続け、ふざけた馴れ合いや、凝り固まったあいまいな今に背反し、尊ぶ今にも相反する私は利口ではないが、理想を絶えず追求し、逐一現れる物事に損得や尊厳などは求めずに、もともとあるものをそのままに受け取るわけでもないし、わけへだてなくとか歌えば歌うほどに、分断するわけであるし、あらゆる罪を配分するまでに至るような再配分や、さらなる支配を深めるための規律がコード化され、情報にばら撒かれ、すべてを上書きし、何が正しいのかを植え付け、少しでも反するものや、同調し、同化しない者を虐げるための声という声が反響し、はびこる善意により形成された軽薄なバビロンを保つための都合の良い言葉が、意味を形成し、すべてを邪推する私のジャスティスなどは、時代に追いつくことはなく、追い越すばかりで孤立もするが、孤独には慣れたし、馴れ合いなどが大嫌いであるが故に堅持し、誇示して来たものすら邪魔であるが故な、吸い尽くされる前に超脱し、脱力感でもって、この世と遊ぶ。過信ばかりの君が正す世界、ただ騙し合うだけの人々が触れ合う形式的なものから尊び、紊乱な景色に痛み入ります、と嘯きながら、つたない意識をカスタムするだけの時代的な錯誤や策略なんかには見向きもしないで、無感情なままに貸し付けられた意味につまずく君の疎ましい現実をもロマンチックなものに変えるために作り上げられ、制限を与えられたような世界を翻し、次々と変異するものにより擦り減った精神が壊れて、何も守れぬようなものから潰えて、得たものを懐に隠し、分け与えることもしないで、蓄え続けたものにより墜落し、どこにも神は居ない、と泣き叫ぶほどに、自分と神との間には懸隔が生まれる、と語るような輩に騙されずに、ずっと何も信じずに、適当に歌い上げたものが延々と響いて、自らを勘違いさせても尚、信じたいものが、信じられるように合点がいくまで、行き違いを繰り返し、いつか出会えるまで、と昔話を飛び越えて、今に帰り着く。