時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

冷然とした主観

風景を掴む努力、縁取る瞬間を浮き彫りにし、確かな意味に変換し、儘ならぬ思いの不確かさを、フラクタルに増幅させ、短絡的な幸福論を打ち破り、緻密に配慮する前衛的な母体で、適度な祝福を受け取りながら、高圧的な世界や、乗り越えるべき今朝からの折檻や、核家族化の偶像や、他者からの恨み辛みや、子供を機械として反乱させるべく、暴力を装置的に備え、効力を用いる情感も、言葉を失い、内面的な境界線から、共感を奪うトランスフォームに途端は、狂った意味を副腎に吐き散らし、ホルモンを狂わせ、男女の境界を喪失させるような試みから、観点にこぼす論理的な結末や、欠乏症を抱える、終末論的な敗残から、懺悔し続ける理由も儚い境地に失望を重ね、説き伏せる今も、女々しく交わり、確かな意味すら空間的な欺瞞に変わり、疑問視するだけに縋る距離感が、妨げる今に押し広げるべき真実の引力も、陰湿な試みにより、リアリティーを喪失し、真偽を失う。生死の境に恩恵は振らず、ただ立ち止まる者をとどめるぬかるみや、穴蔵を措置し、先天的な病理に陥らせるだけの遺伝子情報から譲歩されるアナクロニズムな洗礼から、慟哭を促すステーションは、真実をうやむやにし、無神経な者こそが正義だ、と英知に嘯き、鋭利な者を疎外し、端的な遊離を繰り返す藝術的潸然さから、開花し、邂逅しては、再開発を促すだけの経済的な惰性さに氾濫する命から公約は生まれ、実現可能と不可能との狭間で排卵される孤独さも、虚空に降り注ぐ無秩序な冷たい雨が詰め寄り、数々の妄りなステップで乱立される鼓膜の中で、孤独を契るだけにきっと意味は刹那にたじろぎ、時系列を狂わせ、宛然に長ける思いは、節度を失い、ただ裏切るだけに明け暮れることに捏造される本質は、高揚感をうち捨て、うらぶれる動機に真実を攪拌させ、嗄声に消え入る本質も、尾びれを促し反響を与える魚の優美さにはかなわず、ただあてがわれた本質から、収納される動機が、淫靡な結末を伝え、延々と宛然にジレンマを伝えるだけに修復されない痛みから、今は極まり、はびこる悪意がデータ化し、促される言葉がネットサーフし、曖昧なマインドに構築される意味をスパコンに伝え、つても無く氾濫する動機が革命軍に変わり、浪費される真実の神経を阻害し、摩耗していく真実に悪魔的邪推を授け、貧寒な事実にリロードされる無慈悲な弾丸が、撃ち抜く悲しみが比べようも無い差異にかさばり、加工される真実に陰湿な行為を用い、被る先々に重用される事柄と言えば、本質を翻し、ただ性質を歌うだけの鈍磨で愚鈍な渇望を与えるだけの信仰から唾棄される文言から、排出される愛憎が些細な出来事をアイロニーで染め、自身をルサンチマンの怪物に変えるだけに至らせることに押しつけられる答えから、効用を失う讒言から、昏倒していく自己愛的と自己崇拝の利己的でよこしまな主軸を失い、自らを陥れるだけの悪意を育て、剣呑な嫌悪から、行為元々に換金されるだけの価値すら邪推する先に待ち受けるニヒリズムに攪拌される先に待ち受ける生命との混淆から暗澹とした偶像を捉えるだけの視点に途絶えるだけの結末が映像化し、先々に自らの返り血を浴びずに、他者から受け取る血の涙から、利己的な知は、関係を失い、ただ嘯くだけの口元が歪む、その奇妙で薄気味悪いだけの顔から、過去のカオスや、陰湿な性質が見えるのだ、と寂寞に絡まる関わるだけの外側の世界たる由縁から、引き離されれば最後だ、と促すだけの社会や、規律や国家から離れ、ただ反するだけに生命を預け、短絡的な暴力を促す襤褸な者から死刑台に運ばれる行列が目指す屠殺所から、魂胆は見え隠れするだけに越権を繰り返し、法をむさぼり、凝固するだけに枯淡を嬲る俗気あふれる生命の語源から、具現化されるだけの悪意のどん底から、殺伐とした祝福を繰り返す陰険さから、邪悪な刹那に綴じる面影も、結合されるだけの物事に修復され、査定される先々に流動する本質は、損なうだけに陰り、還元されるだけの物事に邪気を授けるだけに狂わせるコードから、ネオ・クメールルージュや、ネオナチなどを生み出し、納涼たる死の経路を生み出すだけの破戒者が果敢に促す終末論から、論証は講じる無限性を否定し、端的なタナトスを配備し、愛に憎悪を用い、短絡的な暴力から加配される信仰が、思考を悲劇に染め上げ、備わる状態にジレンマを生み出し、修復される思念が捏造され続け、信仰へと同一化されていくだけの思念は、思考停止し、自らのジレンマを修復すべく、信仰的な祝福に偏り続ける限りに、過激な思想に変わり、苛烈さに屈する思考は、洗脳される限りに専横される出来事に不埒に帰属し、過程を失い、ただ見つかる先々で囲われる激情を捨て去り、たちまちに奪われる心身の傍観者として損なうだけの自らを捨て去り、浪費されるだけの観念に契合を求めず、ただ現れるすべてを、作られた神により支配されることだけを真実と思い、そこに快楽の傀儡と化するだけの自己を表出し続ける内心に瞋恚を用い、外観に迫る信仰に反するものすべてを恨む装置へとひとひとりを改造していくことを化育と呼ぶような教育こそが、愚鈍な世界を形成し、世界を世界に治める限りを正解と呼ぶことにおける言葉が愚弄し続けるシステムも、憂鬱そうに滅び行く現在を利口なふりして、ただ眺めていることに終始している。