昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

祝福

誰かに責任転嫁してまで恨んだフリをして、向き不向きや不運などを謳う悲劇のヒロインたちが吹聴するものにより、本質すらも見えなくなって、無くしたものや、泣く泣く手放したものや、亡骸を集めて大きくなっただけのものや、もたらされるものによりあたかも自分が大きくなったのだ、と勘違いさせるための過ちや誤りなどが、閉鎖的なものを生み出し、誰かを平気に騙したりして、平均点などを謳い、君を即座に締め付けたりして、支配的な過ちを横柄に持ち出し、打開するためだ、と君を簡単に騙したりして、たがいちがいになる意識は、儀式的なものに利用され、理性もなく咎めたり責めたりする間に、枢要なものすら損なわれ、そこで位置付けられるものに居心地悪そうにして、歪な観念がもたらす憎しみなんかを加速させ、意識に枷を嵌め、刃向かい世界性を狭めたりしながら、萎びた意識が干からびて、陽の光すら見えなくなって、孤独感を媒介させ、倍々ゲームと膨れ上がるルサンチマンが、やがて世界自体を破滅に追いやろうとせめぎ合う先では、誰も幸せな者は居らず、もたらされる苦しみがすぐさま苦しみを生み出し、惰性に蓄積される意味合いが歪になり、陰鬱な逍遥を繰り返し、理不尽な世界を恨んでばかりで、占うものに贖うばかりで、罵声を浴びせ、あたかも勝った気で居て、内気に反映させるものが、ことごとくを透過して、あたかも世界は自分のことだけに擦り寄り理解をもたらすべきだ、という独りよがりな考えが用いる独善的な思考を打ち砕くべく、物事の是非は、そこら中に起因などをばら撒き、今を生きにくくさせている自分を恨むように、世界を恨むことに同意や同調や、同情などが巻き込み、自らを動きにくくさせているだけであり、誰かを救おうとすればするほどに、犠牲ばかりが生まれ、少ない犠牲を放置すればするほどに、次々と別なところで犠牲が生まれ、規制すればするほどに、犠牲ばかりがもたらされ、用いられる答えなどに騙され、対価などを謳い、対岸の火にすら飛び込み、自らの業火のような憎悪を敷衍させ、世界自体を悪だ、と促すような思春期の回路を直すために、この手はあるのだ、と。

青春の顔

軽薄な詩により育つ文学と革命、落伍者たちが降らす薬理作用や、利便性を司る電車の中の吊革、過激な理想が食い込んだ現代アートのような彼女、貪婪な粒子を吸い込んで、混濁した意識は魂胆を損ない、行いの中で怯えることしかできない君の末路や、瞬く間に復元され、複製され利用されるだけの季節の尺度、夜に逃げられてしまい、もう二度と会えない、と語る彼女が住まうパノプティコン、死んだ自律神経を集めて再生しようと目論む彼女の母親、涅槃までズッポリと嵌まり込んでしまった足にまとわりつく蓮や、何になりたいかもわからないような君たちの真理に基づくエゴが交差し、意思すら倒錯する間に、しあわせとは、誰かを傷つけるだけの道具や偶像に変わり、偶然でしか愛せないような身体から乖離して、理解なんかを超越したあたりから臨界爆発して、放射線を撒き散らすあたりから倫理観なんかは死滅したのだよ、と促す歪んだ理想が掃除する日々なんかに翳りばかりが現れ、眼前に現れる苦悩や、数多の苦痛なんかを超越し、自らの判断だけで、知らず知らずのうちにこんな所にまでたどり着いたのか、と加算されるだけの幼稚で容易な真実にもつれるだけの日々が厭わしく、煩わしい意思を虐げる互いの位置から意味は襤褸に変わり、関わるほどに傷つけることしかできないような今から細分化し、分裂していく先々で新たな意味を形成し、人類的なものから釈放され、もたらされた罪なんかに誘われないで、ないがしろにされた意味を掻い摘みながら、みずみずしい朝を吸い上げ、立派な花を咲かせるために搾取することもなく、枯淡になびく永劫が、あたかもそこで引き伸ばされている間に、愛は復元され、互いの愛を保つために、そこでの愛を敷衍させ、新たな愛を用い、さらなる意味を引き出すためだけに、この命と和解し、どんなことがあろうとも、愛したいという希望だけで、私たちは生きたり生かされたりするという枷を自らの手で引き千切り、誰の言うことも聞かないように、誰かの企みに騙されないように、誰かの目的に乗らないように、と。

