時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

快心

雨は答えを知っているのだ、とシンドロームが口を裂いて、さよならを連呼する言葉もかすむ余韻にほどける因果が、居なくなるまでの微かな災いも、微笑にほどけ、時系列を持たぬ猫や、回数券で出入りする出会い系的な愛から、妨げられる要因に至るまでのゲシュタルト崩壊や、甘美な苦悩に妨げられる幼稚な恋に至るまでのたらればや、耽溺するだけにハートフルなモデルケースが破綻へと追いやる経済的な遊具に施される苦悩から、遺伝子的な介在から、半分に溶けたチョコレートがふやけて、朦朧とする意識は、存在的な進路をシナプスに譲り、脳内でめぐるアドレナリンや、アドレスや、地下鉄の憂鬱や、破傷風を抱えた恋と微雨とビートが混じり合うようなジャズ的な折檻から、テクノロジーの終焉や、容易な思いが反意を重ね、敢行する意志に生命的なシロップをかけて、アイロニーな路地裏で焦熱していく情念が、舗装された意味をとぼとぼと歩く間に改ざんされる意味が路肩で行為に陥るだけに、俯瞰に迫る無感情な靄や、誘導されるだけに道理に反響するシステム的なハーモニーや、配膳される餌を必死でむさぼる普遍性に反旗を翻す辺りから、革命とは歪んだ悪意を施し、観点に左翼的な翼賛を巻き込み、プロパガンダを用い、リリカルな私情をポリティカルなもので穢し、迎合されるだけの力点に疎外されたフォースが行き先を疎外し、惨憺たるものを抱え込んだ精神的な孤立から、青春的な栄進に至るまでの悲劇に加工されたものに昏倒するだけに義務的なものや、衆愚的なものが、愚行を重ね、簡単なものほど、今に至るまでの苦しみを抱えているものです、とデストロイする先々に定理は、結ばれるものほど、離れ離れになり、配備されるほどに配役を決め込まれ、起動するほどに義務感に攻め入られ、生命的な根源とは、語源に妨げられ、メルヘンな成立から、征服欲の道具として、偶像崇拝を続け、綴る意識は、衰退化し、衰亡するだけに至るような世界性から、インドアな感情がおざなりなものを運び出し、脱色したいたずらな思いから歯止めも無く食い込むジレンマが、終焉にかさばり、退廃的なモジュールに突き刺す心情から踏破する思いの崖や、権限を謳うだけの悪趣味な仕事の先々で停廃する事に遠のく陰りから、鮮明なものなどは、なぞなぞに変わり、物事に答えを押しつける安易さに還元される価値だけが偽善的に加工され、相互交換的な意識は、齟齬するかのように見え隠れする麻疹から、心身は、反転していき、息吹く思いが実情にセンチメンタルなものをセグメントし、理想を供給する辺りから、捕食者たちが攻め入り、立場を用い、物事の真相に、侵蝕しては、絵空事を促し、爆砕する果てに導線を引き込み、爆破するに至るまでのジレンマに陥るだけに外観に滅ばされる意識は、まほろばにほどけ、奔走する意識が状態に軋轢を重ねるほどに苛立つ周辺が終焉を用い、モチーフに彩る不謹慎で、不感症的な生後から、惨憺たるものを重ね、物事に追いつかれるほどに、施される痛みに恐々としては、システム的なものを模倣する意識が覚醒などをめざし、信仰に陥るか、はたまた依存的なものに陥る事に一縷の望みを託すような攪拌から、愛は砕けて、空間的なものに孔食を加え、腐る間から、理不尽な死をばらまくだけの小説的なセグメントから、要理に基づく腐敗するだけの神話に抵抗力を加え、偶感が噴火する辺りから、滅亡的な心象は、正気を失い、衝動的に行き交う思いが繁殖し、感染力を高め、高次な意識のお家に住まう者どもを追従するだけの意識の高い低いを促すだけの者の低劣さにアンニュイなものが攻め入り、夷狄な者が指摘する偶像的なものに抵抗を加え、訂正される以前に帝政的なものが攻め入るだけに刑法によがり、迎合される事だけに偏る事をおかしい、と思わずに、はみ出す事を虐げるだけに知った口で放つ出来事に季語は追いやられ、情緒も無くなり、今に追いやられる事柄だけが退嬰的に逃れる決別から、婉然に猛る思いが、修羅を出迎え、典麗な風景に対象を求め、存在自体に座礁していく関係から、感性は損なわれ、アナクロニズムに陥り、安全性だけが謳われ、扱いもできない機械を今の経済のために動かす事をためらわぬ欲望の住処が、邁進する答えなどが、呼吸すらもできなくさせるようなものに対する革命や、自己犠牲的なものが、住処を奪うべく、ベクトルを闘争に持ち上げ、見つめ合えば恋に至るのでは無く、羨み恨むのが、人間的なものの哀れであるし、そこで見初めるものも、見下すだけに至り、至らぬ思いは鈍麻で貪婪なものを重ね、乖離するだけに懐疑的なものを重ね、精神とは壊されていくだけに至るような育雛から放たれ、自らを有する以前に誘導されずに、有効なものを探し、散漫な意識に情交などを重ね、色彩を鮮やかなものに変え、今に至る孤独などは、継続していく意識などに意味は無く、ただ不覚に迫る過去などは、贋物にしか過ぎないのであり、今に与えられた盈虚な問題などは、続く事にたいした影響などは及ぼさないの、だ。