時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

勇敢な証拠

どんなに苦しくとも、無を乗り越え、創造に至り、今すら無に帰するとしても、行い続ける先に意味などなくなり、ただ続けるだけに超えては、様々なものを飛び越える。次々とあらゆる雑多なものが運ばれることに対しての存在を抱える存在の軽さに耐え兼ねない。無難なところに至らず、勇敢なものだけが乗り越える先に明け暮れる大地を捨て去り、廃れるだけに至るような統合を乗り越え、ただ耽溺を繰り返すだけの人類の経路を超越し、人口的な由縁に絡まるだけに乖離していく時代的な予言から、悲劇を重ねるだけのペシミズムから抜け出し、関する状態に受胎していく曖昧な毎日に注がれる言葉も昏倒していき、同等なものなどを謳うほどに謀る者から、測れる事に透徹せずに、ただ汚濁に変わるだけに至るような今にさかのぼる理由が操作し続けるような時代に愛惜ばかりが降り注ぐ。

短絡的な常用を繰り返すだけの依存心から羽虫たちが踊る深夜から、苛烈な状態に不愉快さが迫り、狭い境目から迫るガイダンスに絡まる理由から、注がれる状態にダレる感覚から、結ばれる由縁に迫る快晴だけが、本質を語るように促すカタルシスから、着火する本心が燃えさかり、境目すら持たずに溺愛していく限りに高揚する私は、憂いなものを知らず、ただ耐えられぬほどの自らの軽さに苦しみ、乖離していく状態に迫るだけに機械的な状態に迫る今に寡占されるだけの独占的な経路に果てる今に注がれる関連に状態は孤立し、交互する意識は、ただ派生に変わるだけに破壊的な勇躍を繰り返し、自らを破綻させるだけに淡々とした私情に迫る動機は、暗鬱な症状を重ね、抱えるものの重さに耐えかねず、ただ蔓延る暗澹としたものに囲われるだけに乖離していく状態に自己は孤立する限りに孤独に耐えかねず、ただ兼ねるほどに捏ねる状態は喪失感を称え、ただ訪ねる憂鬱に支配されるだけに至るような闇を自らに抱え、敢行すべき意思すらも喪失する限りに陰る本質は、消費される思いを被り、ただ注がれる悪意に混沌としていくだけに陰る真実は、ただ生じるものの重みに耐えかねず、行われる行為に曖昧に入り交じりながら、今に至る原理も、偏執するだけに至り、固執するだけに理由は生じる暗鬱さに意思を奪われていく。

諦観する限りに陰る本質とは、遮られる曖昧さに正義を掲げ、重ねる物事の重さに戒律を用い、ただ対立するだけに至るような世界との対立を現在に巻き込みながら、慢性的な痛みに孕む現在に転用される自己から孤立していく情意に逍遙する根底から巻き込む意味に修繕されるだけの可能世界的な憂鬱から、破綻していく思惟に鮮明な過去だけが、今を追従し、今を追いやり、意味に永遠を用い、愛を操作し、交錯する現在に倒錯するだけの君の思いが、おのおののオーガズムとぶつかり頓挫するような結末に麻痺する感情は、想定される理論に高圧的に処理され、軋轢に支配され、ただ気配に達する暗鬱さに自己を売るだけに滅ぼす間柄に季節はぶつかり、相対する今に自己などは消費されるだけに存在を損ない、喪失感に耐えかねず、ただ愛惜に触れるだけに敷衍していく悲しみは慟哭に至り、交通していく体験は、ただ被害者意識を携え、果敢に移動する事を忘れ、たゆたうだけにためらい、その場で損なうだけに対比されるだけの価値に追いやられ、応じる答えに横溢していく思念は、ジレンマを重ね、ねじ伏せられるだけに絶え間ない悪意を携え、たじろぐ間に淡々と死滅していく自己と表現の隙間に色彩は消え去り、ただ消え去るだけに至るような曖昧な毎日を止血すべき絆創膏を用いずに、ただ流るるままのままならぬ感情の血などをこぼし、横溢する悲しみを受理せずに、ただ抗うだけに対象とする自己に解消されぬ愛から、曖昧なマインドに迫る観点に流浪していくだけに対立していく状態に孤立せぬように掲げる正義などに原点を持たず、ただ自ら見つけ摘み取る善悪に成否すら用いず、ただもたらされる状態に用いられる理由すら不潔である、と宣言し、先天的な苦しみを乗り越える限りに、あてがわれる空間は、ただ放たれ放牧されたものの自由を加工する事により奪い、悪趣味な囲いたる法理で理屈をこね上げ、偽善的な支配から、独善的な倫理が迫る関連から、加点される悪意だけが、今を無慈悲に締め付け、ただ使命感をくすぐるだけの幼稚なお遊びに投じられる理由などが搾取を続けるだけにつたない意識は、追認するだけに罪を背負わされ、ただ受け入れるだけの意味に攻め入られ、生命の原点を忘れ、ただ専念せずに、奪い合うだけの動機に延長していく真理は、意志を損ない、そこかしこで隷従し、生かされるだけに締結していく本質は、何が真実かも知らずに、騙されていく事に本質を置き、老いぼれ浮かれていく。