昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

2024-06-01から1ヶ月間の記事一覧

偶然

排気ガスに塗れた浄土、空間を切り裂くカラスの鳴き声、ランダムに選んだ世界で、培養された脳が生み出した幻想たる現実というものを、崇めているだけの旧人類、面影も破棄して、かけがえのないものですら、思う事により、見せつけられていただけに過ぎない…

爽快

ノスタルジーに平伏す彼女たちの憂鬱、座礁した観念が、肥大化するアイロニーから逃げ、承認欲求に囚われた君たちが示す差異なんかにより、責任転嫁され続ける夜明けにねじ伏せられた猜疑心のようなもの、自己肯定感が云々と語るネットワークの屑、惰性で正…

デザイン

鳥獣戯画の中で踊る彼女をデッサンして、下腹部で広がる夏の空や、表札を外して、居留守を続けるリスたちの焦燥感、柔軟性を含んだ夜が、宇宙を捕食する頃、独白する日曜日にすり替えられた意図、複製される真理を啜る主婦たちの因果律、札束のベッドで眠る…

吸収

デカダンスを加速させる消費的な人々の末路、ファシズムを育てた閉鎖的な教育の跡、論理の欠如により、考える事を放棄し、慣性の法則に反し、無秩序に蠢く衝動性により、憎しみを増幅させ、普遍的なものを変節させるに至るまでの距離、煽動家たちがひしめく…

混交

レアチーズケーキのようなベッドで眠り、与えられた真理なんかを打ち砕く拳、散りばめられたメタファーを保管するためのカバンや、やかましいシナリオを越えて、ゲノムやアパシーなんかを破砕して、性格なんか無視して愛した記憶や、愛されたいと願うばかり…

損傷

そこに思い出だけを残して消えて行った君たちの歪な日々、慟哭する谷では、無慈悲な雨が降り注ぎ、疑念を孕んだ論理を奏でる宇宙的な新約聖書により、理性すらも損なわれ、湾曲する意思や、課せられた罪により、偏執していく意識や、大容量記憶装置たる脳を…

結合

君にも飽きたからと、捨てられた者たちの群れ、もだえるほどに、食い込む苦しみに揺らぐ草木、気配すらも攪拌するミキサーにいれられ、砕け散った後、ひらけた午後、遠い伝説のような夜たち、単純で単調な愛ではなく、放射状に広がる愛や、あいまいな関連性…

可能性

瞬く間に交換される原理を加工し続けるレジスタンスたち、乱用される言葉により、実体もふやけていき、たわいない日々の中で、たおやかに飛び立つ鳥たちの傷痕、プレスされ続ける鉄のような気持ちで、君とのまどろみを謳歌し、システマチックな主観から生え…

重複

大義も捨てた日曜日、分散する朝に広がる狂気的な陽気、湯船から現れた欠如や、夜中に走り回る猫のフレキシブルな胎動、文化的なものが化膿して出来たのが、この社会だという結末に襲いかかるサクリファイス、メフィストフェレスが彷徨う裏通り、臨界点にま…

孤高

もう何年も孤独だ。自ら選んだ孤独に苛まれるほど、残酷なことはないことを証明するような静寂、あらゆる質感に寄りかかる希望も消え失せ、何かの誤解だけが、今に擦り寄り、有する価値に駆逐され、朽ち果てた肉体だけが、忘我を彷徨い、あてもなく突き進む…

凄艶

月が迎撃されて、数百年が経って、閉鎖的な義務教育により、徹底的な奴隷になって、憎しみばかりの金に隷属して、前衛的な結末に絡まる動機が加速して、幼気な動機に攪拌される所以に関わるほどに、ずさんなアイロニーに制限を受け、ゲノム操作されて産まれ…

覚醒

ささやかな思い出が自我を解放させ、覚醒へと至らせるまでの道理、前衛的なものが語りかける抒情的な夏や、詩的な解答の先で、結ばれた二人の想念、世界の終焉に巻き込まれ、的外れな答えを吐き出すカラス、分裂していく意識の波形、狭小な動機が放つ苦しみ…

圧迫

整合性もない結末に覆い被さるダイソン球、分裂していく意識を温める母親のような優しさだけが、永続して行き、逸脱する動機が忍ばせる思い出や、加工された面影、量子的な監獄に閉じこもる君、定期的な苦しみの化合物、論理的な状況に、孕む意味との接続、…

海辺

情報の海の中、情念の壁を突き抜け、倦怠感を加速させては、分離して行く春が夏になるまでの距離、倫理観をねじ伏せる神の手や、約束を破る裏切り者の彼女、過去を攪拌させては、群集心理に手懐けられた道理を捨て去り、干渉していくだけの色や、調教される…

高揚

狡猾な鳥たちの嘴が囀る憂鬱を数える彼女たちの慟哭により降らした、悲しみの雨の中を、じょうずに泳ぐ魚みたいな午後、まだら模様した夕焼けの滓、統計上の愛により、死滅してしまった人類の思いを、詩に残し、気だるい朝に磔にされた神みたいな気分で、晴…

