時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

迷妄

思い出のぬくもりに関わると痛い目見るな、となじる夜空も歯がゆくちりばめる因果を瀰漫させた意志をきらめかせる星の論理や、損なう陰りに浸るだけの陰鬱な街並みに悲劇的な彼女たちの行進や、気がつけば風にさらされ醜態を重ね、対応に答えるだけの老いに導かれるような気配に形骸化するだけの意味に印象は孤立し、根底から飢渇するだけに蝕まれる精神は、阻まれるだけの距離の中で己の価値などの家畜と化するだけに濾過する心情に同化するだけの指図を繰り返し、輪唱する神話や、逸脱する影で枷を嵌められ、世界観を蝕み、結ぶ思いが恍惚としては、放たれる意味に意志をつなげ、追憶に放たれる奇跡が正式を伝い、ただ面影に和むだけによどむ追憶に放たれる痛みが暗澹としながら、嬲る思いは徴収されるだけの意味を背負い、義務的な要素にちりばめるだけの言葉に引接するだけに堕落し、ただ苦悩を結ぶだけによじれる。機械的な世界に惜別を伝えるべく、ただ権力を超えるべき力は一切の意志に含まれ、今をくぐり抜け、けだるい朝を昇華させ、専横されるだけの主義に反し、己の価値で突き抜ける現在に定めるべき意味すら不潔にいたり、いぶかるだけの孤独感を遮り、ただ創造性だけで掌握する世界に陥る隙間すら与えず、するするとすり抜ける間に理論は膠着し、求めるられるだけに膠着するリベラルな感覚から屠られる衝撃に至るまでの剣呑な事実に消費される観念に移行していく行為に基づく普遍性すら飛び越え、先々で結ばれる行為と恋の間で中庸を保つようなほころびに伝う恨みや羨みが無くなれば、さげすむ次元から離れ、下される安易な言葉を排斥するだけの背景に処する意味すら俯瞰に陥るだけに裂ける事柄にこぼれる現実に一体感すら無く、ただ下される事柄に消費されるだけの関係性に堅持される理由に些細な動機すら不潔に至るだけに嗚咽を重ね、横溢する瞬間に捉えるべき自己がはぐくむ今に興じる由縁だけが、静謐な思いを栄進させ、延々と演じるだけに永劫回帰していく今に瀰漫する思いが育雛を終え、数億の孤独なジンクスや、隠語を放つ鳥たちの静謐な対話に参加し、革命的な理論をたずさえ、安易な遠因に放たれるだけの存在に利己的な症状を重ね、敢行する意志は、悲劇を乗り越え、ただ数々の理由に長じる事柄に反し、関する苦悩を超克し、孤独を乗り越える強さだけが、婉然と果てては、乗り越える強さだけが、頂上を目指し、のらりくらりと逍遙し、同じ地点や、同じ時に取り残されず、誰にも捉えられず、咎められずに瞬時に今を乗り越える意味だけが、君の意味や意思を強固なものにし、虚構を打ち砕き、さらなる高みへと徐々に上り詰める先に描く真実も、一貫した意味を削がれ、ただ蔓延る悪意へと乗じて行くだけに混沌としていくジレンマに甚大な被害が押し寄せ、被害妄想へと至るような精神的な背徳に押し寄せる義務的な罪のギミックや、根幹が腐るまでに至るマニュアル化した悲痛さを敢行するだけの意志が堅持する現時点に晴れ間は無く暗雲立ちこめる、この行為に木漏れ日すら降り注がず、何かの憐憫を待ちわびるだけに老いる情念とは、ただ化せられる意味に世界をつなげ、ただ世界を世界として認識する愚かさに厳かな意味すら無く、ただ下される罰を受け入れるだけに至るような閑散とした主体に生じる由縁になびく言葉すら無神経に君をいたぶるだけに至り、いたわる事を知らずに、位置づけるだけに言い続ける意味は君を縛り続けるだけに至るような痛みを今にぶちまけ物欲に支配される今も怪訝な台詞を交わし、自らの政府に征服欲を伝え、追考する意志は、受理すべく苦悩に高揚せずに、ただ経済的なものの形骸と化するだけの国に幸福は訪れず、況してや幸福などを促す者こそを疑うべきであるし、自由を扇動し、稼げると枷を嵌め、世界性を奪うだけに征服欲と性欲だけで起動するような浅薄な者が軌道修正を施すような汚い論理には何の高さも無く、自らの低さの汚穢でうがいしては、嗄声で促す悪意の有る言葉で専横するだけの時代的なペシミズムと時代的なニヒリズムを昇華させ、ただ軽々しい思惟を放つだけのオプティミストと化するのだ、と促すだけのセレブリティーの空虚さにも置ける時代的なカオスや、仮想される真理に基づく人間的な哀れさや、最たる意味を凍えさせるだけの価値に裂けるだけの間柄に焦熱する心象や消費される生命を演じる死や、身体を拘束するだけの舞台に措置される演技を反復させる者どもの幸福に措置される安易な答えと善悪に支配されるだけに高尚は奪われ、運命的に敗残していくだけに退嬰的なものを形成し、迎合するだけの言葉に汎用されるような意味だけが堕落を誘い、怪訝な身体を妄想するような幼児退行した乖離した主体が骸をしゃぶるように実体が無いこころを奪い合い、自らの中で終わらない闘争を生み出すプリミティブな意志との貫通を受け入れるべく男女間を超え、ただ形成される穴に入れ込むだけの義務的な依存的な快楽の傀儡として露骨な支配を、ただ受け入れるだけの穴として緩衝していくだけに均等さと平等さは、ただ謳われるだけの関係の中でこじれるだけに至る痛みを互いで消費できずに、一方通行な快楽が仰々しく愛を騙るだけに至るのが、愛と言う欺瞞である。