時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

続けるたびに強固になる意思

近づくほどに熟する記憶が、傷を抱え、鮮明な意思から、インモラルな実情に放つ原始的な思いが収納され、安易な形式を射貫き、さめざめと降り続く神話に悠揚な史実が、倦怠感を抱え、緩慢な道理に理想を供給する限りに影は形を求め、互いのシンドロームに照準を合わせ、信仰する意識に懸隔を授ける間に、昇華すべき愛も、怠慢なものを抱え、浪費するだけの意識が唾棄する不安感を芋づる式に逼迫させる空間的な空虚さが義務的なものを孕み、配膳されるだけの餌をむさぼるだけに記憶は流動的な粒子に変わり、普遍的なものから永遠を敷衍させ、俯瞰に迫る原理的なものから、途端に概念は改ざんされ、改悪される真理に基づき、心因性のものを抱え、敢行する意志は、観点を奪われ、かばい合う意識は、形式的なものに押しやられ、横暴な履歴に注がれる観念的なエゴから、還元されるだけの価値の家畜として、指定される意味に支払うだけの意思から、隠逸していく終末論者や、求め合う意識に足りないものを補うだけの錯覚から、節操も無く求め合うだけの愛が、愛として指定されるだけの意味に義務的に支払われる今から惨憺たるものが不和を伝え、つたない思いが記憶をまさぐり、最たる意味を損ない、行いは、今に麻痺し、欺瞞をため込み、不満足を謳い、攪拌される現在に倦怠感を抱え、敢行する意志も、最たる意味を損なう限りにブラックアウトし、刹那に飛び込む時間の尾を追いかけるだけに時間との乖離を目指さぬ時計は、その場に止まる事を永遠として義務感を孕み、時間に追いやられる限りに、その永遠は、時間としての意味に止まる事に置かれる事に背反できずに、出来合のものに収まるお粗末さに制限を用い、物事に迫る時間としての義務的なものだけが、この物語の時間の最中に追いやられ、制限を用いる限りに、その時間とは、時間としての意味に止まり、途端に統合されるだけの記憶の一部として、愚鈍な時を刻むだけに、基幹的な道理が、恫喝を続けるから、と時間は、時間の中での強迫的な虚偽に恐怖感を根ざし、座標に基づく場所などに、馬鹿げた時間を支払う限りに、時間としての役目を果たすべき義務に追いやられる位置から、意味は収奪され、惰性に基づく差異から、散漫で安易なプロセスにプロパガンダが迫り、ニヒリズムに陥り、問う事を辞め、従うだけに砕身していく時間の間の間に迫る差異から、惨憺たるものを抱え込んだ存在たる過ちから迫る独占欲や、センチメンタルな影の独房に入り込むセグメントから、リリカルな私情は、固定観念に追いやられ、固結するだけに凝固する意思を、位置にはめ込み、「その時間」から逃げ出せずに至るような軌跡から、形跡とは、形式に閉じ込められ、その場で倒錯する事でため込むためらいから、怒りを用い、物事を革命的なずさんさで破壊しよう、ともくろむ滅びの呪詛から、受理する思いに迫る関係の観点に兼ね合う意識は、淫靡な結末に至るような快楽の傀儡として、リアリズムを失い、ニヒリズムを抱え込む軽薄で無知な精神は、生後から何の手立ても加えられず、ただ空腹を癒やすためだけに、ためらわずに卑しい者として、物事の軋轢に迫る欲の権化として、ゲームに惨禍する間に参画する意識が、軽薄な理論を育て、惰性に基づき、繁栄する答えに流され、権威的なものに従うだけに、失跡していく意識は、生命的な語源を損ない、生じる言葉に多目的なものを重ね、回帰していく意識が、言い分けを重ね、陰湿に物事を押し込みながら、ため込む怒りが時間から放たれずに、存在自体に帯びていく契約的な汎神論から、陪審員に虐げられるだけの法の欠如から欠落していく意識は、落胆せずに、その場で昇華し、用いられる場所に反し、関する間に情念を突き刺す以前につつがない思いが、追考する意識に制限を用いる以前に悠揚に迫る安易なプロセスが用いる表現に凝固する以前に、結末が今を食うようなメビウス的な観念から、場面に罵声を浴びせるだけのプロレタリアや、安閑に迫る静謐だけが、避ける時代の慈愛を食い荒らさず、悔い改めるように用いられるだけの宗教的な補正や補完すら要らず、至らぬからこそ、要らぬものを用いずに、求める事に横溢していく欲望にも偏らずに、快活にさまよう間から、廃れずに、酔漢どもがうごめく魔性の夜や、ひなげし枯れ果てる荒れた大地に基づく関係から、観念は、ねじ込まれるだけの概念の外貨を求めるだけに形骸化していく思念は、整然とされずに、謳われる性善説や、性悪説などがアクセスする善悪などは、改善策を求めずに、今に挑む事もせずに、ただ押し迫るものや、疎外される恐怖から逃れるためだけに何かを否定する事で、自らの安全を求めるような者が押しやるような正しさに左右されずに、己こそが倫理たれと垂れ籠める思いも、ここで今に続くものに道を譲り、豊かなものとは、今にたゆたい、すぐさま今をロマンに変えるからこそ、物事の傀儡として指定されるものに支配されずに、自ら生み出すものこそを怪しみ、すぐさま飛び越える先々にあらゆるものは、移し替えられ、美しいもののように見える事の容易さに反し、すぐさま飛び越える姿にこそ、途次に描く己の美しさを知る。