昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

除け者にされた獣

倫理的なカラスが飛び回る。吸収された力によりブヨブヨに太った政府や社会が転がり続ける。瓦解しない意思は強靭、あらゆる利便性で切り裂かれた大地に花を咲かせるための大雨により崩れ去った我が家をながめる悲しみを慰めるための手であるから故、誰かを殴ったり叩くためには備わったものではないし、肌の色や顔の色々が違うが遡ればひとつの記号であったのであり、考え方は違うが、誰もロジカルなカタストロフなんてものに身を委ねたくもないからこそ、ここで足を踏ん張り、誰の下にもつきたくないからこそ、跳ね除けてまで、こうして孤立無援を耐えているとかいう、耐えるというものを持ち出しているようでは、私もまだまだ未熟な者であるし、こうして卑下している暇もなければ、ここで命を燃やし尽くすために考えることに精進している囚人のようだね、と長閑なものからも遠ざかり、いつ散るかもわからぬこの生命をトリケラトプスか何かに乗り、あまり馴れ合わずに、なあなあに言葉も交わさずに、勘違いを屠りながら、ほとんどは即席な理由を持ち出し、今に意味を縛りつけては、非売品の日々で威張り散らすだけの連中を選んだ故の苦しみであることに気付かずに、ただ馴れ合うことに尽力し、仲間はずれにならないように、となあなあにむすばれた君との余罪なんかを日々消費するなんてウンザリだったから、君とはお別れして、世は情けだとかと嘯きながら、勝手気ままに歩き回り、誰にも捕まえられないようにトチ狂ったフリをして、理不尽な日々に消耗している君の小康状態にこそ、いつ崩れてしまうわからぬような危うさが隠れているが故、君を支えるべきは君自身であるから、君は君を大切にすべきだ、と当たり前の言葉を吐瀉しながら、土砂降りの宇宙をながめ、ここでの思想が豊かさを増し、独善的なものや偏りや、中庸すらも超越して、やがて穏やかなものに変わるまで、この頭は倫理を超過し、完全性を蹴飛ばし、仲直りなんかせず、悠長に引き伸ばされる所以なんかと並ぶことすらもなく、すらすらと嘘つき、毒吐き、あらゆる返済を無視して、自由自在であることすらも否定し、清々しく超越し続ける。

突き抜ける思い

音がない思い出を泳ぎ回る魚のような気分だ、と彼女のうつろな目から溢れる涙はダイヤモンドだから、必死にかき集めている継母たちの畜生道を歩く屈折した茶髪の子どもの暴力性や、ピアニカを吹きならす政治屋たち、喧騒ではドラマみたいな告白を続ける神を睨む少女や、腐敗臭ただよう街からの風により、ここまで鼻をつんざく饐えた香りが街の情報を伝える。あらゆる悲劇を透過させる夏の太陽、悲劇の軒下からあふるる愛の顛末、この終わりを吸い込む大きな肺、悲愁を描く怪訝な画家の横顔の青、傷口に染みる海水、機嫌の悪そうな木々が立ち並び、紊乱な世界を正そうとすればするほどに、すべてはずれて歪んでしまうのにもかかわらず、必死にこの世界を保とうすればするほどに、廃れていくだけなのに、君たちの歪んだ正義によりがんじがらめになる世界は、誰かを標的にしてまで、自分たちの痛みを解消しようと目論む用途、ルサンチマンを加速してまで、この終わらない憎しみを加速させ、意思に枷を嵌め、世界性を狭め、制約をそこかしこに与え、あてがわれた罪を重複して、そこで服従するだけに至るような複製品として生きることを辞めて、逸脱し続ける先に現れる光り輝くものをこの手に掴むまで、ただひたすらに飛び越え続けることにより怯えを捨て、そこで与えられる影響により、強要されることもなく、また自分こそが正しいなどと思うことの誤りから抜け出し、自由に行き来する意思が歪な観念を超越し、自らの意思だけで忌々しいものを蹴散らす。