所詮は愛の奴隷

試験管の中で踊る彼女たちの虚空、便宜的なもの吐き出す猿たちの思春期、あらゆる制限を持ち込んだ揺り籠、たゆたう月日にもたらされる苦しみの儚さに夢うつつな私のアイロニーのぬかるみに嵌る私自身の衝動性により反転する世界のコード、イグアナたちがもたつく木の上での世界線を書き換え、課せられた罪などを取り払い、現れる理由には離反を繰り返し、加算される原理がゲリラ化し、独占される意味の中でカタルシスを求める企業的な人々の瑕疵、石楠花を摘む指先に溜まる真理がこぼれ、ガーゼシャツで踊るパンクスたちの目の輝きや、星が落ちて生命が誕生したように、何事も堕ちることにより、より光り輝くものがあるのだよ、とヘイトを溜め込んだ赤い目したケモノたちが泳ぐ血の池、あらゆる偏執にむしばまれた空間で磔にされた神の災いにより、ウイルスが蔓延しているとか、と何かや誰かに責任転嫁し、その罪を解消してやろうなどというやり方を示し続けた正解や正義を乗り越え、分け隔てるや、分け与えるなど、と強制的に話す連中の終末論や革命なんかに耳を傾けずに、君は気ままに君であることを謳歌し、私は私であることを喜び叫ぶだろうし、花は咲き誇るし、勝手に散るし、いつもそこに居るようで、誰もそこには居ないし、労ることも忘れ、痛めつけるばかりであるし、良いところを見つけられずに、気付けば睨みつけ憎んでばかりいる。デタラメなデータを寄せ集め、世界を形成しているのであるし、あらゆる正解とは、物事を決めつけ、判断を鈍らせ麻痺させるために言いくるめるだけの答えに支配され、真実を見失ってばかりいる。

和む隙間

愉快な定めに酩酊する毎日、頓挫して、いたんだ足を引きずり眺める永遠、はじまりの数字に投げかける言葉のはじまりに交わるはじまりとは、どこか?と投げかける子供のような気分さ、と諭す原理の奥底でふつふつと煮える私が座る仏間で食べるバタートーストや、銀行口座に埋め込まれた命、破砕した感情をつなぎ合わせるための洗脳、茶の欲深さにより靡く紅葉、号哭する渡鳥や、炭酸を泳ぐ少女、胆嚢で磔にされたロン毛、そのようなものの集合体が神の正体である、と語る私の災いも卑猥になるような日々、君の祈りはどこにも届かず、目覚める人間も居ない。でも、そのような日々であろうと、継続していくものや、物語や言葉や文字などを超えて、軽薄な理想をたずさえ、強迫的に迫る思想に踏み躙られる前に、不死身であるこの存在の不確かさを反響させるミニマルな空間たる母体の中で加速して来た意味と意識が孕んだランダムな世界、正式なものすら、どこかでなじられ、不満ばかりをばらまく悪影響を与える、と謳う性悪説の信奉者どもがうろつく孤独な夜、孤立した観念から生える気配が永遠性をたずさえ、世紀的なものを超えて、既製品にまみれた夢を蹴破り、高揚する刹那、能動的な公共を裏切る。生きた心地もしないが、ここではないどこかでは、誰かもわからぬ余白や余波から現れることごとくの容易なものがあつらえる武器やらが迫る。公然では、平然と賄賂が手渡され、手旗信号で会話するドラスティックな老人やらが吐く唾により、新たな闇が生まれるのだ、と理念がないから批判するだけしか能がないような男たちが否定する女性像とは、自身のコンプレックスみたいだ、と語る精神科医たちの悪路を整地し、犠牲的な神がもだえる誇大妄想に擦り寄る景色や化身やらが欺す今にも欺かれないで、反くままに至る現在には、今ここすら心地悪いから、次々迫る今を蹴散らし、自由気ままに闊歩する。

浄化

記憶の奥底に生えたキノコをバクバクと食べながら、ランダムに消費されていく現実を睨む、ゲノムがうんぬん、とクリミナルな科学者たちが実験台として送り込まれる動物たちの確実な憎悪の雨が降り続き、機械的な悪魔たちが倫理観などを促し、治外法権と化したカスタムされた地球、低気圧により締め付けられる大脳やら、書き換えられた海馬を取り外すためのロボトミー手術や、従属するほどに増していく観念論的な憎しみが加速し、改善されない思いがショットガンで撃たれた昨日から、攪拌された革命が芽生え、延々と憎悪の花を咲かせるための悪趣味な搾取が永続する。不機嫌そうな挿入歌で目覚めた君のデータも喪失して、不完全であるからこそ、完全などは目指さずに、指図されずに、あれこれ無視して、酷薄な日々ではあるし、薄給に精神蝕まれ、日に日に迫る恐怖に駆逐される前に、自由とは、なんであるかを知るために、背き、誹り、仰ぐような描写に止まらずに、急ぎすぎたり、動きすぎたりせずに、ダラダラしながら、ただでは終わらぬ、と爛々としながら、意気揚々と生きたいではないか、と蔑ろにした瞬間を蔑むような連中と和解しながら、着膨れした君の過信から溢れる論理や、利己的な固定観念が捻出する差異や、最愛なる者すら死滅した後に芽生える愛に似たような憎しみが染み入る現時点から加速して、懐疑的な日々に迫る背徳感や、偽物の正義感が打ち出す金銭の要求や、コギトを破壊して、エゴイストとして生きて、ニヒリズムを加速させ、この宇宙を一切の無に帰するよりも、考えられることのすべては、可能なものであり、可能性を遮断させるための言葉や文字に騙されないように、君の内側に氾濫する意識的な汚穢により、汚されないように、と願うよりも速く、この生命とは破滅に向かうよりも、解放へと導かれる的な宗教的な語感に騙されないように、あらゆる律儀な証拠とは、そこかしこで照合され、あらゆる罪を複製しながら、自分の都合の良いように誰かや何かを消費して、そこで飲み込まれていくだけの歪な日々の中で制限を生み出し、奪い合うだけの日々の中で不買運動なんかを謳うような輩が示す尺度には、クソ喰らえ、と告げて、私の尺度を勝手に決め腐るな、と詰りながら、勝手に和んだり、ナヨナヨしたり、夜な夜な睨みつける空腹や空疎なんかにチクチク痛みつけられてたまるか、と体制に媚びへつらいながら、コピペするだけの日々か、と砕け散った日常を寄せ集め、あたかも正しいもののように崇めるあたりから、意思とは混濁し、魂胆を失い、根本から腐るのであり、あらゆる快晴を奪うようなものなどのどれもが不必要であり、強請るだけの価値などのどれもが、私の考えを掻き乱し、勝手なことを言うばかりである、と勘違いさせるようなことばかりであるから、たまには耳も目も塞ぎ、ウサギみたいにぴょんぴょんと勝手気ままに跳ねるべきである。

