時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

反権力の理想

権力に収まるものは、権力の中で悦に浸るか、権力に反し、暴力的に至るかに置かれた対立の中で、権力がなんであるかを見失い、互いの関係に倒錯しては、権力の中で孤立する。 ただ用いる力は、破滅に至らせるだけに偏る意味合いに事実を託し、見捨てるだけに至らせる原因を貫通しては、アナーキーな理念を放つだけに錯綜する破壊性が正義なのだと背反し、妥当な意識から、安易なカテゴライズが始まり、権力は簡易に事実を相続し、受け入れる価値にカタストロフを用い、穿つ合間な入れ込む空虚さに補完される捕囚の密度から、密接につながり、均等や平等を謳う混沌から淘汰される曖昧さに塞ぎ込むマインドから、過疎化していく世界の回路を断ち切り、自らを見捨てない限りは、この生死を含んだ予感に透徹していく行方に攪拌される半径に形骸化していく主体に発散される幻影に知り合う翳りから一切は一途に孤立し、拗れるだけに捻くれた今からレジスタンスや、空疎な迫害を受けつつも、償う後からうそぶく絵空事が交互し、応じる答えに呼吸を与え、たゆたう季節に興じる予感に縋るだけに憂愁を焚きつけ、ただ悲しむだけに擁護される事実を食い込ませ、孕むべき意味に類似していく限りに滾る私たちに共鳴していく空間的なゆらぎに深層心理は、原理的にたじろぐ運命から加速していく世界に接続されては、硬化していく安易さに肖像は欠ける面影に経過を与え、応じる答えは、恒久的に理想を偽装し、交換される行方に進行していく痛みをつぶさに授け、具体的な偶感に迫る感受した予感に震源地を与え、感情に相違していく動機に入り混じる分裂的な成合から覚醒していく予感に転じては、猥雑な心因に果てる幽閉された機密さに長じて浮遊していく主体が遊覧しては、粛清の春や、破壊的な過干渉や、遊戯的な日常に抱擁される凡庸な形からカタストロフが生まれ、博愛を用い誰かを騙すことが幸せを交互させる捌け口から執拗な嫉妬化から、退廃していくモノラルな加減から有責していく失意を溜め込む配偶者や、偶像的な執拗さに公言する理屈から空虚な立証を繰り返し祈祷する駆除される苦しみから密度は滅びる薄明さに、惑星的な苦しみを放ち、懐かしむ場面から爆心地は生まれクレーターでうずくまるまくし立てるだけの履歴から空想的な敵意を用い、崩壊する全容に改正され、解析される現前に避ける面影が逃避し続け、投影される苦しみに枯渇するだけでは、出来合いの真実や、デカダンな意味合いに閉じこもり、行き違う運命から締結しては、決議案を提出するサイクルから規律は孤立する国家を設立し、律儀な敗因から淫売な記憶を装置的に置くだけの懊悩さに差額を支払い、分離的な迫害を繰り返しては、手懐ける後の谷底で寝返りながら、願いは不当な原因に蓋をし、失意の鈍痛に近因は通わせる行動に事実を腐らせ、世界性に横領されるだけの寡占される価値を兌換し、物に与えられた価値と同率な意味に慣らされた主体は、存在たる定義を失い、提携される形体に騙され、連動する憎しみに起因を与え、機能する現用から空想的な予感に這いずり、有する過程に悲劇を与えながら、均す時折に理想は強固なものに変わり、果たす意味よりも、一切に寄りかかり、可決していく真実に欠けるよりも、私は私たる疚しさに履修しては、判例を打ち砕き、枯れ果てる余韻に錯綜していく。 変化を持たない答えが縺れ合い、誇張される予感を迎撃し、進化を撃ち落とし、妨げるだけに閉じる状態に有する価値などは、どれも退屈な利便性を放ち、果たす後から偏る思念を生み出し、飢渇するだけに形骸化しては、知り合う経路に懐疑的になり、担う今を縫い付け、やさぐれる価値から規則を踏みにじり、離散していく半径に注がれる悲しみを超越し、淵源を嬲る懈怠する憂鬱が進路を塞ぎ、関係する情緒に恩義を求め、ただ縺れる移行から行為は孤立し、誘導される真実を謳歌しては、変幻自在に変化し、変換される関係にカートスが吠え散らし、まくし立てる剣幕から愛憎がせめぎ合い、潔く飛び越える決意を持たずに横溢する分岐点から詭弁を放ち、統合されない真実の内観に触れる感応する思念から有する過去は孤立し、融合される行為に枯れ果て、発散される後に支離滅裂に成り代り、代用される容体は、有限性を用い、統合性を求め、誓約させるだけに躍動する真実に同期しては、妨げる後から後継していく真実を融合させては、化合される正義に接続され、収容される痛みから陶然と帰依する行いを捉え、殺伐とした思いに規則を与えずに弛むままに退かれる思いに権化は無く、根源は儚く募る今にも知り合い、圧縮される面影に乖離しては、遊離する事態に束縛され、枯れ果てる惰性さから、探し当てる今に追行する行為に迫害されては、瓦解する真実に交互し、宿命を捨て去り、去り行く生き様に経路は残さず、さまようままに、儘ならぬ今を逆撫でし、侵攻していく思いに誘導されずに叙情を重ねる現在に打算される信用たる怠惰な思いを枯渇させる金銭を漁るだけの不自由さばかりが重要とされ、定める今に本質も求めずに本心は揺らぎ、切なる思いは、面影で孤立し、確かなものすら見失うから、希望に重みは与えず、軽々と乗り越える。