時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

青々とした物語

用いるすべてが優しく包む。無我夢中で追いかける真理も絶対的なものを失い、蕭然と長ける思いが、かじかむ世界の悪路をとぼとぼ歩き、蝕む静謐に予言を重ね、未熟な正論を投げかけ、加算される言動に侵蝕していく陰りが、疲憊を生み、よどむ今から渇望を誘い、葛藤する現在に貧賤な価値が迫り、バイオリズムを奪い、漠然と迫る不安から、精神的な契合を促すジレンマから、はみ出す世界にこじれる現在に迫る思いも、影を抱え、関する慈愛に導かれずに、可憐に連動していく思念に逆上していく思いが分散され、最たる意味を損ない、超然と捌ける思いが拍動し、乗じる意味に転じては、名前を失い、証拠も無くうごめくジンクスや、整然としていく思いに苦悩すら無くなり、漠然と迫る悠遠に蔓延る前衛的な余韻や、因果応報をやっつけ、定例の儀式から放たれ、躍動する真理にもたげる思いが方々を打ち砕き、恬然として恥じない領域から悟りすらも超える今から粛清を生み出す雨に濡れ、制限を用い、道理を奪うだけの欠如を生み出す原因から離れ、閉ざさぬように、動き続ける今にいたわりを与え、要する事柄に抑圧されずに、生み出す悲劇を飛び越え、従事する間に卑劣な支配が迫り、生じる由縁に交互する原理が偏在するだけの富から夜道は静寂を失い、孤立する幻影に途絶えぬ深淵が備わり、嵌まり込む痛みから、陰鬱な衝動へとこじれていく限りに陰る意味合いが、君の未来を奪う。

隠れる精神は、籠もるほどにみずからの居場所を探し、誘われる限りの影へと浸透していく今の苦悩といちばんの友として同一化し、同調を生み、協調する限りに動機は互いの痛みと酷似していき、同じ痛みを抱えているのだ、という依存性から、吐き出される信心を生み出し、物事を物差しで測る事により、強度を増していく共依存的な麗句が互いを褒め称え、あらゆる陰鬱さを今に与え、揺さぶる過程に陥るだけの経過を与え、抗うほどに深み嵌まり、互いの痛みを思う限りに陰る本質は、うやむやにされる真実に飲み込まれ、構築される痛みに関し、配される愛憎に飲まれ、受動的に受け入れる恍惚や、寂しさに耐えかねずに、互いをむさぼるだけの貪婪さに契約を結び、儀式的な婚姻に住まいを移し、互いをむさぼり続ける限りに退嬰的で全体主義的な衆愚へと至り、構築される国家的な犠牲心から、絶えず侵攻してくる普遍性という魔物を退治できずに、出来合の言葉で今に制限を生み、正義を捉えられずに、みずからが選ばれた者であるのだ、と勘違いすることに安置されていく乖離した身体を傍観する薄命な精神から、心情は統括されるだけの言葉に誤りを疑わずに、その場でひれ伏すだけに貧寒な答えへとつながる事に嬉嬉としては、ていたらくな物事の端くれに自制心や、独善的な理由で利用する互いに反さずに、関するほどにすがるだけの状態に事項を用い、規律正しく俯瞰を奪うだけの空間に時間をたたきつけ、形容されるだけに兌換される事でこじれていく空間に淫蕩を繰り返し、反芻する快楽から、十全とした意識は、疎外され続け、つたない思いは、徴候に締め付けられ、経済的な限界を迎え、過剰に生み出された物質から、生涯は惜別を生み出し、配備される印象から吐血を繰り返し、理解を生み出さずに、機械的な条理に妨げられ、済世すべき思いも、横暴な思念に支配され、漠然と迫る悪意から放たれる意識的な抵抗から、緩衝していく互いの愛から、繊細な思いを抱え、寛容に世界を包括し、成し遂げるまで成長を続ける現在に遂げる意味すら今に至るほどに包摂するほどに不必要な事柄ばかりが莫大なインフレを生み、咎めるだけに明晰な判断を失われ、途絶えるだけの思いが暗鬱を重ね、迷妄していくだけの可能世界をそこかしこに生み出す疑念から、ファシストどもがうごめく煉獄から、感触を損ない、恥じるだけの間から、愛は枯れ果て、互いを強調するほどに、愛は損なわれ、互いを破壊的な等差で踏みにじるだけのカーストから、垂涎する怪物たちの冷厳とした大地に至り、たたずむ獲物として食われる是非を問う以前に、与えられた物事で満足を生み出すだけの答えなどに対立すらせずに、そのままおとなしく食われようとするだけに打開すべき状態に真実も生まれずに、君が打ち倒すべきは、今に備わる現実にも無く、ただ今を過ぎ去るその場から少し進んだ足下や、最もな高みから深淵を覗くのだ、と促すニーチェ的な見方に備わる真理からも超脱するようなグルーヴが響く胎動で艶麗な差異を求め、投じられるロジックに反し、寛容に世界を求め、受け入れるよりも、抱きしめる母性のようなものが、おののかずに、今を育て惰性な思いを引き離し、君自体が愛であるように、いぶからずにそびえるままを愛するかのように。