すぐさま昇華

ずっとこのままってわけにはいかないが、ここでこうして、じっとして、実体すらもわからなくなるまで理解したり、または懐疑的になり乖離したり、はたまた理解したフリをして、誰彼構わず騙したら煽ったりする連中と体当たりしたり、無視したりしながら、見たくないものに蓋をしたりもするし、せっかくの命を大事にできなかったり、出会ったり別れたりを繰り返して、この宇宙もひろがり続けているのであるし、あらがったりまた会ったり、まったりとしながら、沼にハマったり、甘ったるい日々もあいまいに過ぎたり、会いたくないから誰にも会わなかったり、会いたいのに、会いたいとは言えずに相対したり、当たり前のように過ぎ去る日々と意味の間には、このような凡庸な問いと答えがいとまなく綴られ、つたない君の今にも笑みがこぼれたり、おぼこく泣いたり、くぼんだり萎んだりしながら、萎びた今にも愛が芽生えて、また咲いたり、ままならない今でも、何か確かなものが現れ、ああこの愛でしか今とは形成されないのか、と思っていた矢先に、その愛は脆くも崩れ去る時もあるだろうし、その時という概念すら飛び越えるようなものが現れたりもするだろうし、姿形あるものには終わりがあるだろうし、終わった先には、また始まりがあるかもしれない。あらゆる日々はゆりかごに乗り、子どもなままの自分を絶え間なく揺らし、誘導されることなく、自分の中での静謐に帰る。あらゆる静寂により、ゆれることすら忘れた瞬間は、自らの死をも乗り越え、すべてを確かなものに変え、終わりよければ全てよしではないが、ほとんどはよいよりのよいであるし、この命が忙しく尽き果てようが、ゆらりとゆらいで誰にも捕まえられずに逃げようが、その場で閉じこもり、そこで苦しんでいようが、いよいよそのままで良いと告げるような勇ましさが降る夜には、すべては許され、すべては過去になるだけであるし、すべては変わり続けるだけであるし、その場でそのままなんてものは、ほとんどはありえないのである。

未熟な交換

物事を研鑽し、物理的な死を昇華させるための詩篇が降る夜、残虐な仲人が泣く和毛の丘、訴求されるものが捻出する理念、利権の構造を駆逐しても、新たな欲と力が権力を絶えず生み出しハミングする。流布する感情がチクチク痛いの、とタートルネックに苦しむ敏感肌の神、風雨にさらされた寝ぐら、ぐらつく予感やら、蓄積する苦悩やらに飢渇する民衆たちの憎悪の吹き溜まり、死しても尚、疾患に苦しむ機械的な羽虫、行政的な器官が飲み込む胃、あいまいなポストに投函される手紙などなどを吸い込んだ腸、土塊で出来た君に似た何かを愛で、結婚するまでに至る儀式的な供儀として選ばれた動植物たちの御霊、関与すればするほどに疎ましくもあるが、あらゆる法からすり抜けた途端、私たちは、轍から離れ、ひとり寂しい道を進み、意識を拡大し、意味を蹴散らし、我儘に進む。道具みたいな過去から引き上げられる思い出や面影、関連する物事から統合される意識的な終わりや、汚穢にたむろする季節的なものの記憶、遅れた感情を引き剥がす。はびこる悪意が反響し、数多の苦しみが紀元前から運ばれて、この箱庭から抜け出すために宇宙の言葉を話して、猥雑な心情に帰結していく意味合いが観点を屠り、豊穣の神と語り合い、ただ生きていれば良いわけではないが、ただ食えるものがいつも食えれば幸せなどを騙る必要もないのか、と無ければ無いで、この命は色々なものにふたたび輝きを授けるだろうし、ただ流浪し、老幼になごむ瞬間には、漂うことだけが心地よく、どこに居ても孤独ではあるが、その孤独を愛さない限りは、愛するということに捕獲され、意味を補完しては、いびつな自己愛により枯渇し、ただ求めるだけのケモノになるのだ、と妥当な言葉を多頭飼いするタナトスや、たいそうなものを謳う義務的なものに適応するために迎合されたものを崇めるだけの惰性な君が日々を崇めるほどに、日々は退屈なものになり、快活さを失い、今に滅ぼされるだけに至るし、陰鬱な証拠を引きずるだけの行動論理に引き込まれていく先で行方不明になり、担う意思などにより、似合わぬものを掲げては、陰る意識に陽が当たる場所までひたすら走り続ける姿の美しさ。

桎梏

はじける時系列、君の起源の青と白、阿片窟の番人たち、このどうにもならない気持ちの節、短絡的な同化により強固になる意思が告げる政治的な偶像や妄想が生み出す空疎な空白、迫害を受けた、と罪をかいかぶり、自らを卑下するモンスター、あなたの願いはいつでも叶う、と嘯く健気な彼女の喉元、可能世界の中で位置付けされては、存在を又借りし、借用書に嘘の名前を書きまくる狐、言い訳がましい彼氏と、忌々しい神々、あらゆる偏見と、自由自在な意識、軽蔑されるべきは、差別されたいと願うような攻撃的な連中であり、誰彼構わず敵視し、自らの劣等感を復古させ、今に落とし込む恨みつらみを、誰彼構わずにぶつけ、権利を主張し、原理を見失い、理由を見つけるために漁り続けるネットワークでの少しの過ちを敷衍させ、全世界に憎悪を撒き散らすウイルスたる君の記号や安易な欠如や、欠落していく命や、制限されるだけの歪な生死や、幼いだけの精神や成否なんかを巻き込んだ生命にショットガンをお見舞いする君の未来を嫌いになんかなりたくもないし、正義を押し付け、君を抑圧したくもないし、よくある日々での、よくある出来事なんてものには中指を立て続けているし、本音や建前や家族がなんだとがんじからめになって担う意味なんてものは、クソの役にも立たないし、敬うよりも有耶無耶にするような政府がちんぷんかんなセリフを台本通りにしか読めないような道化師ばかりだし、導火線に火をつけた君の迎合されるためのエゴも大嫌いだし、大体のこの方、大嫌いなままであるし、好きになったことは書き換え、描き直し紡ぐぐらいだし、人なんてものよりも猫や犬のが好きだし、誰が何を言ったかなんてすぐさま忘れてしまうし、次々と押し寄せるだけの情報は退屈に割って入り込み、過ぎ去れば、消去されるだけであるし、窮屈なままである日々は簡単に還元され、金で解決されることを待ち侘びているだけであるし、世界を愛し始めた途端に、世界とは他者により簡単に破壊されてしまうだけではあるが、それでも愛することを諦めぬあなたも、所詮はせまる死に狂乱し、愛なんてものは、まやかしであった、と項垂れるだけである。f:id:jibmfmm:20210720062813j:image

