時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

産みの苦しみ


 複雑に絡み合う二人は、俯瞰をせめぎ合い、観念を疎外するほどに瞬くようなものを聳立させ、携帯するものすら無くなるまでに昇華し、観点に疎外されずに、そこに現れるものを認識し、疎外されるだけに至るような存在などを放棄し、傲慢に逆撫でされるだけの感傷的な昏倒から、緩慢に左右されるだけの思想的なコンテンツを破壊するために絶えず哲学とは抵抗性を生み出し、貞操な物質として神の前でひざまずくだけの婚姻などは、そこでの契約を結び、無数の意思へと阻害させられるための契合により、自らを交換されるための価値の家畜として、代償を刹那に課せるための価値のアイロニーを迫るだけの強迫観念に相似するための対象として備わるだけに至るほどにいびつな敬神に浸り、関するほどに、快活さを損ない、そこで怖じ気付くための時間をかかえ、老いるという恐怖から逃げるようで、死へと結合していく現在に引き裂かれる意味がわからぬから、そこでとこしえにふるえるだけに至るような独善的な支配の気配から、軽薄に相互するためにもたらされる価値が妄想する現在に転落し、等差を用い、感覚をにぶらせ、血のにじむ結末が義務的なものを抱え込まされ、混濁する意識は、スキームに配膳される自白剤入りの食べ物や、言うことを聞くためにみちびかれるための飲み物や、用いられるものに扇動させられ、操作されるための心身が仮死化し、寛容さを損ない、法理に加工されるための信仰から、生じる由縁に真実などはねじ曲がり、消費されるための物語の中で軋む身体の音や、殴られる感触、或いは配されるものへのパトスやら、シニカルに配される愛に滑落していく意思的な汚穢から、証明を求めるほどに、認識とは、自らの欲望に絶えかねずに、自らを破壊するための死の欲望へと加速し、監査されるための監視の強化を求める声から、意思の疎通を求めるほどに、意思とは互いを拘束するための契約を用い、統合されるための愛を謳い、退廃的で依存的な支配から、気配とは、何かに従事させられ、磊落さを損ない、確実性を謳う制度の中で演じることがすべてであり、そこで課せられる意味が支払うものが対価を用い、そこで支払われるものは、時間に見合うものでなければいけないのだ、と求めるだけの価値の中で支払われるものなどは、死へとあらがうこともできずに、ただそこでの満足を謳うものを求めるこに興じることに支払われることに満足しているようでは、創造的な昇華に至らずに、ただ求めるための対価を求めることだけが、ここでの正しさを用いるのだ、という幻想から用いられる拘束するための義務から、ためらう者を狩るための偽装から、犠牲を絶えず生み出し、失うことを恐れる保守的な偽装から、静謐さを損ない、些細なことで闘争に至るような間隔にそぐうものが偶然を用い、偶然をよそおい、絶えず意思を奪うことだけに専念する。現れる結末にあらがうために、生命とは飛躍を続けるのだ、と精神的な昇華を求めるだけの低劣な問答を繰り返し、自らを破砕させるような言葉の影に置かれる意味に結合されるものなどは、根幹を腐らせるような答えの正しさを用いるほどに、正しさとはゆがみ、そこで正しいとされるものなどは、最たる意味を失い、今に奪い合うだけの結末から、軽減されない痛みや、言い分けがましく陰鬱にからまる幼稚な領域から、課せられる快楽のためだけに保たれる均衡などは、均等さを損ない、喪失感にゆだねられる心情は、乗じる由縁や、悠揚にきらめく風景に短絡的な衝動を接続し、自然性を奪うために傾倒していくものに回答を求め、統合される言葉などが優越感などをこしらえ、拘束される意識は、インモラルな結末に結合され、倦怠感をかかえ、勘違いを生みながら、後ろめたい思いをかかえ、悪を昇華できずに、自らを正義としてかかげるほどに、生後とはほど遠くなり、求められるための意味の中でためらいを生む。茎にからまる棘のついた足が痛みを隙間に配する。間にほとばしる欲望を仮想するものに消費されるほどに悲愁をただよわせ、酔い痴れる意識は、寛容さを損ない、喪失感にゆだねられる意味にねじ込まれる言葉から、矜恃すらも敗退し、賭け事だけが成立させるような善悪や生死が現実味を損ない、そこかしこに現れる回答などは、改善させることもなく、ただたちまちに立場を用い、貸与する瞬間や、終末論者が迫る契合から、掲揚されるものだけを崇めるのです、と統制される隙間で迎合されるものだけが、何かを動かすのだ、ということから離れる。