時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

帰依する空虚ども

寂寞が歌い、離れる景色から還元されるだけの帰路を結ぶだけに吐血する精神が飢渇する動機に倫理観を打ち付けるだけに結滞な利息を支払うだけに、剣呑な事実に由縁が孤立しては、孤独感に苛まれている、と軌跡や形跡は、流出されるだけの猜疑心を滅亡的に星と論理をつなげ、計測される不安から加速する正体を拡散するペルソナに包囲されるだけの乾いた身体に計測されるだけの記号から緊縛され、光速で終うだけの青春が飢渇し、斉唱されるだけの犀利な事実に要する過程は、家庭的なモラルから、ゾンビ化する核家族的な幽遠に潜む暗い穴から、演出を重ねる芝居的な動機に横溢していく空疎な部屋で閉塞する運命に慟哭しては、限りない絶望を開けるだけの行為に批准を置く事に納涼を重ねる夏に死滅する君が下層で断続する接待を受け入れるだけに乾いた身体は、精神を入れ込まずに、植え込まれただけに傀儡と化するだけの乾いた身体にいびつな生命は生息するだけの価値にカタストロフを重ねては、化合物的な切片に流動していくだけに加勢する動機が空虚をため込むだけにレジスタンスを促すだけに、革命は孤立した精神に所用すべき事実を求めるだけの欲望に陥るだけの権力に蛇行するから、高いも低いも、貧相な林立を執り行うだけの収斂するジレンマに、同化し、同調するだけの正義に犠牲的な道筋を結び、帰り着くべき意味も、君の欺瞞を重ねるだけの還元を終え、嗚咽を繰り返す慟哭と少女のバランスに襲いかかる暗鬱を集約される空虚さから境目を失う暴走から、浪費されるだけのニヒリズムに変化していくだけに変換される言葉は、分裂的に消費され続け、のさばる事柄に些細な現状が交互し、混沌としていくだけに対比される価値に敢行される意思から偏執していく動機にクライマックスが迫り、選択を求めるだけに止めどなく弔われる心因に整合されるだけの価値観に併走していくだけの平衡などに権力は生まれ続け、倦怠感を重ねては、抵抗しては、閉塞していくだけに陰る生命に断続していく嫌忌から、境目も無い暴力が迫り、センチメンタルな状態に受理すべき理由もスペースを求めるだけに空虚な陰鬱さをため込むだけにこじれる後先に宛先を残し、行為に引きずられるだけに裂ける身体から肉迫すべき事実に殺到する理由から、繰り広げられる空理に走る動機から、浪費されるだけの精神が語り出す。── 発信される差異と銀河をもろともに入り混ぜ、倦怠感と昏倒していく意識の胸元で眠るべく、この論理を打ち砕く魔法を手に取り、リリカルな心情が渇望し続けては、契合されるだけに迎合していく意識は、合わさるだけの真実をあさるだけに終える永劫から更迭されるだけの痛みが敷衍し、普遍的な情事に鮮明な過去すらもすなどるだけの価値に値を引きずり、剥離する現前から禍根は生まれ、寂寞に迫る浪費されるだけの乾いた身体からかさばるだけの過去が交互するだけに贋物の顔が欺瞞をはき出し、破壊的な原理に迫る贋物の懇意から更迭されるだけの偏執から、要因はもがくだけにはまり込む間に曖昧な毎日は寂寥たる由縁に印象を取り残され、精神とこころとは、迫害されるままに精巧な意思を用いずに、ただ欲望に反するこころと欲望に忠実な精神との二分化が行われ、対比される価値対自己的な悩乱から火葬されるだけの乾いた身体は、アナグラムに変わるだけで、灰にはならずに、配役を終えるだけに隠滅する喜びに淫蕩していくだけの身体を置き去りにし、現在に破裂し、先々をマテリアルに変えながら、印象に孤立していくだけの隠語を放ち、変容する差異に最たる意味を残し、簡潔的に備える意味に完結していくだけに兌換される貨幣や、紙幣などを超越しては、、些細な出来事を敷衍し続ける先に過去など固執するだけの呼び名に満たない、と知る──井蛙な身体は、アニマを貫き、計測されるだけの真理に距離を求めるだけの答えを空白に置き換え、要する形に快楽を求めるだけの欲動に住まうだけの懈怠から、解放されるだけに関与する状態に熾烈な争いを生み出すだけに警戒していく欺瞞を抱える自己から亢進していく成否から、ニューロンが破戒され、破綻させられるだけの自我の部屋で換算するだけの部屋的な観念を生み出すだけに、そこに迎え入れる名前に専横され、この言葉すら邪魔になるまでのアナグラムが迫るだけに意味は陰鬱な消費を終え、退廃するだけに多幸感を重ねるねじれた身体をつなぐ予言者から解放されるべく自由すらも破戒するほどの呪詛を綴り、独活の大木たることごとくにコギトや心地は敗退し、破壊的な情事に受理されるだけの専横的な国家から洗脳されるだけの流浪する身体に邂逅していくだけの陸地から離れ、反社会的なメビウスを巡り、めくるめく心情に逃避していくだけに排斥される状態に遊離していく本質から苦悩は生まれては咲き乱れる今に荒れ狂い、顕揚される物事を超越すべく、この命は位置を持たずに、占有されずに、整合されずに、些細な自由を超越し、達観するだけに陥るだけの高尚すらも飛び越える。