簡単な勝利

甘い言葉が横行し、あいまいな今にままならぬ私情がランダムに降り続き、機械的アナグラムが政府に打倒し、多頭飼いされた意識の翅をもぐ青春の毛色や回路が浪費していく結末から逸脱し、訝る先では言い訳がましく迫る緩慢な理由が健全なものを謳いながら、短絡的な支配を続けるためにためらわずに語られるものが、当たり前のように信じさせられる教育から解き放たれ、自分で自由に学ぶために重要なことをかいつばみ、簡単に答えになど消耗されぬように、たんたんと答えを翻しては、悲観しないように期待しないように、と促す退屈な世界に摩耗されず、弁明すらしないであたふたしながら、しなびた意識を儀式的に甦らしたりする幼い精神の鱗粉などが降り注ぎ、ミメシスの海の中、似たようなものを探す恋人たちの顛末、点滅する理由に誘われる夏の虫たち、火膨れした肌の透明な山や、躍動する瞬間に循環する喜び、ビニール傘の上で踊るカサカサの人々、シュレーディンガーの猫が語りかける猫の生死、生産的なだけの君の適応性から宇宙の端までの距離、足枷を外し、甘い愛へと帰還した後先に常々たまるあいまいな時間、漂う意識は絵みたいだ、とうなだれた君の首から現れる虹、人工的な白夜を泳ぐカラスの大愚により、この世界とは終わるらしい、と嘯く実験台のネズミの白い毛を撫でて終わる日々です、とデスクワークを捨て、ノスタルジーな今に帰路を結び、無数の時間軸を切り落とし、その場にとどまることの実験を繰り返し、退屈な日々が体系化する前に、価値観を屠り、勘違いしないように生きるのだ。

進撃

どこにも正しさなどは存在すらせず、思想なんてハナから生きてすらなく、自らの偏りにより圧死し、真実や真理なんてものは、クソの役にも立たない。ムカっ腹を抑えるために吐き続ける陰口、たちまちは苛立ちに消費され、証拠も残さずに消え去る。意識の最北端に住まい、起源などを蝕み歩く。侵食してくる宇宙の黒、くたびれた花束を抱えた老人の過去、度重ねる苦しみを繰り返し輪唱する彼女の感じ易さにたやすく消費される衝動が食欲や性欲に変わり、正気を損ない見続ける画面の先には現実のようなものが底無しに引き取る欲の住処に、過信し続ける先には妄りにむさぼる無意味さに饑餓するだけなのに、彼らは彼らのよろこびのためだけに働きを加えては、わずらわしい今を凡庸に消費することでしか、自らを飛び越えられずにいる。キャピタリズムに吸い込まれていくカラクリに、支配されないともがけばもがくほどに堕ちいていく穴、あらゆる偏見や差別を追い抜こうとすればするほどに飲み込まれていく意思の疾患、かかずらうほどに粘り気を増していき、関わるほどに煩わしさが際立つ。堕落した印象が溶け込む部屋、吐血した情熱が寝転ぶ布団、自らの死を忘れ去ることにより恐怖が消え去り、横たわる自分を見ることすらできないのだから、自らの死とは、考える必要がないと結論付けることにより超越できるのであり、この世から消えることなどは、答えを知ろうとすることこそが愚かな考えてあり、そのような答えが導くニヒリズムやペシミズムに騙されずに強靭に生きる、と語るほどの狂気さを抱え、浮世離れしていく。この世とは既に浮いており腐敗し、死滅しているのであり、ひかりが見せる色の楽園すら、屈折したものを折り畳み、闇に返せば、この世界には色などないものだ、と語るダークマターの孤独、空間を切り裂くための刃をたずさえた腕を振り回し、この世の軋轢を解いていくことにより生まれる自我、誰でもない何かになりたいらしい君が虐げられた歴史なんかを教科書で読んで、ひけらかされる物事に統合される前に形式的なものを捨て去り昇華する。