未熟

今も昔も世界というものは薄気味悪く、君が語る普遍性などが決め込む正解などというものが、途端に雪崩れ込んできて、世界とは瞬時に住みにくくなるし、情報や、誰かの欲しいものリストや、理性もない猿や、くたびれた朝や、懈怠する理由や、乖離した明日などが、陳腐なパレードを行い、理不尽に妨げられた昨日から葬られた過去の自分などは、もうすでに、その場での死者に変わる云々と、自堕落な畏怖がせめぎ合う理由の中で過信しているものに蝕まれ、無知が故に苦しむばかりの君の季語や悔悟などが瞬き、全くは間違いばかりを報じ、慮ることを辞めてしまい、即座に配備される陰気なシステムなどに頓挫していくだけの残り滓を集めて、なんとか生き長らえているだけなのだ、と惰性なアニミズムが生み出した自然という神の下で埋葬されるのだ、と三枚おろしにされた魚たちの亡霊が語るうわごとに乗り、ローム層や、完治しない苦悩や、空間把握能力を破壊する悪魔や、角膜に入り込む背徳心や悪い虫などが、慢心を食い散らし、ラストシーンでさんざめく本質を損なったが故の疎外感などは、思春期にもう置いてきたし、もう若くもない身体が引き取る叡智などと踊り、運すらも潰えた後に続くものとは、女々しく汚い欲か、と促す輩が排除した人物事などが混ざり合い、誇大妄想やルサンチマンルシフェルや、窮屈な世界や、聖杯や成敗などが謳う正義こそが、姑息な悪意を生む、と畜生や外道どもの合同結婚式の最中、定めなんかを用いて人を騙す獣たちの白無垢やら、ウェディングドレスや、奴隷化したあの人やらが発掘する幸せなどは、割引がきくような幸せの中でしか安寧を発明できないから、ほんとうの幸せを見つけられない、と語る幸せとはなんだ?と考えることを諦めてるから、語られている幸せを幸せとして崇めたりなんかして、意思に枷を嵌め、世界の中に閉じこもることしかできないでいるの、だ。

軽薄な衝動

生産的な朝に採算を合わせる人々のエゴが備蓄したものを少しづつつまみながら延命する日々、迎合するものに加担し、簡単な道理を謳うだけの連中が示す無神経な尺度や秩序がチクチクと痛む身体、ランダムな意味と絡まる記号と刹那、デリカシーもなく迫る窮屈な君が孕む曖昧な愛が膣の中でデリートされ、散々な現状を充填するための君の悲しみに詰め寄る余韻が陰鬱な焦土を生み出し、憚る罪が供血され、持て余す今により抑圧される君の中で責任なんかが現れ、もやもやとする心の中にもたらされる意味とは、所詮は今をだましだましに消費させるための正しさなどを押し付け、形式的なものが及ぼすものを擁護し、自らの保身のためだけに動く私利私欲などが初期化する忌々しい現実、相互互換的な関連性の中での恋愛などが果たす義務についてを述べる饒舌な節度、説明書を燃やして何も分からぬままに啜る激動と雨、損傷した贖いやらが狭める擁立されるだけの歪な真理、求め合うほどにへりくだる私の強度、有象無象なものがうろつく落伍者たちの街、怠慢な日々に運ばれる僅かな栄養だけで生活を送ることを幸せなことのように崇めているようでは、自分を眺めるばかりであり、他者のように感じられてしまう自分との均衡が保てずに自分を放棄して、乖離するままに通り雨に打たれ、奪われるだけの日々が挫折感を蓄え、整合性や正論が迫る刹那に接続される観念が捻出される今から跳躍して、何の約束も守らずに、瞬く間に消費される日々に蔓延るものを登りながら、誰も見たことがないものを見たいだけなのである。