時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

貧寒なもの

余りあるものを氾濫させ、物陰に腰掛けては、軽蔑し続ける先先に定理を生み出し、感応するすべてに自堕落な思いを重ね、計画的なものが前衛的にからまり、貧寒な時代に迫る窮屈な思いも、惜別を重ね、愚弄に至り、陰鬱な衝動に注がれる可憐さに浄土は燃やされている。変声期をたずさえ、永遠の獅子として背く限りに諦観は感染せず、普遍的なゲームに参加せずに、参画するだけにただれる思いに照合されるだけの痛みに震えるだけの冬景色に軽視する理由や、煩わしい動機が虐げる間に心象は凍り付き、喪心し続ける感傷的な内面での議論を終え、横溢する言葉に反し、関する間に感謝なども無く、ただ用いられる事柄に延延と反し続ける辺りに期待感だけが、希望と共に永久を壊し、恒久的な束縛から放たれ、時は金を生まず、時を思うと欺瞞が生まれ、不満足を歌い、融解していく状態に回答などを用い、答えを窃盗するだけに先天的な苦悩を設置し、暗鬱な商売へと移行していく本質などに濁される限りに真実とは、用いられる言葉に邪魔され、用いられる苦しみに回答を求めるだけに元元の観念を奪われ、感性を消費し、輝くべき今に状態を膠着させ、行動を束縛し、騒然としていく意識は、白々しくまとう値に暗澹とした意識に殺到していき形式に察知すべき本質も、真実をうやむやにし、求められるだけに鍵を無くし、恋するほどに理由を無くし、ただ白紙の状態に書き付ける思いを嗅ぎつけ、ただ悲惨な状態に編み込まれる理由があべこべに交錯し、心ない言葉をこぼす場面から、鎮火しない業火を内面に宿し、静謐さを燃やし尽くす間から憎悪はひたすら科学的根拠を消し去り、些細な事を神秘で染め、真理をうながす間に息吹く関係だけが、真理すらも超越し、何事も、何をも考えぬ間に超自然的か、はたまた宇宙の進路に逆算される正義などを発散し、それをハッキングする間柄に鋭角な病理が迫り、晴天を突き抜けるような粘ついた愛がエンディングを誘い、最たる愛も、苛むだけに至り、いぶかるこころは、横溢するオントロジーを腐敗させるようなイデオロギーが心象をいたずらに消費し、折檻し続ける間に用いられる厳正された言葉も攪拌され、廃棄にされるだけに至る思いが明け暮れる暗鬱さに商売的な毒素を吐き出し、破壊的に受理される間に消耗していく本質も、ほとんど誰かの言葉を借り、読む文字に膠着しては、書物に反さずに、ただ格納された言葉を武器として、誰かを脅すだけに至るのだ、と語るニーチェとの孤独な対話を終え、読み聞く事を辞め、ただ自ら考える辺りに神すら居なくて、ただ割合に潜む猥雑な過程に貧寒な理由が契合を重ね、傀儡を化する間に消耗していく思いも、ほとんど動機を加算されるだけに誰もが宿す真実も躍動せずに、膠着するだけに退嬰的に至り、怠惰な問題に加速していく状態に捕食されるだけの軽い身体を用い、誰をも受け入れる性的撲殺から、淘汰される身体が穴という穴に真理を埋め込むかのように受け入れる事に置かれる高揚感に悲惨な状態に虚ける闇に縫合される他者を介し、快楽に貧する身体に置かれる自らの軽さに宿すべき革命も、他者を牛耳り、他者を苦しめるだけに酩酊を重ね、自らの変革は、自らの水かさを増すだけに至るような強固な痛みに感覚は損なわれ、内向的な廃墟にたずさえる曖昧なエゴから、枯渇していく同期を施す他者との快楽的な相互関係から、退廃していく互いを結ぶマテリアルとして、リアリズムを喪失し、論争を続ける愚鈍な内心に破裂する言葉が氾濫し、攪拌される身体は、配される間に排斥される言葉を化膿させ、懐古をたずさえ、回答を求めるだけに快諾すべき愛も、対価を求め、互いの情報に麻痺し、能動的な死へと偏執していく思想と、生じる由縁にほどけぬ思いを確執に変え、ただ軽い身体は、通わす部位を憎悪し、排斥される間にほしがるだけの構造に陥る事を愛や契約済みの恋だのに押しつける思いも、ただ貧寒な自己を逍遙させる事への恐怖に震え、俯瞰に迫る感覚に軟弱な思いを措置し、葬られる後先に宛先を用い、自らの惰性さに整容される事柄すら延延と冤罪を重ね、状態に強固な思いを用いずに、相似するだけの思いが唾棄する瞬間に生じる思いも、横暴な支配に打ち付けられた生け贄として磔にされる自己をこころの中で傍観し、処刑を見ては、それを快楽に思うような衆愚との至福を重ねるだけに自らとは、投影される物事から最も離れ、反する間に用いられる事柄に往復する状態に複製される真実に濁される感覚に生じて行く痛みが瀰漫し、快活な動機を喪失し、ただ遊蕩な事実に世界性を奪われ、平和を祈るほどに、卑賤な価値を生み出し、起算されるだけの価値にカタストロフを用い、ロストする真実に応じるだけの金だけが、幸せにするらしい。