読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

鬱屈

からみつく指先から恒常的に放たれる愛の軌跡をたどり、臨月の空から垂れる愛が交響曲を放ち、輪唱される神話や、多目的なルーツに重なる瞬間がにおいを放ち、共感する間にもたらされる悲劇などを取り除き、利己的なものがこしらえる言葉や、根幹を腐らせるだけに至るようななれ合いにひざまずくほどに、貧寒なものをもたらし、商業的なずさんさを空間にこしらえ、濫觴するものに奪われるだけの幼稚なギミックを解き放ち、懐かしむほどに、補完されるものが今を覆い、単純で利己的な苦しみへと引きずられていく。宇宙規模に広がる議論の最中に用いられる昏倒するだけの理由から、理想を用いるほどに、苛立つ精神は限界を用い、均等な理由などは分かち合おうとするほどに、理解まで至らずに、戦争へと至るような倒錯から、そこに問う悪などは、用いられる道理により偏執し、利用価値を引き出し、物事にすがるだけに至るし、いたわるほどに、言い分けばかりが増え、俯瞰に攻め入る制限から、今に帰巣する意味も、均等なものにそぐうだけに至るような理由に加算される原理的な検証から、関する間に利己的に奉納される理由から了承される観念が限界を用い、健全な理由などを用いるほどに、一途なものは損なわれ、そこかしこに生み出される苦しみに悶え、悲観するだけに至ることに関することだけが、世界を世界として認識することに現れる苦しみから背反できずに、凡庸な理由に措置される苦しみや悲しみを引き出すほどに、慢心を生み出し欺瞞へと至らせ、悲劇を生み出すだけの人間的な形式や、景色に現れる哀れみを引き取り、誓いを求めるほどに保持される理由に利用されるだけの現れや、抗うほどに、損なう現在に原理的な力学や、備わる苦しみに引き出されるだけのあいまいな毎日に現れる固執するだけの正義に偏り、互いをとがめるだけに至る。行き詰まるだけに至る私たちの未来にもたらされ、求められるだけに止めどなくあふれる憎悪が主観を襲い、瞬間的な苦しみが生み出す敵対心に誘われ、猥雑に意味を補完するだけのメディア的な扇動よりも、衆愚が生み出す画期的な機械による等差が生み出す動作こそが、いちばんの不安を誘い、意思を奪うだけに至る扇動から、戦争へと留置されるだけの観念が生み出す悲劇的な統合から、傀儡と化し、同化するだけに至るような交換から、諧謔さを損なうだけに至るような考えに還元される理由に鬱積していく迎合されるだけの意志から、卑近なものに陥るほどに理屈ばかりが増えていく。迎合されるだけの罪が誰かに利用され、そこかしこに苦しみを植え付けるだけに至るような体系的な契約から、形骸化する意思が外観を壊し、概括されるほどに野晒しにされ、死するまで傍観されるだけの爽やかな身体をあなぐらに放置し、そこに偽造されるだけの真実や、もたらされる意味の窮屈さに起因を残し、散漫な意味から解き放たれ、ないがしろにした意味から抜け出し、自らの欺瞞を飛び越え、不満足をも超越し、今に鬱屈するほどに、魯鈍なものに成り代わり、自らから閉め出され、権利などを用い、何かを奪うだけに至るような倒錯から、最たる意味を保存するだけに至るような蓄積されるだけの苦しみを捨て去り、今に現れるものをはじめて愛する。

出会うことによる引き裂きという行動から、配備される愛が持ち出す意識に対する背反から、愛から放たれる意識との別れから、猥雑な倫理を引き出すだけの認識が用いる等差や、動作に対する品格などが、互いの間を引き裂くほどに、悲観するだけの行為にもとづくセオリーが理解に至る前に、そこに生み出される苦しみだけを増幅させる。齟齬し続ける意識は、改善されずに、そこに鬱積されるものにより陥る悲劇に攪拌され、改善されずに今に不当なものをもたらす模倣されるだけの苦しみが生み出す住まいにあてがわれる儀式的な何かが汎用するだけの奇跡を信用するだけの弱った心に汎用されるだけの悲劇が原理を生み出し、意味を阻むだけに至り、体系的なものに搾取されるだけの身体が快楽を受注し続け、端的な理論に吸い取られることにより、多幸感に浸り、高揚し続ける意識的な昇華が敵愾心を捨て、惨憺たる今に現時点を生み出さず、そぐうほどに齟齬をきたし、期待感を孕むほどに阻むだけに至るような精神が見出す悲劇に攪拌される先々に濫觴するものなどは、誰かの意思を奪うだけに至り、耽溺するだけに至るような起算から加算される痛みが今を分離させ、理解を得る以前にここで固執するものが革命に至らずに、自らの苦しみを吐露し、露骨な支配に引きずられるだけの緩衝から今に緩和していくほどに怠慢なものを生み出し、今に鬱積する苦しみに屈折していく精神が起算するものを生み出し、争いばかりが増え続ける間に産出される愛が確かなものを引き取り、『合間合間に生み出される愛が離れぬように、と手をつなぎ、互いの愛を確かめるようにからまる指だけが、愛のようなものをその関わるぬくもりや感触が脳内を循環し、簡易な苦しみに陥らずに、確かな愛だけを今に敷衍させる』。