世界

前衛的な活路を歩く、戦士のようた眉毛の若者たち、太陽光にゆらぐアスファルトの狂気、肉厚な道路を隔てる分離帯、壊滅的な脳内を蠢くナノマシン、偶像崇拝を続ける主婦たちの戦争や、普遍性の白濁液に飲まれた労働者たち、空間的な猜疑心に苦しむ空虚な詩…

事象

頭の中での磁気嵐、怠惰な感情を引き摺る人々の群れ、記録の中の老廃物をかき消すために、鋭利な理論を携え、正義を超越して、群がる思い出も、はしたないものに変わり、関わるほどに増して行く空腹を癒すばかりで、卑しいままに、今を愛しているなどと、う…

やわらかい風

悲しみが詰まった放課後、自己犠牲の精神が、世界を破滅に追いやる頃、こじ付けられた罪により、時代錯誤に陥り、何にでも絶えず批判的であり、そこで維持するものに、足を引っ張られ、乱立する正しさや標識に騙されてばかりいるし、託されたものも、重い荷…

偶像

冷めた肌を漁る風、破壊された義務感に苛まれる記憶の仮数、原理的な焦土を歩く僧侶たちの保身や、星を数える子供たちの夏祭り、蓄積されるノイズや、数多の意識の玉砕、猜疑心のアンテナを伸ばし、真理に基づいたエゴを拾い集める遭難者、奪い合う領土や、…

接続

インターネットに精神の接続を終え、誰もが、誰かや何かに共感し、自らの意思を喪失し、星と星の間を歩き、メディアが謳うものを無視して、軽薄な理想を掲げるだけの、打算的な奴らの地上から離れ、浮遊する意識に司るものや、落書きだらけの憂鬱や、過ちに…

擦り寄る

実験台として運ばれていく、空虚な身体、静謐な論理を携えたフクロウたちとの会話を続け、ことごとくに現れていく、無秩序な言葉や、否定的な風が吹く崖の上で、のさばる原理を破壊して、セオリーなんてものに騙されたくもないから、現れる観点や、蝉蛻する…

嘘つき

先々で延命を続ける君たちの過去から漁る陰影、価値を無垢なものに変化させるために、無限を引き合いに出して、イデオロギーを破壊するためのデマゴーグ、混沌とした意識の告発、修羅を人工的に作り出す空蝉の中の彼女、時代的な星雲に飲まれ、ロジカルに吸…

復活

宇宙との調和を目指して旅に出た海鳥たちとの対話を終え、枢要なものなど、ほとんどは、保管されるだけなのだ、と語りかける木々たち、たじろぐ隙間から溢れる永遠が、演繹を繰り返しては、正しい答えなどをねつ造し、父権的なものが司る社会が大嫌いだから…

手当て

肉体を破棄して電子の海を泳ぎ、気圧を無視して、悲劇的な様子を攪拌して、皮下脂肪の宇宙で、理論値や細胞膜や、議論の果ての闘争などなどに絡まる動機を砕き、現れる猜疑心や、数多の疑念を消費しながら、全てを偽装しては、清貧な結末に絡まる陽気と友達…

虚飾

化学兵器を撒き散らす猿の軍団、たちまちにチフス菌やら、王冠を奪うための風なんかを呼び覚ます原理的な少女の枷、あらゆる偏見を剣に変え、終わらない戦争のために、運ばれていく子供たち、家畜たちは、猛毒の棲家で、死よりも残酷な処理を行われ、天体を…

悦楽

母胎で蹲る初期宇宙、悔悟を伝う原理や、食用の春、のらりくらりと彷徨う泡沫のロジック、窮屈な感性が吐瀉する現実的なものの模倣や、そこかしこで収斂していく結末、摩耗し続ける意識的なものの光景や、低劣な動機を加速させるための原理や、現前に立ち込…

感覚

軍事的な記録の中を泳ぐ魚、分裂する彼女のサイコキネシス、整合性もなく、巻き込まれていくだけの可能性の外に広がる宇宙的な口、倫理観により、加速して行く憎しみの内側で孕んだ愛が、ランダムに昇華されて行っては、手懐けられるだけの、泡沫に敷衍して…

青空

恍惚として退路を進む君の解像度、道楽と切り離された胴体と、囚われた後先に迫る鋭い刃、確執と暗澹とした思い出の墓場、空洞に詰め込まれた入道雲と、偶数の夏、散りばめられた所以がつながり、また、愛に似た何かを吐き出す頃には、真実は、真実であるこ…

胞子

試験管から産まれた子供たち、耐え難い欲望の隙間から現れた憐憫のようなものが謳う救済、食い込む情念が、今に憎しみを生み出し、惰性で引き延ばした命が、欠如を抱え、立体的な教祖が踊る結末の青さ、重複する真理や、理性をも排除して、堆積する理由から…

清涼

切り取る永遠に覆い被さる君の背中を刺すミニマリストたちの黄金期、季節に噛み付くネズミたちや、擬態化する虫たちのセレナーデ、倫理観の破傷風により、自己犠牲に苛まれる君のぼんやりとした価値により、憧憬に浸るだけの人々も土塊と化し、銀河系を越え…