時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

根元からあふれる愛

言葉は風を伝え、空間的に催す命から語源が託され、空想的な互換を終え、有用な史実に望みを託し、この永遠を歴史につなげては、体たらくな思いを加速させては、提要する原理に覗かせる想いが高騰しては、中庸を保ち、能動する瞬間に理想をつなげ、心無い何かが、はかなく何かでなくなるような予感が追走しては、抵抗する原因に恒久的な印象と因果が入り混じる貧寒さに応用される事実に旋回していく面影が、かげるだけの堕落をくりかえし、フラクタルな納期を終え、混同する真実に私情を巻き込ませ、情交を反復させては、確かな愛に変わるまでの時間に併走していく面影に帰路をつなげ、訂正される深夜に要する価値から懈怠する原理に寄贈していく思いも、集積する真理をささげるような考えの深みから、不要化していく原因に定理を生み出すだけの撹拌を執り行い、徒労する原理に理想は供給される資本から還元される権力から行為に基づくペルソナから、感情移入していく俯瞰に還元されるだけの世界に敢行すべき愛は、主体を失い、ただ感じる事を失い、儀式的に配されるだけの快感に愛を取り込み、取り持たせ、ただ自らの快楽を受容させるだけの体を求め、固定化していく風景に情緒は無く、叙情すら廃れるだけの関係性に陥るだけの孤独から、疎外を含み、統合を求めるだけの正常さに私怨を授けるだけの嫉妬感ばかりが加速する場面をガバメントに詰め込み、撃ちこむ先々に培い意味すら不潔に至るだけの管理下から、加勢する駆け引きから、難癖をつけるだけに無効化していく行為に服従していくだけの定理に離間しては、聖俗に至らせるだけの風情などが、内面的な痛みにてきめんしていく等位から、交互していく組成から生成される気持ちに交互していく予感に超克していく苦しみから、空間的な関与から、征服的な悟性がうそぶく形に浸るまでの超然とした途端に複雑化していく抵抗していく人間性に接続される影から、感染していく動機に凄絶さに淘汰され、照合される事柄に、言葉を構成しては、透徹していく事柄に住まいをシステム化し、政府化していく俯瞰に高揚していく途端に望みを重ね、構成される原理に競合していく面影が、心ない過去をすなどり、理想は収監しては、フュージョンしていく生死から、真相はきらめくだけの抱きを繰り返し、黒い心情に製造されるだけの影から、可変抵抗しては、提携していく原理に交互していく風景から、ことごとくは、妖艶でシニカルな心情に投影していくだけに風合いを授け、預かる精神は、奇跡を求め、端的なスピリチュアリズムアイロニーと引き換えに、自然回帰すべきだ、と言い放つような事柄をうそぶき謳う事が武器に変わるだけに稼ぎを重ねては、低減していく陽気に改変される思いは凋落しては、健全な理由を失い、諦観していくだけの影を踏みにじりながら、天命を捧げては、解析する動機を用い、悠然と備わる思いが、収容されては、用いる言葉で改正される余韻を求めては抵抗しては、淵源をなぶりながら、なだらかな旧姓を飛び越え、運命に求めるべき事も、得るべき事も、ことごとくに混同していく要因が染み入る形に真理は清楚さを失い、陰惨と喪失していくだけの兌換を繰り返す貨幣的な余韻から神前に立ち尽くす願うだけの苦しみから、解き放たれるべきは、自らを乗り越える事にデータ化されるだけの管理下から逃れるだけの抵抗を自らに課せるだけの正解を求めるだけの答えに投棄されるだけの本質は精神的な帰路を求め、経路をつなげる言葉から改善される要因に原因は加工されては、停止線や、境界線を超え、関与する隙間から愛憎を含ませ、短絡的な動機を超越し、集約される原理から解き放たれるべきは、自らに備わる永遠を延々とつなげながら、空間的な冒険を繰り返し、修繕される関係に美醜を漂わせ、猥雑な関係から封印されるこころに浪費されるだけの関連からねじ込むだけの解離性の形が迫り、カタストロフを強請るだけに強欲に交互していく気持ちが帰還し、飢渇するだけの動機に良俗さを求めるだけの行為に印象をつなげ、形骸化した概観に迫るうそぶくだけの投影を繰り返すだけの心身に傍観していくだけの打開策を求め、統制されるだけの気持ちを超克しては、性善説を通り抜け、憎しみを抱えるルサンチマンに過干渉しては、シュールレアリズムに至り、見るもの感じるものに抵抗を加え、高揚していく関連から怜悧で初心に吹雪くこころに送るべき是非は、是認させられ、贋金を掴ませ、贋物を買わせ、本質を見失わせ、誰もが誰かを恨むように仕組むようなシステムに備えられた協調性に引きずらせ、本質は真実を見失い、隣人を求め、近隣にもたれかかるだけの関係に関与するだけの道理の力学から、改善される関連から製造される心因に金利を生み出し、何かを買わせるだけに仕組むだけに荒む影から、加担される要因から接続される正念場に懐古を刷り込ませ、知り合う前にすなどる間から、加工される行為をもつれさせては、形跡を踏みにじり、憎しみばかりが、世界を横領していく事を開け広げ、背徳を繰り返しては、恨むばかりの世界を思うよりも、自らが生み出す世界には、確かな愛情を配給する。