時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

脱ぎ捨てるエゴ

ノスタルジックな夕暮れに迫る闘争機械たちが旋律を踏み、広がる所以が連綿たる様相に重なり、進化を遂げる。咎められぬ命に縫い付けられる行間に報う価値などが交換され、分子的な意思や、文学的な要素にからまり、現れる月日を超える。天文学的な様相に降り注ぐ星の雨も、理論的な退廃者が基づくセオリーからかけ離れ、掛け違う意味や、鈍麻で愚鈍なものが打ち出す愚行や空虚さが最たるものを喪失し、齟齬する意識に革命的な恋が現れ、怠惰なものを咎め疎外する先々で停泊する理由にフュージョンし、創造的な母体へと帰り着く朝から邪推するメロディーや深呼吸に混ざり合う理由が拘束するだけの日々におとずれるニヒリズムや、憤懣を垂れ流す誰かのアナグラムや、豪壮に長けるエレジーや、空腹を癒やすだけに明け暮れる家畜的なロマンから口実に充てられる愛から充填されるものなどは、その場で粗暴なものへと変わり、開豁の知へと急ぐ辺りから、緻密なものが生まれ、構造的なものを打ち倒し、自らに帰り着き、幼稚な物語を形成しては、掻き乱す瞬時に現れる目的すらも、今に居心地を失い、叢生するものが、物事の軋轢を覆い、何も感じなくさせるようなささやかな幸せとは、今に至るだけにいたわることを忘れ、物事に抵抗を加えるだけに、此処で圧力へと変わるだけに、物事に退嬰的なものを捧げ、現実的なものを退嬰的なものに変え、体系的に処理される今に爽やかな意味すら無くなり、喪失感にゆだねる惜別の影や、隔世に迫る意味の淵源に触れ、複製される真理や、求め合う位置から訝る言動が、恒常的な呪詛を与え、あてがう真意や、死へと急ぐほどに、死からはかけ離れる問題点から、用いられることごとくは、届かぬものであり、その場で咎められるだけに至る現実に摘み取る意味が、陰鬱なものを育て、惰性な意味から、位置的なものに適合していくだけに空疎なものを育て、陥穽に嵌めようともくろむ用途から、修繕だれる位置に意味は絡まり、重なる意味は、いびつなものを生みだし、体制的なものに堆積される力が、リリカルなものを失い、ただゆだねる先々で権威を用い、物事を支配しようと用いる力により、反する意識は咎められ、その場で屈従するだけに至るような原理に理解などは深まらず、俯瞰に迫るエレジーが胸底に空しさを注ぎ、ニヒリズムを加速させる限りに、出来事は、出来合の真実に求め合うものが、物事を途絶えさせ、淘汰される意識は、退廃的なものを用い、物事に混じる意識から抵抗を加え、呼応する語彙や、インタラクティブに執り行われる独善的な愛から、一貫した善悪を咎め、投じられる物事に排される間に細やかな試練を蓄え、婉然に長けるものが、対照的に育てる権威的な哀れから、愛惜に浸る原始的な傀儡や、眼光鋭く、うす鈍い現実に沿い、印象へと乖離していくヒステリックな四季から毀れる隠棲の陰りに滾るものが、滞る精神を流出させ、手元に残るあいまいな物事へと変化していく今に印象は深まり、確かな色に交わるものが、始まる原理へと疎外される快楽に厭わぬ精神がきらびやかに包み、寂寞へと帰り着く井蛙な者どもの至福を乖離させ、藝術的な真理へと築かれるものが、気配を隠し、垂涎する意識から離れ、現実に備わる物事の猛りから、潮流に巻き込まれる意識を改竄させるだけの記号的な支配を取り除き、濾過する瞬間に終末論的なものを謳う愚者や、偶像的な制圧から、俯瞰に整合されるものが、創造的な意志をたどり、悔悟や改悛を謳う先でこぼれるものが、本質を携え、たどたどしい意識を虐げ、従える意識に階差を生み出し、物事の段階を登る。

用いられる優しさと契を交わし、確約されるものなどに示唆することなどは、ことごとくに清廉さを生み出さずに、廉直な生き方を生み出せずに、ことごとくに偏りを生み出し、互いを高めずに咎めることが、統合を用い、関連に依存していくだけに鏡像段階を乗り越え、倒錯する先々で階差を生み出す怪物的な理論から、法が生み出す愚鈍なものから、用いられる原理は、そこかしこで怠惰なものを生み出し、物事からはみ出す先に見出すべき今に未来は生まれ、奪われる真理や、神経質な意志に閉め出されては、最たる意味をすなどり、利己的なものへと偏向していく意識が、信仰を失ったのだとさまよう先に境目は生まれ、用いられる聖域を利用し、そこで神聖化されるものが、周囲から乖離し、理解を及ぼさずに、ただ退廃的な心象に現れる同情だけに同居していく真偽にかかずらい、破壊的なものに寄りかかるだけの安直さに支配され、最たる意味を損ない、さえずる記憶が、截然する多くの言葉が結い連ねたものなどに現れる真偽から乖離し、理解は深まる先に不可抗力を与え、絶えずシンクロする先で対立するものからかけ離れ、自らに帰り着き、新たな出来事を今に形成し続けていく。