時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

奔走


 掲揚される秋へと進化を遂げる虫の寝息や、英気を養うだけに徒労を重ねたギミックを旋回する暗鬱なテーゼに基づき、燃え尽きる質感や、抑揚を失い、散華へと切り取られていく冬の風貌に加算される現実に託すベクトルも、前衛的な途端に滅ぼす雰囲気が、領域を旋回し、エンコードを蝕み、挟まれた付箋を燃やし、どこまでが、ここまでの物語の合間を埋めた混濁へと運び込んだのかをわからなくするような根源へと相互する意識は、倦怠感を抱え、分針をたたき割り、内面的なアイデンティティーを破壊し、リリカルな私情のマストをへし折り、大海に漂ういびつな存在として定理に結ばれるだけの孤独として、或いは、喪失感を漂う尾びれとして、憎しみの表現を司る穢れた獣として、思議を損なう血の行方を追うだけの人間的な悪魔を育てるだけに、惰性な諦観へとほころぶ現在に縫合される傷跡を傍観するだけの定立されない思いを神々しく司るだけに、体系的なものに関わり、組織の内側で交錯する原理的な利便性や、生後にとどろく慢心を疎外させるような現時点に逆撫でする思いが、蜃気楼のように隠逸し、冬に表現を隠し、拡散されるだけの普遍性に包まれるほどに、魯鈍なものを抱え、末端に注がれる蓋然的な心象が、混沌へと導かれるだけに堕落する瞬間は、主観を破棄し、ただ道徳的な観念へとスケープゴートとして認定されるほどに、保持し、認識するもののほとんどは、虚偽を重ね、肉薄する意味や、ハッキングされる現在に戒厳令を敷き、思想を失われ、思考停止へと陥らせるべく、考える事こそ、空疎なものであり、難しいものこそ、否定し、疲憊させるべき今に統合させるべきものは、簡素なもので、利用しやすいものを生産し、ただ生産的に扱いやすいものだけを生み出すべきなのだ、と意味を咎めるだけの安全性を謳う自由などが交錯し、心ない何かへと移行していく意味合いに不潔な領土を授け、倦怠感や対価を求め、対立する現在に注がれる憎悪だけが、根を腐らせ、供犠を続け、つたない意識を生贄として、或いは餌として、応じる事だけに捧げられる軽い身体や、乖離する心を預けるだけの離人的な咆哮が綴る意識的な嗚咽が、内面的な苦しみを、利己的なものへと掲げるだけに、第三者が資本を奪うだけの形へと、締結していくだけの言葉だけの自由に注がれる観念論的な考えが、思う事以外は、ただ認識の範囲に収まらず、原則として、思う事以外は、その場で、何の意味も持たず、物事の奴隷として、認可されるだけの意味合いに不潔な観念や、関係をつなげるだけに、つたない意識は、通過点として、その場で立ち尽くす意味の無謬な物質として捕らえられるだけに、その場所で、永遠の捕囚として、囚われの身の自己を嫌悪するだけに至るように牽引される先々に引火する出来事が、業火に包まれ、つたない追憶や、汚い過去の機械として、定義に基づき、腐敗するだけの隠語を放ち、コントロールされるだけの些細な激情へと住処を移し、認定されるだけの差異から、詐欺を巻き込み、怏怏として、不安げな実情に混濁していく可能世界が生み出すパラノイアや、パンタレイや、パンデミックする夏のゾンビたちが、浮遊する夏の結末に有する過去などをアドレスに書き換え、ただ記号して認可するほどに、補填される意識に正義は無く、ただ空疎なものをため込む器として、今に結ばれる不正を蒸し返す。恒久的な錯綜を続ける到達できない影へと相互していく意識的な対立が、高揚を続け、つたない意識に独占されるだけの義務感に訂正される深夜に結ばれ、大義を失い、添え木された関係をへし折るほどの流動性に占用される観念が、固執するだけの体制へと拗れていくだけに、体系的なものへと継体していく帝国主義や、軍国主義の影を踏み、破産していく過程にもとづくセオリーに導かれる以前に、枯れ果てるジレンマは、時代に距てられ、惰性なものに照らされ、大差ないものを愛したり、愛さなかったり、と忙しい日々に革命を謳うほどに、革命とは、冬との距離に距てられ、惰性なものを建て、はびこる悪意に包まれ、つたないものを買い取るだけのジレンマへと加速し、過敏になった意思は、担うべき意味を漠然と眺めるだけに、定理へと結ばれるだけの向こう見ずな現在に浸るだけに緩衝すべき痛みも、訝るほどに、互いの反響に耐えかねずに、軋む幽遠さに、とどろく心情が壊れるように感じるだけに、大切なものを損ない、そこにそぐうだけの満たない思いを集めるだけに、あいまいな今に拗れていくだけに枢要なものを損ない、そこかしこに縫い付けられる事の強度を確かめ、大切なものをアンニュイなものに書き換えている。ただそこに印として現れる定理に基づき、元々の理由を損ない、行いに転移していく痛みに沿うように、要する形へと流動していくような観念にもとづく答えに求められるだけの定義に蝕まれ、今に意味を損なうだけに終える。