愛は、司るほどに、物事を縁取り、隈取る理由から、リンクする可能性に肥大し、安易な実情に補填され、縫合される月日にめざましい飛躍を重ね、簡単な理由を除外し、死は日常の諧謔に包まれ、慎ましやかな愛を連動させ、同封した裏切りを本質に突きつける頃には、混濁する日常の地質をしらみつぶしに調べ、時の住まいを牛耳るだけの生かされるだけに、以下同文とされる動物的な観念から、エゴイズムを推考し、追考する意識は追従するだけにレトリックの中で横溢する瞬時に関わるほどにほつれるだけに、ほとほとあきれかえるだけに疲れた記憶を相応させるだけに、平等や自由を謳う似非博愛的な形而上学が迫り、尖鋭な価値に形を求め、ただとがるだけでは、咎め、あやめるだけに満たない未来から、緩衝していく現実も、真実を見失い、至らぬ行為に逡巡するだけに加工される品位に劣悪な行為に高次を求めるだけに求められるだけの関係は、みだらで、端的な快楽に陥り、陰鬱な衝動に雲泥の差を作り出す限りに、差別分別は徒労を重ねるね、と寝取られる願い事は、ねじ込まれる今に俯瞰を持たずに、ただ空間を測るだけに邪推するジレンマから、拍動する時代性の陰気さに焦熱していく本質は、照合される物事を消失し、失速する限りに陰る現時点から、転々としていくだけにエクソダスし、淵源に潜む確かな愛に攪拌され、確かな愛は、まがまがしい事実に虐げられ、連立する動機を超克せずに、国家たる幽霊がひしめく無情な摂理を信心し、失策を重ねかなえる出来事、かなわぬままだ、とまざまざと見せつけられるだけにらんらんと歩く隙間からこぼれる延命器具のシューシューうなる原理的な祝福から、根底は延々と続く限りに陰るだけに明け暮れるだけに憎しみを連想させるだけの無記名なルサンチマンが、だんだんと世界を横領し、お家の中で拡散されるたくさんの汚い言葉や、機械的な情事に迫る解体の論理から、解消されない痛みに異物感を抱え、観点を失い、相続されるだけの気配に託される存在も、損なうだけに惨めさを習熟し、ただ諦観に至らせるだけに煽る不安を操作するだけの動作が推奨され、皆で苦しむべきなのだ、と促すだけの帰路から配膳される餌を傍観する痛みから渇するだけの今に響く無知な内側から生み出される恨みの連鎖から、現前に比するだけに貧する価値は、ただ偏るだけにかぎつける痛みから今を惜別させ、斡旋させる自己を幽霊として飼い慣らす先々に定理など無く、ただ浮かぶ倫理が、想起せずに、考えもせずに、考えさせられるだけに得るものは、屈従と、朽ち果てるまでのエゴを成長させ、ただ加工された核家族の幸福論から、普遍的なコマーシャリズムに支配され、心象をリストカットしていくだけの苦しみのごまかしと、道化を飼い慣らした傀儡的な情事に住まいを移し、存在たる家で簡素な理由を観点に、疎外される恐怖に震えるだけに、孤独を解消できずに、ただの一人で強固な意志を貫く原因を持たずに、この原因を促すだけの現時点に減じていく理由から深まる捏造の理論から、聡明な時折に超克すべき、値を血でもって描く刹那から、症状は、悪化の一途をたどろうとも、この命に司るべきは、端的な愛にほころび、愛に滅び行く自由を打ち倒すべく、この今にさかのぼる原理を超越し、鮮明な時代を行き渡るような自己を強調させることに戦争も不必要であるし、用いるべき善意すらも不必要であるし、この命が突き動かされるようなパトスだけが、ロゴスを打ち砕き、短絡的な宇宙に澄明な心身を引き延ばし、超越することで魂胆を混沌とさせるだけの世界たる名前の役目から抜け出し、この世界的な塵屑から突き抜け、塵芥ひしめく理念に放出されるだけの欲動機械どもの至福などに使命を明け渡さず、ただ寡占されるだけの身体をモチーフに、達する戦争から、憎悪を媒介させるだけの媒体から、心象は孤立するほどに、その怒りを増幅させ、誰かを恨むことにパトスを用い、自らカタストロフに至るだけのペシミズムを自身の世界性に他者を巻き込むようなテロリズムが横行し、現実に烙印を押すだけに横転していく動機は、はぐくまれる意味に蝕まれるだけに、円やドルを強調していくだけに徒労するだけに浪費される観念は、用いられる創造性を拒否し、ただ用いる創造性だけで、この正解も無い世代を打ち砕くべく、完全性に成否を用いるだけに求められるだけの愛などに愛は無く、ただ伝える頃には、愛は、ねじ曲げられ偏執するだけに演出を重ね、演技的な全貌にこぼれる浪費的な観念から、過失を繰り返しては、頒布される憎悪に占領され、真偽を用いずに、ただ自らが恨むだけに、観点すら失い、ただ嘲笑するだけに労するだけに本質は、ほとんどの成否を失い、ただ善悪を謳うだけの権力に牽引され、利権が絡み、ただ謳われる豚の論理だけが誇張されることを真実だ、と促すことに即されるほど、この人間というものは、止めどなく暴走し、マネーゲームのために踊る餓鬼どもが、右往左往し、勝手気ままに思想を放つ、この悪臭こそが、人間である原因を強固にし、欲そのものに腐敗するだけの空虚な身体を自ら腐らせている。